_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0772.JPG
ただ無造作に
詰め込まれて行く
ものたちの心は
わからぬまま
また次の場所へ
ずっと遠くまで

運ばれて行く。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0770.JPG
街灯の下を
ふらりひとりで
歩いてると
いつも思う
当たり前ではない
どれだけありがたい
光なのかと。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0769.JPG
変えようのないこと
変えようのないもの
ひび、われたその隙間に
小さな芽がでる
どうか明日は
大きく、優しく
育ちますように。


↑このページのトップへ