_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2815.JPG

この足が止まりかけたとき

「おいでおいでっ。」

向こうから声が聞こえた

惹かれるように私はそっちに行ってた

曇りが晴れになった。