「そういうことに決めている。」

思想に刻むそれは呪いに近く、大方は自分のレーゾンデートルを自身で蝕むことになる。
それでも自分を戒めるのは自分自身であるべきで、「他者のせいにしない」を遂行し続けると決めている。

生きやすくなったようで息苦しくもなった。
自分を赦すのは自分だけだと決めてしまったからだと思う。
ただ、都合が良かったのは「本当は誰かのためになんて生きられない」自分を、「他者の気持ちを本質では理解することができない」自分を、私が赦すことができることである。

なので、今日は自分を赦すことにした。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0548.HEIC

なんて言ったって今日は「世界ペンギンデー」なのだから。

少し久しぶりになったが、ペンギンたちに会いに名古屋港水族館まで来ている。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0549.HEIC

疲れたら休む。
これからはそうすることに決めた。



2021年の目標の一つ、このブログを月に二回は更新するという自身への確約を、1月にして早速反故にするまでのカウントダウンが始まっている気がした。
だからというわけではないけれど、いや、ほんとは少しだけそうなんだけど、私は今、ペンギン水槽の前でこのブログを書いている。


職場から名古屋港まで電車で一本で行けることをいいことに、夜に稼いだ後にここまで来ることが昨年の秋から、月に一回の楽しみになった。
ついには昨年12月に名古屋港水族館の年間パスポートを購入。
1枚の顔写真付きのカードが「いつでもここに逃げてきていいよ」と言っている気がして仕方ない。
そして今日も逃げてきた。


ホモ・サピエンス同士では癒せない疲れや傷は確かにあって、私のそれを癒すのは名古屋港水族館で暮らす動物たちだった。


人間が、自分が自分で在り続けるのは難しいと思うことがある。
全く関係ない他者の目まで気にして生きていかなければ成立しない社会の中に人間はある。
そうやって自分のまま在ることができる人ってどれだけいると思う?
自分はどっちだと思う?


水槽のペンギンは良い。
違う種のペンギンがいても全く歯牙にかけないし、必要以上の干渉をしない。
他者のことなんて気にしなくて良い彼らは自分のことだけを全うしている。


ペンギンが水の中を"飛んでいる"。
水の中で羽ばたく彼らは飛ぶ場所を空から水中に変えただけで、間違いなく鳥であると、改めて思う。


私も飛ぶ場所は、いる場所は自分で選び続けていたいと強く思わせてくれる。
私がペンギンを好きでいる大きくて一つの理由である。


あと、かわいいしね。
餌の時間の時だけ手段選ばないし。


好きなものの話。
今月2回目のブログに続きます。

・「このブログ、たまに書きたいこと書きたくなったら更新すればいいや〜」と思って放っておいたら、4月の終わりから11月の中旬まで息をしていないURLになってしまいました。

もうすぐ12月ですね。

なんとなく街が浮かれ始めていたり、人々が忙しなく動き回っていたり、少し寂しかったり、寒空の下で吸う煙草が夏の5倍は美味しく感じたりして、僕はこのぐらいの季節が一番好きです。




・as time goes onから、自身初のミュージックビデオを公開させていただきました。


as time goes on『December come』



自信があります。ご覧あれ。



・伴って、アズゴーのアーティストイメージも更新しました。
初代からお馴染みユタ氏に依頼。感謝。
レベルの高い合格点を超えるイラスト オールウェイズ出してくれる。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0293.JPG



・仕事の合間に本気で取り組めるライフワークとしてこのバンドを始めてからもうすぐで丸2年が経とうとしています。
なんども言いますが、アズゴーは"音楽で生活するのではなく音楽と生活をする"を総意に活動しているので、それぞれのより良い生活が成り立っていることが前提でして。
等身大でやれてないとダメなんですよね、ポージングばっかりしてても疲れちゃうんで。
余裕がないとね、いざそれと向き合う時に最大限の力が注げないのがas time goes onでして。
だから今年、ライブとかできなかったんです。
なんならアズゴーとしては時世とか新社会とかあんまり関係なくて。
秋が深まってようやく、楽しく演れる準備が整ったのです。

まぁ私もkasa.に加入したっていう今年のトピックはあったんですけど、そこに関してはアズゴーが動かなかったことと全然関係はないです。
むしろkasa.での活動がアズゴーに、アズゴーでの活動がkasa.にうまく作用しあってて、実は充実した1年でした。
なんだかんだずっと音楽から離れずにいられてるのは2バンドのメンバー達が、僕が二股かけてても寛容でいてくれてるからなんだね、ほんとにありがとね。



そうやって何も変わらず、何にも構えずにやることやってたらいい曲ができて、いいMVができたんです。
"音楽で生活するのではなく音楽と生活する"を体現できた2020年でした。



・楽曲の話を少しだけすると、この曲はヴォーカルギターを務めるrausu(らうす)くんが作詞作曲を担当しました。
(いまさら活動名義を統一したってよ、中身はすぎうらくんです)
ソングライターとして尊敬する人とバンドができていることが何より幸福です。いい曲をありがとう。
リリックやアレンジ、サウンドの全てにおいて、ルーツありきの、自分たちが聴いても好物として摂取できる仕上がりです。
自身が好きな楽曲と同じように、自分たちの楽曲も楽しみたいんです。
満足。
いや、これ、CDとか発表したら毎回言うんだろうな、、、



・MV作成はkasa.でもお馴染み、ナカヤマヒロノリさんにご依頼させていただきました。
いい雰囲気で撮れましたのでいい雰囲気が伝わると幸いです。

ちなみにkasa.ではこちらを担当していただいてます。
kasa.「化物」



・あとね、アズゴーとkasa.、詳しくはもうすぐ言うんだけど、どちらも年末に公演が決まってます。
また言いますからね。楽しみにしててね。



毎回久しぶりでブログ更新するので書き方を忘れるんです。どうやって締めてたっけな。
まぁ、いっか。また気が向いたら書きます。
またね。

↑このページのトップへ