長岡造形大学の学生です🍖🦴最後になります。

第15回はデマや詐欺と進化する技術でした。

が!前回の続きでNHKで放送された、「平成ネット史(仮)」を観ました。いや〜なんだか最近涙もろくなったので、ネットの歴史とかいい感じに演出されたからマジで泣きそうでした。
iモードが出てきて、デコメや、絵文字が流行りました。絵文字は、ポケベルの♡から派生したものなんですね!今では海外にもEmojiとして広がっています。(📟←ポケベルのEmoji)
スマホの普及はIotに繋がっているようです。スマホが普及することによって、スマホに使われる部品が安くなり、他のドローンや、自動運転に使われているんですって!
日本は、スマホに近いようなものは作っていました。しかし、絶対に日本でiPhoneは作られなかったといいます。日本人は技術はあるのに想像力が足りません。技術オリエンテッドということです。未来では何が求められるのか、これから何が必要かを考えることができなかったようです。なんだかデザインを学んでいる身としては深く突き刺さります…。
次に、最近では、クラウドファンディングが盛んです。アニメ映画「この世界の片隅に」は、クラウドファンディングによって完成しました。
これ、映画館に観に行きました。私が観に行った時は、大きな映画館ではなく、街の小さな映画館でしかやっていませんでした。(田舎なこともあります)そこから話題になり上映される場所が増えました。良かったです。「この世界の片隅に」は本当に人生で一回は観てほしいです。実写もいいですが、アニメがオススメですね個人的には。女優の、のんさんの声がいい感じに絵柄とマッチしていて…。この文章を書いただけでも泣けます。泣いてます。是非観てください。
とりあえず、観たことがない人は予告編を観てください。(HPはなぜかこちらに表示できませんでした。)

さて、第15回はデマや詐欺と進化する技術でした。
熊本地震ではTwitterで動物園のライオンが逃げ出したみたいなツイートが流れました。混乱したところに余計混乱する情報を流すというのはいけません。最悪、人の命に関わります。このデマを流した犯人は逮捕されたようですね。当然の報いだと思います。悪ふざけでもこのようなことはしないでくださいね、、、。

また、画像ですが、ネットに載せるためにモザイクなどをしてもあまり意味がないことがあります。デジタルで消したものならデジタルで戻せてしまいます。ペンツールなどで消しても、なんやかんや画像をいじればあら不思議名前が流出なんてこともあります。どうしても載せなくてはいけない時は、アナログの世界で紙などを載せて、デジタルで何もしないようにしましょう。

15回やってきた、情報リテラシー論です。全く知らなかったようなことも知ることができました。まだまだネットやデジタルの世界は奥深いですが、その内の少しは知ることができたのではないかと思っています。情報リテラシーを生かして、これからのネット社会を生き抜いていきたいです。横田秀珠先生ありがとうございました!



長岡造形大学の学生です🍓🍰第14回です。あと1回で終わってしまいます。悲しさがあります。

第14回はセキュリティとクラウド化でした。

が!授業で、NHKで放送された、「平成ネット史(仮)」を見せてもらいました。ネットの変遷がわかりやすくまとめられていました。
postpetのピンクのクマだけは知っていましたが、メールのサービスだったんですね!初めて知りました。
テキストサイトなどが流行り、侍魂というページが爆発的な人気になったんですね。テキストサイトからブログに移行していったという歴史がわかりました。
そして、2ちゃんねるなどが流行りました。2ちゃんねるから今のネットで使われているネット用語などが生まれているのはなかなか面白いです。マトリックスオフ会はとても興味深いですね。その当時なら是非見に行きたかったです。
Flashアニメなどは全く知りませんでした。ゴルゴのやつとかなんとなくアナーキーな雰囲気があって、昔のネットの世界という感じがしてゾクゾクします。たまらん。
次の第15回では、後半戦を観ました。

さて、本題のセキュリティとクラウド化です。
ホームページを運営している人のドメイン情報を調べられるそうです。
ドメイン情報は必ず公開しなくてはいけないので、怪しいサイトは調べるといいですね。運営ドメインがブラックリストに載っているかも調べられます。私はオンラインショップをよく利用するので、偽のオンラインショップではないかを調べたいと思います。

空いているドメインを調べ自分の名前のドメイン取得が重要になることがあります。自分が何か事業をしているなら、自分の名前をネットで調べたら自分のホームページが出てきた方がいいですよね。調べられます。使われていたら諦めるしかないのでしょうか…。
そんなことが無いように、子どもが生まれたら、子どもの名前のドメインを取っておいて、子どもが大きくなったらドメインを授けるということをしている人がいるそうです。イイですね!あると便利なものですし、最高の贈り物になるのではないでしょうか。

パスワードの話です。
アカウントのパスワードを決める方法と注意点
・英語と数字を混ぜて8文字以上
・生年月日や名前など本人から特定しにくいものを考える
・一つの文章を決めてその一字ずつの頭文字にする
・サービスごとにID・パスワードを変える
・パスワードのクラウドサービスで管理する
・ブラウザに保存せず、端末にもパスワード設定をする
・数字だけのパスワードはスキミングされないように注意

覚えやすく難解なパスワードを作る簡単な方法
焼肉美味しい                   好きな文章を作る
↓↓↓                                  ↓↓↓
やきにくおいしい              ひらがなにする
↓↓↓                                  ↓↓↓
Ya Ki Ni Ku 0 1 4 1         ローマ字と数字にする
↓↓↓                                 ↓↓↓
Y K N K 0 1 4 1              頭文字文字にする

うーむ確かにこれならわかりにくくて覚えやすい。次からこの方法でパスワードを考えたいです。





長岡造形大学の学生です🍎🥧第13回です。ゴールはすぐそこ…。でも少し寂しいような…。

第13回は画像認識の技術と流出問題でした。
カメラや、写真の発展はすごいものですね。スマホ一つでとても綺麗な写真が撮れるようになりました。その反動なのか写ルンですなどのインスタントカメラが流行ってますね。あの感じ私も好きです。

画像が見られるアプリにPinterestというものがあります。私は知らずに生きてきましたが、とても便利なアプリでした。キーワードを入れればそれに関連したものがたくさん出てきます。アイデアの素になるものもありますね。上手に使いたいですね。

リアルがわかるのはInstagramです。ホームページで出てくる写真は、the定番といったものです。Pinterestだと、ホームページの中でもバズった順です。しかし、Instagramだと、"今"SNSで話題のものです。やっぱりインスタ映えするものが流行りのものになるんですかね。今を知りたいならInstagramです!

次に流出問題です。
ジャニーズさんは徹底した画像統制をしていましたが、去年辺りにやめました。Twitterなどを見ると余裕でジャニーズの皆さんの画像がありますから、意味がないと見たのでしょうか…。
しかし以前Twitterで見たのですが、雑誌の電子書籍で、ジャニーズの方が目当てで買ったのに、そのページだけ全く画像がなく文字だけで買った意味が無い…。という状況を拝見しました。とても可哀想でした。時代とともに変わらなければいけないこともあるのです。

ネットにある画像は無断転載だったりする場合があるので、気をつけて、それを広めたりしないようにしたいですね。




↑このページのトップへ