月別アーカイブ / 2015年03月

「女流棋士の対局をもっと多くの方に見てもらいたい」
そんな思いをずっと抱えて、イベントの企画をしています。

私が女流棋士になったころ、対局を見ていただく機会というのはとても少なく、
対局者と記録係だけの空間で将棋を指し、勝敗の結果と棋譜だけが残る対局がほとんど。
新聞に観戦記が掲載されるのは一部だけで、実際に対局姿をファンの方に観ていただけるのは、タイトル戦などのごく僅かな対局だけでした。

プロという肩書きで将棋を指すからには、なるべくたくさんの方にその勝負をご覧いただき
応援してもらいたいという思いがあります。
かつて1Dayトーナメントというミニ棋戦を企画したのは2007年のことです。
それから8年経った今は、将棋界もずいぶん様変わりしています。

マイナビ女子オープンの予選を毎年公開で行っていただけるようになり、
女流王将戦は囲碁・将棋チャンネルで放映されるようになり、
中継アプリが出来て女流棋士の公式戦が見られる回数も増えてきました。

そうした中で、2013年夏に『将棋対局~女流棋士の知と美~』を企画、
紀伊國屋サザンシアターで公開対局を開催していただきました。
「観る」ための対局として、女流棋士は和服を着て出演。
対局場の横で同時に大盤解説を行いました。

初回がとても好評だったので、2014年に2回目が開催されました。

1
室谷由紀女流初段 対 香川愛生女流王将 の対局。(2014年9月2日)
https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20140715131000.html



そして、今年は4/29に第3回の公演が決定!!

ちらし

対局のほかにもトークショー、サイン会を企画してます。
詳しい情報は下記URLよりご覧ください。

主催:紀伊國屋書店イベントページ
https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20150131103000.html

公式 twitter  (@shogi_taikyoku)
https://twitter.com/shogi_taikyoku 


facebookページ
https://www.facebook.com/shogi.taikyoku 

毎年恒例の「女流棋士との親睦将棋会」。
今年は「池上本門寺」で開催させていただきました。

女流棋士が勢揃い。
着物の方が多く、色彩豊かでした。

イベントの合間を縫って写真撮影。
IMG_2979
お庭の桜と伊藤明日香さん。

IMG_2987
甲斐智美さん&清水市代さん。

IMG_3003
鈴木環那さん&香川愛生さん
IMG_3024
竹俣紅さん&室谷由紀さん

IMG_3022
加藤桃子さん&
山口絵美菜さん

IMG_3031_2
高浜愛子さん、
山口絵美菜さん、山根ことみさん、和田あきさん、北村桂香さん

--
イベントプログラムは席上対局、指導対局、ぐるぐる将棋、など。

おかげさまで盛会のうちに無事終了することができました。
親睦会実行委員の方々、お疲れ様でした!!
ご来場の皆様どうもありがとうございました。 

最近の女流棋界は若手がどんどん増えて、ますます賑やかになっています。
これからも応援よろしくおねがいします☆

上海娄山中学で将棋大会が開かれました。

門を入ってすぐの看板には「熱烈歓迎」の文字。
IMG_2895

IMG_2833 IMG_2826
校長先生の挨拶。たくさんの子ども達。

IMG_2854 IMG_2855
今回は三つの大会が同時に行われることになりました。
中学生は総平手の娄山杯、小学二年生以上は駒落ち戦の所司和晴杯、
そして、小学一年生はどうぶつしょうぎ大会。
素敵なクリスタルトロフィーが用意されています。

IMG_2858 IMG_2859
IMG_2931 IMG_2935

どうぶつしょうぎ大会の会場となったのは「将棋文化室」。
なんと上海では、将棋が授業に取り入れられている学校がたくさんあり、
なかには特別室(日本で言えば音楽室や図工室などのような感じ)として、
将棋のための教室があります。
掲示や展示などの設備も充実しており、学校教育としての将棋は
日本よりもずっと進んでいるなぁと感じました。
私達も頑張らなくては。

IMG_2860 IMG_2861
IMG_2866 IMG_2872 IMG_2875 IMG_2884

こどもたちは10試合を行います。勝ったり負けたりですが
騒ぐ子も泣く子もいなく、みんなしっかり指していました。

IMG_2910
こちらは所司和晴杯。熱気。



IMG_2898IMG_2900
娄山杯。女子もたくさん参加しています。

IMG_2945 IMG_2940
大会は午前中で終り。成績優秀者はたくさんの賞品をもらいます。

IMG_2852
関係者一同記念写真。お世話になりました!!

----
このあと、日本と中国のこどもたちはバスに乗って観光へ。
私は一足先に帰国しました。

海外に行くとたくさんの刺激を受けます。
上海は許建東先生のご尽力でこのように将棋が広まっていますし、
ベラルーシやブラジルでも小学校の授業で将棋が行われているそうです。

帰りの飛行機の中で、もっといろんな国でこどもたちの交流をしたい、
近いうちに「こども世界将棋大会」を開きたい、と考えていました。



↑このページのトップへ