来期、ラオスプレミアリーグ2018に参戦するチームの監督から連絡がありました。

日本人選手の募集です。
パス配球で中心となれるMFと、
スピードのあるウインガーを捜しているとのことです。

ラオスは、1チームの外国人枠8人。
出場枠は、3人+1人(アジア人枠)

待遇面は贅沢できませんが、
生活は出来ます。

試合も全国中継されるし、チャンスはたくさん転がっていると思います。

何より、プロとしての一歩目を踏み出せます。

もし、厳しい環境でも前向きに這い上がろうとする気持ちがあり、興味のある選手がいましたら、僕のFacebookメッセージまたはツイッターDM、
もしくはkengo.n.arigatou@gmail.comから連絡を下さい。詳細をお伝えします。

また、選手を紹介して頂ける方からもご連絡お待ちしています。

※CV、PVが必要です。
 PVを持っていない選手は相談可。

低予算で活動しているチームですが、スタッフはみんな、愛のあるいい方達ばかりです。

その他、質問等もお気軽に御連絡下さい。

宜しくお願いします!

FB_IMG_1470029836695.jpg
KIMG2181.JPG



この度、KIZUNAをスタートさせました!

アスリートとファン、サポーター、企業様をより身近に繋げるアプリです。

アスリート本人とのチャット、サポーター限定企画、120円から支援可能なおひねり機能もあります。

先ずは、アプリをダウンロードして頂く必要があります。
そして、「西田健吾」で検索して下さい。

ファン登録(無料)、またはサポーター登録(月額300円の継続支援)をして頂けると本当に本当に本当に励みになります。
※現在アプリリリース記念で、サポーター登録を無料開放中です。



「目標は日本代表」と発言して、
現実味がしっかり伴う場所まで辿り着くことが先ずの目標です。

そして、サッカーボールを抱えて春夏秋冬サンタクロース活動や、様々なスポーツを通じて世界の笑顔に微力ながら貢献して行くことが後の大きな目標です。

アプリのダウンロード→検索→ファン、サポーター、個人スポンサー登録

アプリのダウンロード自体は、もちろん無料になります。
無料機能の範囲内でも十分楽しめると思います。

是非、お気軽に!
ごひいきと応援の程、宜しくお願いします!!

Screenshot_2017-12-29-21-39-57.png
Screenshot_2017-12-30-00-12-51.png
Screenshot_2017-12-30-00-13-10.png





先日と先週、初めてアルティチュード(ハイアルティチュード)トレーニングを体験しました。

「Training is in altitude chamber, you need to bring water a small towel & change of clothes」と、監督からのメール。

水、タオル、着替えの言われなくても持っていくであろう三点セットをわざわざ連絡してくれたので、どんなことをするのだろうと思いながら指定された施設へ。

結論から言うと、
超々きついトレーニングでした!

トレーニング終了とともに、普段なかなか言葉にでない「死ぬかと思ったぁぁあ」が、思わずの本音でポロり。

KIMG0297.JPG
KIMG0310.JPG
KIMG0308.JPG
KIMG0306.JPG

高地トレーニングを2時間以上行うのと同様の効果が、わずか30分間で得られると言われているこのトレーニング。
スチームサウナのように暑く、低酸素な密室空間の中で、トレーナーの指示のもとに強度を変えながらそれぞれ自転車、ボート、ランニング等で30分間動き続ける。

トレーナーも何故かつつき棒みたいなのを持ちながら「Fast!カモン!MAX!イヤァアアアーー!!」と魂の雄叫び。

汗が滝のように溢れ、肺と筋肉も困っちゃうほど追い込まれながら、頭も酸欠状態で漕ぎまくる。
それぞれの心拍数と求められる強度もセットごとに画面上に映されます。

前半組を室外から撮影


最終的にどこまで追い込むかは自分次第になってくるけど、やれるだけやってみました。翌日、身体を動かしてみたら身体が軽々。姿勢も保ててるし、継続して続ければかなりの効果が期待できそうな予感。
サッカーとは関係ないけど、肌もすべすべしてました。



KIMG0284.JPG

みんな、X'masシーズンの挨拶と別れ際では「Happy X'mas」と言っていました。
なんだか、不思議なハッピーを貰える挨拶期間でした。


シェアハウスでは、キッチンに洗われてない食器が山積みにされていて(みんななかなか洗ってくれない)、BAR帰りのポーランドNice guyが「わ~お!多いよ~~、too muchだぜ~、でもdont worryだよ、サンタクロースがcleanしてくれるはずだ、come onサンタクロ~ス!!」と呼んでいましたが、やはり誰も来てくれませんでした。



received_569177160085170.jpeg




以上!


↑このページのトップへ