2018ロシア大会。
今日は準々決勝が行われている。

日本は惜しくもこのラウンドには進めずに終わった。

しかし2014ブラジル大会で果たせなかった決勝トーナメントへの進出が出来たのは非常に嬉しく、雪辱を果たした選手の皆さんにはおめでとうとありがとうを言いたい。


ザッケローニ監督の下、素晴らしい戦績と内容を引っさげて意気揚々と臨んだ2014。何なら優勝しちゃうかも!と本当にワクワクしていた。

しかし結果は予想外の一次リーグ敗退。
一勝も見ることが出来ずに、ドログバに気おされ、ハメスにブチ抜かれ、なす術なくパワープレーに走ったザッケローニ監督の虚ろな表情だけが目に焼き付いている。

あれだけ順風満帆にやってきて、自信を持って臨みながら何も出来ずに終わってしまった予期せぬ幕切れ。

出せたはずの力。
見せるはずの絆。
果たすはずだった大きな野望。
全てが幻に終わった。

選手の悔しさ、虚しさはどれほど苦しく堪え難いものだったか…

アギーレ新監督の下、名誉挽回すべく臨んだ翌年のアジアカップも不甲斐ない形で落とし、ゴタゴタの中でハリルホジッチ体制になるも、ことごとく上手くいかないまま何とか手にしたロシアへの切符。

定まらないチームの形。
見えない方向性。
心無い報道や世論の声。
そして監督解任。

ブラジルで背負ったとてつもなく重い後悔。
2度とあんな思いは絶対にしたくない。
そんな強い決意で成長を誓い、己を律し、ロシアでの成功だけを目標に過ごしてきた4年間が危うく無になりかねない非常事態。

それでも選手の揺るぎない想いと、危機を共に乗り越えようと重責を負ってくれた西野監督の包容力が、素晴らしい化学反応を起こしてくれた。

香川真司の決意が詰まったPKに始まり、とにかくよく走り、守り、得点を取るべき人が決めた。
勇敢な縦パス、サボらない諦めない粘り。
過信を取り払い、エゴを捨て、自分が出来る精一杯のことを全力でやり、仲間を信じて戦う。
そして何よりも努力に裏打ちされた自分の力を信じ抜くこと。

ブラジルで見るはずだった日本代表の勇姿が確かにそこにあった。

ポーランド戦の苦渋の選択も4年前を思えば理解出来た。

8年ぶりの決勝トーナメントの相手はベルギー。
ルカク、アザール、デ・ブライネと言ったスター選手にも全く臆することなくガチンコで渡り合う日本代表は最高に頼もしかった。

そして後半、乾から柴崎に渡り、右サイドを駆け上がる原口への素晴らしいロングパス。
スプリント、フェイント、シュートコース、ミート。
全てが完璧な技ありのゴールだった。

続いて香川の鮮やかなトラップから乾へのヒールパス。目の覚めるような弾丸シュート。サッカーファンが待ち望んだゴールデンコンビのワールドカップでの完璧な連携に胸が踊った。

大差での敗戦予想が多い中でも、私は善戦を信じていたけれど、まさかここまで素晴らしい出来になるとは嬉しい誤算だった。

ベルギーは明らかに焦りを見せ始めた。
もっと焦ってくれれば日本は勝てる!
安心するためには3点目がほしい。
そう思っていたところへ決められてしまったアンラッキーなゴール。中途半端なヘディングが日本のゴールに吸い込まれた。

1点差に追いついたベルギーは息を吹き返してしまった。あっという間に同点になった。

それでも耐え忍び、あと少しで延長戦という時に訪れたコーナーチャンス。

なんとなくイヤな予感がした。
チャンスはピンチ。これまで何度もコーナーチャンスからカウンターを食らう場面を見てきた。

気をつけて!

そう思った瞬間にクルトワはキャッチしたボールをアンダースローで丁寧に放った。

ああっっ!まずいっ!
お願いだから止めて!

鮮やかすぎるカウンター。
最後のチャンスに賭けるベルギー。
不意を突かれた日本は追いつけなかった。
逆転のゴールが決まってしまった。


何が起こったんだろう…
手を掛けていたベスト8の壁。
超えたかった壁。
あと少しだったのに乗り越えることが出来なかった…

選手みんなの呆然とした顔が切なかった。
昌子が芝を叩く姿に、選手全員の無念と日本国民の落胆を思った。
どんな時も笑顔の乾の泣きじゃくる姿に胸が痛くなった。

あまりにも無情なタイムアップ。
放心しながらテレビを見つめた。

笑顔を見せる選手。
呆然とする選手。
涙する選手を慰める選手。

それぞれがチャレンジの終わりを懸命に理解しようとしていた。

悲しくて悔しくて虚しい終わり。
受け止めるのには相当な時間がかかるだろう。


けれど。


日本代表は最高に誇らしい戦いをしてくれた。
ブラジルでは見せられずに終わった日本の本当の強さを、4年の時を経てさらに成長した逞しい姿を、日本国民に、世界中に見せてくれた。

だから私はとても満足している。
掴み損ねたベスト8は次の大会に託そう。

本当に素晴らしい選手達。監督。
スタッフの皆さん。
サポーターの皆さん。

ロシア大会お疲れ様でした。
これからも共に同じ夢に向かって歩んでいきましょう!