Iba

2004年にも渡米して、ドジャースタジアムに行ったのですが、その時、野茂は故障者リストに入っていて、登板を観ることは叶いませんでした。
IMG_20200912_174324.jpg
この時の観戦では球場売店で、サインボールが売られていて、野茂の物もあり、購入しました。
IMG_20200904_150113.jpg
以前、買ったサイン入りトレカと比べたら、
思いのほか安かったと記憶してます。
しかし…これも、処分せなアカンのかなぁ😢⤵️⤵️
この時、野茂の(ベンチには入っていた)ユニホーム姿を見たのが、残念ながら……現役時代を肉眼で観た最後でした。
翌年、デビルレイズで日米通算200勝を達成しますが、その後は活躍出来ず、引退。
しかし、引退された今も、色々と活躍の御様子。
ホンマ、一度お会いしてみたいなぁ~

そして、野茂グッズを色々紹介しましたが、断捨離中にとんでもないモンが出てきました。
すっかり存在を忘れて、しまいこんでました。

IMG_20201011_125320.jpg
まだ、結婚する前、妻から誕生日プレゼントに貰った、野茂を偶った腕時計。

FOSSIL製で、限定品だから、欲しいな~とねだった記憶があります。
IMG_20201011_125227.jpg
しかし、勿体無くて、1度も嵌めぬまま、
しまいこんで四半世紀。
果たして動くかどうか……
動かなければ、、、これも処分せなアカンのかなぁ😢⤵️⤵️

IMG_20201011_124923.jpg

前述の通り、2001年にも渡米しました。

2001年と言えば、イチロー、そして新庄剛志がメジャーデビューした年ですが、そんな中、シーズン序盤にビッグニュースが飛び込んで来ました。


IMG_20200910_132916.jpg
野茂、2度目のノーヒットノーラン達成です。

一緒に最初のノーヒットノーランを観戦した友人から、仕事中に電話が掛かってきて、このニュースを聞いたのを思い出します。

後にこの試合も未使用チケットを手に入れました。
IMG_20200913_105241.jpg
その様な経緯もあり、2001年の渡米は日本人メジャーリーガーを観る旅でした。

(カンザスシティでイチロー、トロントで、野茂、フィラデルフィアで新庄)

前述の通り、ボストンでヤンキース戦を観戦したのですが、その試合前に、野茂がサインに応じてくれました。
IMG_20200910_134036.jpg
ノーヒットノーラン達成記念の8×10に、文字が少し曲がってますが、目の前で書いてくれたのは、ホント嬉しかったなぁ~

しかし……これらも処分せなアカンのかなぁ😢⤵️⤵️

このトロントでの観戦が自分が肉眼で観た野茂の最後のピッチングでした。
IMG_20200927_153829.jpg
IMG_20200927_145556.jpg
この翌年、ドジャースに復帰する野茂ですが……それはまた次で。

野茂に魅了された自分、それ以降も渡米して観戦しました。
IMG_20200912_174401.jpgIMG_20200912_170041.jpg
IMG_20200912_160735.jpg

この写真はノーヒットノーランの翌年1997年にドジャースタジアムに観に行った時の写真です。

そうなると、野茂のサインが欲しい‼️と思ったんですが、中々応じてくれる機会に巡り会わないんで、買うことにしました。
IMG_20200913_160434.jpg
トレカにサインをしたモノですが、結構いい値段したなぁ~当時。
これも、処分せなアカンのかなぁ😢⤵️⤵️

その翌年、1998年も観に渡米したら、なんと、その間にメッツにトレードされてしまい、ドジャース観戦を中心に旅程を組みドジャースタジアム等のチケットも事前に取っていたのに、野茂観れずでした。

IMG_20200910_131349.jpg
そのまた翌年、1999年。
その年はメッツを解雇された野茂、カブスに拾われるも、そちらも契約解除……となった年です。

もう、野茂のピッチングをメジャーリーグで観ることは叶わないのか……と、この時は思いました。

前のブログでも書きましたが、新婚旅行でアメリカに。
最初の訪問地はサンフランシスコ。
この地でも、野球が観たい自分は、妻にお願いして、ジャイアンツの本拠地、今は無きスリーコムパークに付き合ってもらいました。
相手チームはブルワーズ。
IMG_20200921_122236.jpg

先発は……見事にブルワーズでメジャーに復帰した野茂でした。
IMG_20200921_122823.jpg
IMG_20200921_122451.jpg
IMG_20200921_193820.jpg
そして、次に野茂を観るのが、先のブログにて書いた、レッドソックス時代となるのですが、それはまた次で。

↑このページのトップへ