せっかく接触の機会があったので、今日はこの感想を。

僕としては穴空ハンドシェイクより好き。
お互い動く時間よりもはなしたいわけであ、今回はずっと話せるのよね。

中身の薄い話であっても。

イベント前にこうやりましょうという動画をワザワザ作ってるのに実際はルールと違くて好きにできる感じ。
これがエビ中の緩い良さなんですよね。

それに救われてる部分は大きいわけで。

当然接触が減るとファンも一定数減る。

わかる。

だって近い距離でいたいし。
それが耐えられない人が色々な理由を付けて離れてくんだと思ってる。

家庭の事情、仕事の都合、いつまでもアイドル見てる訳にはね、とかとか。
でも、来なくなるから離れてるとは一切思わない。

TwitterとかSNSみてりゃ大体分かっちゃうなって。
いつまでもこんな感じでいれたら良いなと思わせてくれるイベントでした。

はぁ、札幌楽しみ。

帰りの電車があまりに長いのと、せっかくの機会だから書いてみる。

まずはアイドルにハマったきっかけから。

学生の頃はモー娘。がテレビに出ててそれを見てて可愛いなというより楽しい曲だなと見てた。
テレビの中の存在で、ライブに行くという感覚はなかった。

数年後…

AKBが出てきた。
あの秋元康がプロデュースという鳴り物入り感。
そしてCDをたくさん買わせる商法。
曲は楽しいけどナゼか敬遠してた。
なんか汚いオタクのイメージも強かったから。

そこから数年後……ももクロが出てきた。

可愛いというより曲が楽しいというよりも、ライブに行きたいと思わせた存在。
あの一体感に入ったらどうなるんだろうというワクワク感。
その当時はyoutubeにも色んなライブが残ってて、検索しまくって見まくった。

で、初めて行ったアイドルのライブが2013西武ドーム。
後から聞いた話では、昔から見てる人にとっては辛いライブだったようだけど、初見で見る僕には新鮮ですごく楽しかった。

そして、ももクロ繋がりで当時転勤で行ってて知り合いもいなかったのに、すごく友達が増えた。

共通の話題があると、年齢とか関係ないんだと気付かされた。

ここから、ドルヲタ生活が始まったのであった。

↑このページのトップへ