うかない顔の私の前に コップ一杯の水

そこにすうっと 夕日のオレンジが注がれて

私は縋るようにそれを 手に取って

一気に飲み干した。