・この更新頻度は個人ブログとしての存在意義を懐疑的にする。
しかしわざわざブログに綴らずとも、as time goes onという趣味のいい連中と一緒に言いたいことをその都度音楽で書いてこれたのだとしたら、それこそ私が音楽家として充たされていたということだ。ハッピーだ。



・いい加減、寝坊癖治そうな、私。



・令和2年4月17日をもって、私が"kasa."というバンドに加入した旨を随所で発表した。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0010.JPG

これからはkasa.とas time goes onの二つのバンドでベースを演奏していくわけだが、それを要因として生き方が大きく変わることはないと、そんな予感がする。
逆に言えば自身の様相をそのままにそこに在ることができると知ったから、僕はkasa.になることも選べたのだと思う。
それほどまでにkasa.の音楽は心地よかった。

これからもよろしくね。

あ、よかったらas time goes onもね。
私含めてこいつらもいい趣味してるので。
今年中に音を出すことは決まってるよ、待っててね。



・試されていると思う。
それでもそこに在ることを選び、決めるのは自分自身であれ。

自戒。