いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。

NGT48劇場支配人 今村悦朗です。

4月に朱鷺メッセでの単独コンサートにて発表致しました組閣や研究生昇格に伴うNGT48の新体制が、週末に新チームNIIIとチームGの初日公演の幕が上がったことにより、いよいよ本格始動となりました。

それに先立ち、おかげさまを持ちまして、前チームNIIIと研究生の公演が千秋楽を迎えることができました。ファンの皆様だけでなくメンバーたち自身も千秋楽を迎えたことをさみしがるような公演に育てていただき、これまで劇場に足を運んでくださった皆様をはじめ、応援していただいた皆様にあらためて御礼申し上げます。

新チームNIIIは、4月に発表していた通り、加藤美南がキャプテンを、荻野由佳が副キャプテンを務めます。公演は「誇りの丘」を引き続き上演していきますが、ユニットシャッフルやアンコールでの楽曲追加など、装いも新たに再スタートを切りました。まだ新潟の劇場でしか上演されていない貴重な公演ですので、ご覧いただく皆様とともに、これまで以上に愛される公演に育てて参ります。

ドラフト研究生からは、安藤千伽奈が初日公演で自身の初日を迎えました。公演の最後に感極まって涙を流していましたが、まずはよく頑張ったと思います。

チームGは、初日公演にて発表になりましたが、本間日陽がキャプテン、山口真帆が副キャプテンを務めます。みんなが支えたくなるようなNIIIの加藤とはまた違い、周りを鼓舞しながら引っ張っていく本間キャプテンと、その傍らで優しく目を配る山口副キャプテンといった感じでしょうか。他のメンバーも自分の役割意識をしっかりと持って、チームGを全員で盛り立てていってくれることを期待しています(自称・菅原キャプテンのさらなる活躍が、ある意味一番の楽しみでもあります)。

そして、今回、自身の所属チームの初日に向けた厳しいレッスンを抱えながら、それぞれの公演をサポートしてくれた、小熊倫実、菅原りこ、清司麗菜、太野彩香、西村菜那子、村雲颯香の6人にはあらためて感謝します。

新チームNIIIとチームG、両チームの違いと個性を体感していただくには、ご自身の目でご覧いただくのが一番です。是非、新潟の劇場に足を運んでいただけたらと思います。

いつの日か千秋楽を迎える際に、またみんながさみしい気持ちになるような公演に、メンバーと皆様が一緒になって育ててくだされば幸いです。

それでは、新体制のNGT48も引き続き、よろしくお願い致します。


201872
NGT48劇場支配人
今村悦朗

 

いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。
NGT48劇場支配人今村悦朗です。

昨日、AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙が終わりました。あらためまして、投票していただいた皆様、開催にあたり多大なご協力をいただいた名古屋市をはじめとする愛知県の皆様、その他関係者の皆様、そしていつもNGT48を応援していただいています新潟県の皆様に御礼申し上げます。

地元からの絶大な応援を受けて、SKE48はさすがの強さでした。SKE48メンバーの名前が呼ばれる度に会場を大きく包む歓声を聞きながら思い出していたのは、この街で支配人として活動させていただいた日々とSKE48ファンの熱さ。おかげでNGT48支配人としての使命感を新たにすることができました。

NGT4826名が立候補し、初ランクイン7名を含む14名が100位以内に入らせていただきました。半分以上が名前を呼ばれました。ランクイン率では1位ではないでしょうか。大健闘だと思います。本当にありがとうございました。

目標を達成したメンバー、ランクインしても悔しさが残ったメンバー、ランクインが叶わなかったメンバー、それぞれ思うことはあるはずです。そんな中でも昨年同様、全員で仲間を祝福し、イベントを明るく元気いっぱいに盛り上げていたことは支配人として誇らしく思います。それでこそNGT48です。

結果だけではなく、昨日に至るまでのメンバーの姿も他のスタッフを含め見ています。例えば、村雲颯香はSHOWROOMで「総選挙盛り上げ企画」を自主的に行って他のメンバーを応援していましたし、昨年までは自信がなかったという清司麗菜も今年は「ランクインしたい。変わりたい」と素直に気持ちをファン皆様に伝え続けていました。こういったことは評価しますし、順位とは別の何かにつながっていくはずです。

ドラフト研究生の5人にとっては初めての総選挙となりました。選挙の厳しさはもちろん、いつも身近にいる先輩たちと自分たちとの大きな差を感じたことでしょう。そんなに甘くはありません。まだまだこれからです。コンサートも含めてあの大舞台に立って感じたことを、これからの活動に存分に生かしていってほしいと期待しています。

総選挙が終わったばかりですが、NGT484月の単独コンサートで発表した通り、まもなく名実ともに新体制になります。現チーム体制での千秋楽、新チーム体制での初日に向けて準備も着々と進めています。二期生も正式加入し、まさに第二章へ本格突入です。立ち止まっている暇はありません。

とはいえ、まずは新潟に帰る前に、今日の握手会でメンバーのみんなには応援していただいたみなさんに感謝の気持ちを心から伝えてほしいと思います。

また、中井りかがお騒がせをいたしまして、大変申し訳ございませんでした。支配人としてお詫び申し上げます。48グループの一員としての自覚を持って行動するよう、強く反省を促して参ります。

よろしくお願い致します。


2018617

NGT48劇場支配人

今村悦朗

いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。
NGT48劇場支配人今村悦朗です。


本日、劇場公演の最後に、二期生をお披露目させていただきました。

この度、加入した二期生は16名となります。うち7名が新潟県内の出身です。他には、北海道、山形県、茨城県、群馬県、静岡県と、これまで出身メンバーがいなかったエリアからも新しい仲間が加わりました。

これを機に、NGT48を知っていただける機会も増えると思いますので、新潟県を拠点としながら活動の範囲を広げていきたいと思います。

そして、ここからは、一期生へのメッセージです。みんなには、先輩としての自覚を強く持ってもらいたいと思います。北原と柏木に守ってもらいながら歩んできた3年間の経験を糧に、これからのグループづくりはスタッフだけでなく君たち一期生が中心となっていくのです。そのことは、肝に銘じてもらいたいと思います。

つぐみんも最年少ではなくなります。その高いプロ意識は、きっと二期生のお手本になり、これからは“お姉さん”として後輩メンバーを引っ張ってくれると思います。りったんも後輩の教育を任せてほしいと名乗り出てくれています。驚きながらも頼もしく感じています。

他の一期生のみんなにも、それぞれの得意分野や個性を活かしながら一体となって二期生を育てて、自分たちも一緒にさらに成長してくれることを期待しています。

もちろん、ドラフト研究生の5人にも強く期待をしています。二期生を交え、これまで以上にレッスンが厳しくなっていきます。うかうかしてはいられません。NGT482章の主役は自分たちだというくらいグループを盛り立てていってほしいと思います。

あらためまして、NGT48は、本日をもって正式に総勢44名となりました。これまで以上に個性が響き合う、応援していて楽しいグループにしていきますので、ご期待下さい。

二期生各メンバーの詳細については、公式Twitterにアップされますので、そちらでご確認下さい。公式サイトでも、明日、プロフィールを公開する予定です。

よろしくお願い致します。


2018612
NGT48劇場支配人
今村悦朗

↑このページのトップへ