なんかとにかく書いておきたい事を書きとめる事にします。
毎月8日を月命日として意識する事は時間の堆積に対するささやかな抵抗なんでしょうね。人間ほんとに忘れる。2、3週前の事件なんかひとつも覚えてないし、ましてや1年もたてば。

自分の父親が死んだ時、決してその声を、その顔を忘れないだろうと思ったけれど十数年経ってどうだろうか。怪しいものです。

先日のパシフィコはみんなで彼女にお別れを告げた場所。再び集まりそこで響く感情電車。彼女の知らない、YELL 、シンガロン、日記、でかどんでん。

もし彼女が見てたら、なんて思うかな、て想像したりします。きっとどれも楽しいって言ってくれる気がしますな。

ほんとにとりとめないな、でも、「忘れずにいたいな」てただそれだけです。