月別アーカイブ / 2018年04月

・1日のなかで、昼と夜が最初で最後にに共存するのが、この時期では19時頃らしい。
qOnrFwqnci.jpg

・どんな自分だったとしても、否定するよりも受け入れてやる方が難しい、けどそのほうがいい、そんな人もいる。僕がそう。

・自身の脱退発表をしてから、ライブを2回。
「今の肩書きでここに来るのはこれが最後」がリアルになる。

つくづく絶対の無い世界だと思った。
「必ずここでまた会おう」の約束を胸を張って、親指立ててはできない。

嘘をつきたくない。
嘘をつかないということはなにも対外的な話ではなく、ポーズでもなく、自律の現れである。
だから、これは、あえて言うが、「本当のことが言えてよかった」と僕は本気で思っている。
「こんな結果になってしまい、ごめんなさい」なんて、思わない。
「こんな結果」になんてなってない。
全員が改めて気持ちを整えて次に行ける、最高の結果だと思っている。
誰も疚しい気持ちは無いので謝ることがない。

ちゃんと「辞めます」と言えてよかった話。

なんとなく「気分を変えたい」と思い、ブログをこちらに移行しました。
きっとこれからも書きたいことは尽きないし、余計なことも言いたがるでしょう。
よろしくお願いしますね。


先日、朝の金城ふ頭まで自転車で。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1070.JPG
海風も強く寒かったし、曇天も相まって雰囲気そのものが冷たい。

何人か釣り人がいた。
なんだか活き活きとしているようにも見えた。
彼等には彼等の、醍醐味が此処にはあったらしい。

どういうわけか、そういうところに趣を感じた僕もいて、
「言葉や曲や、例えばこのブログだって、どうせなら書くならこういう日のことを書きたい」とも思った。

用事を済まし、1時間30分ほどかけて帰る。
新しい趣味が出来そうな予感と、にわか雨に降られた早朝の話。

↑このページのトップへ