いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。

NGT48劇場支配人の今村悦朗です。

 

本日、おかげさまを持ちまして、チームNIII 3rd公演の初日を迎えました。皆様は、いわゆる“お下がり”公演を予想されていたかと思いますが、これまでどの劇場でも上演されていない「新公演」です。驚いていただけましたでしょうか?

 

公演タイトルは、その名も、「誇りの丘」公演。

 

公演内でキャプテンの北原からお知らせしました通り、この公演のセットリストは、この秋に京楽産業.様から登場するぱちスロ最新作「ぱちスロAKB48 勝利の女神」に搭載されている楽曲を中心に構成されています。

 

ぱちスロ台の登場よりも先んじて、AKB48チームサプライズの楽曲を劇場公演として上演するグループ史上初取り組みとなります。AKB48グループにとっても大切なプロジェクトの一端をNGT48が任せていただけた喜びと責任感を感じながら、かなり以前から京楽産業.様はじめ関係各所と準備・調整を進めてきました。

 

メンバーに新公演の概要を説明した際には、どの先輩グループもやっていない楽曲を自分たちがNGT48劇場でできるということで、みんなも大喜びでした。総選挙の前から、レッスンを新潟や東京で密かに進めてきましたが、これまでの先輩方のパフォーマンスの資料が沢山揃っている公演ではないということで、スタッフだけでなくメンバーも意見やアイデアを出し合って、いちから公演を作り上げてきました。そういった意味でも、これまでにない公演になっていると思います。

 

ということで、元々はAKB48チームサプライズの為に書き下ろされた楽曲ではありますが、NGT48オリジナルの衣装やダンス、演出も多分に取り入れていますので、名だたる卒業メンバーもいるチームサプライズにも遠慮せず、NGT48の“ほぼオリジナル”公演として自信を持って上演していきたい思います。

 

また、この公演は、ユニット曲が6曲と、これまでの公演より多いこともあり、「研究生枠」という新しい試みも取り入れています。アンダー出演とは別に、毎回2名の研究生が、ユニットとアンコールのパートに出演し、総勢18名体制で公演を行います。「研究生枠」に、どの研究生が登場するのかも、毎回お楽しみにしていただければと思います。

 

そして、ここだけ話、この公演は、まだ全貌を明らかにしていません。今後、変化と進化を続けながら、皆様に愛される公演を目指していきますので、研究生公演とともに、よろしくお願い致します。

 

それでは、新潟の劇場で、お待ちしています。

 

追伸: ゆきりんも、「二桁出演を目指します(仮)」とのことです。

 

 

201772

NGT48劇場支配人