まずVALUとは何ぞやって話ですよね。

個人の価値を株式に見立てて取り引きする、と言ったらわかりやすいでしょうか。いやでも株式に例えてしまうと色いろ問題あるし個人に投資するという意味ではクラウドファンディングのほうが近いかもだしあーだしこーだし……と結局、私もVALUに上場して1週間が経ちましたが、記事タイトルの通り揺れて揺れて今心が何も信じられないまま咲いていたのはmy rosy heart状態なワケです。え、そんなことタイトルに書いてない?

まあ良しとして、VALUはまだまだ立ち上がったばかりですし、これからどんどん変化し、それに伴って可能性も広がっていくサービスなのかなと。

とりあえず、ちょっと前に話題になっていたこちらの記事をリンクしておきますね。


そんなこんなで私のVALUはこちらになります。


株主優待のようにVALUを保有してくださっているかたへの特典の設定ができるのですが、そちらのほうもキッチリ3種類ご用意させていただいておりますよ。SNSなんかでは言えない情報も随時、公開していく予定です。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3802.JPG

あと平日、一日一句「今日の猫と回文川柳」として自作の回文川柳も配信しております。
ちらはウォッチリストへ登録してくださるだけでご覧になれます。

いやあVALUが今後どう発展していくのか、ホント楽しみですね。

ただそんなVALUにも私としては1点だけ不満が……

選択する職業に何とぞ「回文師」を!


Twitterのほうも引き続きよろしくです(照)。

「回文で目一杯たのしめる場を」というコンセプトで始めた回文イベントが、今回でもう8回目です。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3531.JPG
『回文キング8』
5/14(日)阿佐ヶ谷ロフトA
11:30開場/12:30開演

ってもう明後日じゃないですか! 手早く告知させていただきますね(照)。

チケットはこちらで明日5月13日18時まで


ファミマのFamiポートならその場で買えて便利です。

置きチケ(お名前確認で前売り価格入場)も絶賛受付中ですのでご希望の方はこちら


のアカウントをフォローの上DMを。

今回、阿佐ヶ谷ロフトAさんへの引越し記念ということで回文メニューが特製缶バッジのオマケつきで復活いたしますよ。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3691.JPG

回文好きもそうでない方も、初めての方も2回目以降の方も、おひとりでも大勢でも、お子さまからご年配の方まで、どんな方でも回文キングはウェルカムです。
人間生きてりゃそりゃツラいことだってあるけれど、そういうときこそ回文キング。

たまには、みんなで笑いましょ〜。



※こちらのツイートは前々回開催時のものです(照)

最近、SNSやニュースサイトを見ていて感じたこと。偏見の問題。

特定の人種への偏見。
特定のセクシャリティーへの偏見。
特定の職業への偏見。
特定の……

とにかく今、偏見がさまざまなシーンで問題として取り沙汰されている。

もちろんヘイトはダメ。絶対にダメ。

だけど個人的には、ある出来事がきっかけで、私は人を、外見や属性により偏った目で見ることが、ときには必要なのではないかと思うようになった。

10年以上前になるだろうか。

書店で痩せた3〜4歳の女の子を見かけた。服は汚れ、髪の毛はボサボサ。
若い男性の傍らに立っていたが、父親と思わしきその男性はまだ幼い女の子へ気を配る様子もなく、陳列された書籍をただ物色していた。
そうした何気ない観察の次の瞬間、私の目ははっきりと捕らえてしまったのだ。男性が棚の本を取ろうと上げた手に、女の子が怯えたように全身をびくりと戦慄かせるのを。

私はすぐさま虐待を疑った。
しかるべき場所へ通報するべきだと思ったが、直後に「私の思い込みかもしれない、偏見かもしれない」という思いが擡げてきて前者の思いを打ち払った。
それに外出先で子供に泣き狂われるなどして"虐待を疑われるつらさ"なら、私にもわかった。

結局、私は何もしなかった。
「どこの誰かもわからない」「小さい子の服が汚れていたり髪の毛が乱れているのは当たり前」と自分に言い聞かせた。

今でも万が一、本当に虐待だったら……と、ときどき思い出しては胸が痛む。
店員に尋ねる、とりあえずダメ元でも通報だけしてみる等、できることはあったかもしれないのに。


そもそも偏見や忖度を全くしないというのも今の世の中、生きづらいものがある。
大切なのは、誰しもの内に多かれ少なかれ偏見があること。そしてそれらが主観や妄想の産物に過ぎないということを、おのおのがきちんと把握することなのではないだろうか。

それにもし偏見を持つことすら許されないのだとしたら、困っている人を目前にしても手を差し伸べることなんて、できないんじゃないのかな。
あのときの私と同じように、多くの人が自分の偏見を戒め、何もせずに通り過ぎてしまうのではないのかな。



ネタ切れ感に悶えつつも日々、回しております(照)。

当記事は二ノ宮がお酒に酔った際に書き残したらしいメモを加筆・修正したものです。多少のポエム感は何卒お目こぼしください(照)。

がんばってもがんばっても評価されず感謝もされない。じゃあ何のためにがんばっているのか、と思い至ったところでいつも気がつく。人からの評価や感謝。そんなものが欲しくて、がんばっているんじゃないと。‬

こんなことをいつも繰り返している。

それを"馬鹿"と思うなら馬鹿にしてくれていい。世間さまの言う"馬鹿"に差別意識なんて、私にはないから。

馬鹿げた過ちを繰り返しながら、それでも少しずつ前へと進み、私の目前の景色はほら、ここ数年で随分と変わった。

みんなも、もっと馬鹿になったほうが良いんだよ。こっちはもう、桜が咲いているよ。


去年も同じものを載せましたけれど(照)。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3488.JPG

開設以来、放置していたInstagramのアカウントに初めて画像を投稿しました。

それもフォロワー数の少ないウチにと一気に30枚も。
フォロワーの皆さまご迷惑おかけしました。そして長らくフォロー返しもせずに申し訳ありません……

回文でやりたいアイデアがいくらか溜まってきておりますので、今年は他にもnoteやsnapmartあたりのマネタイズ機能のあるサービスにもチャレンジしてみようかと思っています。

もちろん、回文キングの挑戦もまだまだ続きますよ!

私のInstagramのアカウントはこちらです。

良かったら覗いてやってくださいね(照)。


回文川柳の作品数もジリジリと更新中です!

↑このページのトップへ