いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。
NGT48劇場支配人の今村悦朗です。

本日、ファンの皆様、メンバー、スタッフにとって待望の地元・新潟開催のコンサート「NGT48単独コンサート~朱鷺は来た!新潟から全国へ!~」を、朱鷺メッセで開催させていただきました。ご来場いただきました皆様、開催にあたり多大なるご協力・ご支援をいただきました関係者の皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

皆様からの声援を受けながら大きな会場でも臆せず堂々とパフォーマンスする姿に、またひとつメンバーの成長を感じることが出来ました。頼もしい限りです。ステージデビューを果たしたドラフト研究生の5人についても、まだまだこれからですが、新しい仲間として大いに期待しています。

そして、コンサートの最後に、研究生の昇格と、新チームNIIIとチームGの発足を発表させていただきました。ステージにてお伝えしました通り、NGT48の新体制は下記のようになります。

〈新チームNIII

荻野由佳、柏木由紀、加藤美南、佐藤杏樹、清司麗菜、高倉萌香、髙橋真生、太野彩香、西潟茉莉奈、西村菜那子、宮島亜弥、山田野絵
※新キャプテン…加藤美南、副キャプテン…荻野由佳

〈チームG
小熊倫実、角ゆりあ、日下部愛菜、菅原りこ、中井りか、中村歩加、奈良未遥、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆

※キャプテン・副キャプテン…チームG公演初日に発表

〈研究生〉※新チームNIII所属

安藤千伽奈、佐藤海里、高橋七実、對馬優菜子、藤崎未夢

新体制での活動スタートは、下記のスケジュールで予定しています。

〈新チームNIII〉 

公演初日: 7月上旬

公演内容: 引き続き、「誇りの丘」公演を行います。

〈チームG

公演初日: 7月上旬
公演内容: 初日公演の幕開けと同時に公演内容発表。同日にチームキャプテン・副キャプテンを発表します。

これに伴い、現チームNIIIとしての最終公演と研究生公演の千秋楽は、いずれも6月後半を予定しています。詳細については、順次お知らせして参ります。

さて、ここからは、ステージ上ではお伝えしきれなかったことを綴らせていただきます。

まず、すでに卒業している大滝友梨亜と水澤彩佳も含め研究生の10名に、今日も緊張のあまり角ちゃんの名前を飛ばす大失態を演じてしまったダメな支配人から感謝と労いの言葉をかけさせて下さい。研究生として長い期間を活動させてしまったとこと、本当に申し訳なかったと思っています。ファンの皆様にもご心配をかけてしまい、大変申し訳ありませんでした。

劇場のオープニングメンバーを決める為、1期生を研究生とチームNIIIに分けましたが、ご存知の通り、月日が経つごとにそれぞれのメンバーの間に力量の差は何らなくなっていきました。特に、研究生公演をスタートさせてからは、みんな輝きと自信を増し、48グループの歴史でも類を見ない最強のチームに成長してくれました。「チーム研究生」は、本当にNGT48の大きな武器となり、私の大きな自慢となりました。

外の仕事や取材などに関しても、研究生とNIIIメンバー分け隔てなく任せてきたつもりです。それでも、様々な場面で「研究生」として扱われる機会もあり、本人たちは色々な想いを抱いてきたことでしょう。それでも、諦めることなく自分を磨き、NGT48メンバーとして今日まで一緒に歩み続けてくれたことに心からお礼を言いたいと思います。本当に、ありがとう。そして、昇格、おめでとう。

北原里英が卒業した後の新チームNIIIのキャプテンには、加藤美南を指名しました。これは北原とも相談して決定したことです。加藤は掴みようのない不思議な一面もありますが、故郷・新潟を愛しNGT48としての活動に強い誇りを持って活動してくれています。自分のことだけでなく、グループのことを相談や意見してくることも増え、頼もしく感じています。加藤なら、個性派揃いのメンバーも手を差し伸べて、自然にまとまりや団結が生まれると思います。加藤自身も、キャプテン就任を機に、新たな魅力が花開いてくれるはずです。

新チームNIIIとチームGのメンバー編成に関しては、みなさま色々なご意見があるかと思いますが、これが私とスタッフが話し合い出したひとつの答えです。今回の組閣により、NGT48は新たな局面を迎えます。うまくいかないことも、きっとあります。これまで経験したことのない苦しいことも待っているでしょう。それでも前に進んで行かなくてはいけません。これまで以上に皆様のご支援が必要となりますので、よろしくお願い致します。

そして、明日はいよいよ、初代キャプテンとしてここまでNGT48を牽引してくれた北原里英の卒業コンサートです。卒業公演が来週18日(水)に行われますが、NGT48にとって、AKB48グループにとって、明日は特別な日となります。

真面目な性格ながらも愛嬌のある人柄で、10年の長きにわたり、ファンから愛され、メンバーから慕われ、スタッフから信頼された北原。しかし、キャプテンと支配人として、それぞれの意見がぶつかることも少なくはありませんでした。だからこそ、NGT48について話し合ってきた3年間の中での北原の言葉は、これから支配人を続ける上でも助けとなってくれることでしょう。それは私だけでなく、他のスタッフやメンバーも同じだと思います。

そんなキャプテンを、明日は、NGT48らしく、笑いいっぱいに騒がしく、涙いっぱいにあたたかく、盛大に送り出してあげましょう。

それでは、今後ともNGT48をよろしくお願い致します。

2018413
NGT48劇場支配人

今村悦朗