月別アーカイブ / 2016年04月

WEEK 3: 2-1 WIN

VS チャンパサック
(IDSEA CHAMPASAK UNITED)

FC今治の時のチームメイト、
大城海選手と異国の地で試合が出来るということで、とても楽しみにしていた試合でした。

image


前半15分と20分にPKとCKで立て続けにゴール。

2ゴール目のCKで、初アシストも出来ました。

筒抜けのチーム内情報で、
勝たなければ自分を含む外国籍選手3人は契約解除となっていたので、

大城選手にドリブルシュートを決められたときは正直、冷や汗が華厳の滝でした。

image

image


松田裕貴監督率いる、IDSEAチャンパサックの組織的な攻撃に防戦一方の試合でしたが
なんとか勝つことが出来て良かったです。

image

image

開幕戦 1-1 DRAW

VS ヤングエレファント(YOUNG ELEPHANT FC)

ヤングエレファントFCは、
主にU19ラオス代表の選手達で構成されていて、いわば国の強化指定チームといったところでしょうか。

サッカーも、まさにヤングエレファントでした。
image


移籍の際に、FC今治から届けていただいたrelease letterを見て自分で驚愕してしまったのですが、最後の公式戦出場が2014年6月と記載されており、
単純計算で、約1年10ヶ月ぶりの公式戦出場ということになったようです。

image



WEEK 2: 2-5 LOSE

VS ラオアーミーFC(LAO ARMY)

アーミーFCは、その名も自衛隊。
ラオス国家の軍人チームになります。

サッカーも、まさに規律のある軍人でした。
image


ヤングエレファントFCもそうですが、アーミーFCにも外国籍の選手はいませんでした。
ラオス国籍の選手、うまい選手がたくさんいます。

ピー マイ・ラオ

ラオスのお正月。
ラオスには1年に3回お正月があるようで、
1月1日の“国際正月”
旧正月の“中国正月”
ラオス正月“ピーマイ・ラオ”(タイも同時期)

年によって日にちは異なるようですが、今年は4月13日~16日がお正月でした。

日中40度を越える日が続いてたこの期間
まずは、寺院にお参りに行きました。
image


バケツ等に花と香水入りの水を入れ、木葉や花びら、子どもや自分は水鉄砲を使って仏像に水をかけて歩きました。
image


本来は、9つの寺院に歩きまわるのがNiceだそうですが、当のラオス人でも、ぶっちゃけそれはちょっときつい!
とのことで、自分は4つの寺院に参拝。
image

image

image


それと、僧侶さんに健康を唱えてもらいながら、木綿の糸を手首に巻き付けてもらいました。

木綿の糸を巻き付けることには、“魂を強化する”という意味合いで、3日間外してはいけないと言われているそうです。

そのときの僧侶さん、鼻の両穴から力強い毛が何十本もオフサイドしていましたが、それもなんのその。
貪欲にゴールを目指す野心を分け与えてもらえた気がします。

お正月限定の超激辛うどんは、汁がマグマ色だったので、もちろん食べませんでした。

そして、ピーマイ・ラオのメインはここからでした。

“水かけ祭り”と称していいのかわかりませんが、街のあちらこちらで水の掛け合い。
image


老若男女、観光客構わず、自分以外は皆ターゲット。

ホース、バケツ、水鉄砲、ビニール袋の水爆弾を用いて、さながらバトルのようでした。

自分も水鉄砲で無差別ピューピューしてたら
時折、「THANK YOU!
」と言われたりして、こんなに楽しいのに
「THANK YOU」に対して「THANK YOU」ですよ!
と、ツッコミたくなったので、日本語でひとりツッコんでいました。

街を外れても油断はできず、突然どこからか「ストーーップ!!」と聞こえたので一瞬止まると、

物置小屋の奥から5人組のおんなのこ達が物凄い形相で
「うわぃやぁーわぁぁあああ(゜Д ゜)!!」
言いながら迫ってくるではないですか。

そして、5つのバケツの水が、バッシャーン。

別の日も、ランニング後に家路に沿って歩いてたら「おい!なにやってんだ!!」と、知らない家庭から罵声。

「ちょっと来ぉぉおおおい(`□´)!!」で捕まり、
ホースとバケツでバシャーン♪

「踊れぇぇえええ(`皿´)!!!」で腰をフリフリ、ビールをバシャーン♪

え?水だけじゃなかったの?( ; ゜Д゜)

と、聞く間も与えられずに、口に鼻に耳にビールを待ったなし……

“水かけ”には、
旧年中のわるいとされるものや気を洗い流し、
「今年も健康でいられますように。」と、お互いを祝福する意味があるそうです。

また、目上の方や年配者には旧年中の失礼を洗い流すことによってお詫びをし、
「今年もよろしくお願いします。」と、達者を祈る意味なのだそうです。

うーん。
なんか、いいですね!!!

あとは、お正月に限りメコン川で泳いでも注意はされないそうです。
image

image


母なるメコン川には、どこか懐かしい空気感が漂います。
ちなみに、川の向こう岸はタイ王国になります。

とっても楽しい、ラオスでのお正月でした(^_^)

↑このページのトップへ