photo:01



不器用な君も
ついに進むときが来た。

泣いて笑って
笑って泣いて
繰り返しながらでいい

ここから一緒にスタートだ。