いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。
NGT48劇場支配人の今村悦朗です。

 

本日、NGT48キャプテンの北原里英の卒業公演が行われました。これを持ちまして、北原里英のNGT48、そしてAKB48グループとしての活動は全て終了となります。

 

劇場やロビーにいた、いないに関わらず、北原のアイドルとしての最後の舞台をあたたかく盛り上げていただいた皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 

今思えば、北原には、グループの立ち上げからキャプテンとして奮闘してもらいました。

 

2015410日には、NGT48キャプテンとして初の新潟入り。私と一緒に、赤と白のデザインに決まったNGT48ロゴのパネルだけを持って新潟のメディア回り、同日から始まった第1期生オーディションへの参加を呼びかけてもらいました。「あの北原さんと一緒に活動できるかもしれない」という淡い期待に背中を押されてオーディションに参加した本間日陽は、今、センターを務めています。

 

その1か月後の510日に行われた第2回ドラフト会議では、他のグループが注目していなかった西潟茉莉奈と荻野由佳を、単独で指名。2人のことは、事前のドラフト候補生の合宿視察で、すでに柏木由紀と見出していたようです。歌やダンスのスキルだけではなく、態度や振る舞い、そしてAKB48グループへの強い想いから判断して獲得を決めた“西荻コンビ”は、ご存知の通り、NGT48の結成当初から今も変わらずグループに大きく貢献してくれています。

 

さらにその2カ月後のオーディションでは…と、書き出すとキリがありません。まだNGT48のカタチがない時から、北原は様々な場面でキャプテンとしての手腕を発揮してくれていたんだなと、今このブログを書きながらあらためて実感しています。

 

劇場オープンが遅れた中でも、地元の自治体や企業の皆様から多大なるご支援・ご協力をいただけたのは、AKB48メンバーとしての輝かしい実績がある北原の存在が大きかったことは間違いありません。ちょっと前まで普通の女の子だった1期生のみでは、難しかったと思います。

 

表に出ていないところでも、北原はキャプテンとしてグループをまとめてくれていました。私やスタッフの気が回らないところでも、柏木と一緒にメンバーのフォローをしてくれていることは色々と伝わってきていました。

 

例えば、北原がメンバーを連れ立って食事や買い物をしている姿は新潟の街でよく見かけられていて、街の人がこっそりと教えてくれました。メンバーの実家やマンションを泊まり歩いていたこともあったようで、「芸能人をウチに泊めていいのでしょうか?」と親御さんから連絡が来たこともあります(「娘さんも芸能人ですよ」と答えましたが)。

 

普段からメンバーと寄り添ってくれていた北原だからこそというシーンは、先日の朱鷺メッセにて開催された卒業コンサートでもありました。自分自身のアイドル人生10年の歴史を振り返る構成にしながらも、メンバーの希望を汲んだセットリストやユニットの人選をさりげなく実現し、メンバーそれぞれに見せ場を作ってくれました。そんなことは、どんな演出家にもできません。世界中で北原にしかできないことです。

 

そんな北原をメンバーもキャプテンとしてだけではなく、何でも話せるお姉さんとして本当に心から慕っていました。メンバーはどこかで「北原さんは、きっといつまでも自分たちのそばにいてくれるんだ」と思い込んでいたのかもしれません。だからなのか、いつもは冷静で聞き分けのいい村雲颯香が卒業発表の日は泣きじゃくって楽屋に閉じ籠ってしまうほどでした。私のことろに「辞めないよう支配人から説得して欲しい」と直談判にきたメンバーもいます。他のメンバーたちも、「何とか卒業を撤回させよう!」と最近まで真剣に話し合って作戦を練っていました。こんなエピソードがあるのは、北原が率いたNGT48だからこそだと思います。

 

そんなNGT48の雰囲気は、厳しいファンの方々からも「NGT48はアットホーム感があっていい」と評価していただけました。それがまた地元の方々に伝わり、新しいお仕事に繋がることもありました。本当に支配人として感謝してもしきれません。

 

北原は、「卒業後も新潟との縁は大切にしていきたい」と言っています。心配しなくても、きっと新潟との縁が切れることはないでしょう。BSNラジオ「NGT48北原里英のMOONLIGHTING」は、「北原里英のMOONLIGHTING」として継続することが発表されました。他の番組やメディアの方からも、「卒業後も出演のオファーをしていいですか?」という問い合わせがスタッフのところには入っているようです。新潟のみなさんは、本当に北原キャプテンが大好きなんです。

 

NGT48を去る北原の今の一番の望みは、「私がいたことをみんなが忘れるくらい、NGT48が大活躍してほしい」ということです。メンバーやスタッフ、ファンの皆様、そして新潟県民のみなさんが、「NGT48初代キャプテン北原里英」のことを忘れることは絶対にありません。しかしながら、それくらいの活躍ができるよう、これまでの北原の献身に恥じぬよう、明日よりまた一からメンバー・スタッフともども頑張って参りますので、引き続き、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

 

それでは、北原里英、本日を持ちまして、NGT48キャプテンの重責の任を解きます。本当に、お疲れ様でした。頼りない支配人を立ててくれながらも手助けしてくれて、ありがとう。

 

これからは周りのことは気にせず自分のことだけを考えて、女優として、ひとりの女性としての道を進んで行ってください。周りのひとを愛し、そして愛される君ならきっと優しい未来が待っていることでしょう。君が愛してくれた新潟から、みんなで応援しています。

 

 

2018418

NGT48劇場支配人

今村悦朗