自分に欠けているものを嘆くのではなく、
自分の手元にあるもので大いにに楽しむものこそ賢者である。

エピクテトス