全国的に空き家の増加が問題になってます。

空き家解体 川崎市内2カ所目、防災空地 花壇彩る交流の場にも
 木造住宅が密集する川崎市川崎区の小田周辺地区に、新たな防災空地が完成した。古い空き家を解体し、市が広さ約126平方メートルの民有地を無償で借りて整備した。
www.tokyo-np.co.jp

土地の所有権が誰にあるのか分からなくなり、行政が手出ししづらくなっているケースが多いようです。
もしくは、持ち主が、取り壊したりするための費用負担を避けるために放置するケース。

放置されて荒廃した建物は、景観を損ねるし、悪臭を放ったり、犯罪者の隠れ家になったりしますので、早々に手を打ちたい。周辺の地価も下げかねない。

色々無視していいなら、公園を増やしたり、建物の高さを低くしたりできたらいいのになって思います。

もっとみんなが集住すれば、効率的な行政運営できるのにとは思うけど、居住移転の自由は憲法22条で保証された権利だから難しい。

ちなみに、空き家を格安で買取り、自分で床張りとかすれば、都内でも相当節約できるようです。興味のある人は、全国床張り協会を要チェックです。

木造の老朽化した家なら、人力でもけっこう壊せそうです。ちょっと楽しそう笑

パチンコホールの廃業数、2018年1年間で571店舗に | 『遊技日本』
全日遊連はこの度、組合加盟店舗の実態調査結果を発表。2018年1年間で(組合加盟の)廃業店舗数が合計571店舗に上ることが分かった。 長引く業界不況や新規則施行の影響もあり、2018年もパチンコホール数は減少傾向が続いた。2018年12月末時点における営業店舗数は9,237店舗で、前月比より27店舗減。12月は例年、グランドオープンやリニューアルオープンが多い月となるが、2018年12月の新規店舗数は8店舗(昨年同期は21店舗)にとどまり、反対に廃業店舗数は44店舗に上った。このほか、休業店舗数は同月末時点で122店舗あり、うち19店舗が同月発生分となる。 2018年1年間の廃業店舗数は571店舗と、新規店舗数111店舗に比べて大幅に多い。月単位で見た場合、廃業店舗が最も多い月が2018年3月で69店舗、最も少ない月が2018年9月で33店舗だった。一方、新規店舗数は、最も多い月が2018年4月の29店舗、最も少ない月が2018年10月で0店舗となっている。新規店舗数が廃業店舗数を上回る月が2018年は一度もなく、店舗数はほぼ一貫して減り続けた。その結果、2018年12月末の店舗数は昨年同期比で444店舗の純減となっている。 遊技機の総設置台数は、ホール数の減少に伴い、パチンコ、パチスロとも減少傾向が続いた。2018年末時点での遊技機設置台数は、パチンコ242万622台、パチスロ153万7,510台、その他の遊技機が37台、遊技機総台数が395万8,169台。昨年同期比で総台数は10万2,073台の減少となっている。
yugi-nippon.com
パチンコホールが順調に減ってるようです。
喜ばしい(^^)

パチンコ店って、大音量垂れ流してるし、見た目にもガチャガチャしててうるさいから、好きじゃないんだ。
みんな賭博だってわかってるのに規制されないところも気に食わない。

節度を持って楽しむ分には他人が何をやってようが勝手だとも思うが、過度に依存している人の存在はやはり看過できない。

アルコール、薬物、ゲーム、ネット、ギャンブル、セックス。世の中には様々な依存症があるけど、その沼にハマったらほんとに悲惨だなと思う。

犯罪を犯してでも金を手に入れようとする。短気で、すぐ暴力的になる。他人と関わろうとしない。家族や友人から見放される。レッテルがついて回る。

日本は統合型リゾートなんてできなくても、一大ギャンブル大国であることをもっと自覚すべき。パチンコ台数は世界トップクラスだと、昔読んだ本に書いてあった。

日本のなあなあなところが好きじゃない。どうも近視眼的で、事勿れ主義。もうちょっと思い切ってズバッと法規制かけてほしいと思うことがままある。


新聞やネットなどのメディアは世の中で何が起きているかを教えてくれる。

日本は人口が減っているらしい。
人工知能の研究が盛んらしい。
データがビジネスの成長に重要らしい。
などなど。

識者たちの評論は、世の中で何が起こりうるかを教えてくれる。

もっと業務を効率化していかなければ社会は存続できない。
今人間がやっている仕事はどんどん人工知能に肩代わりされるだろう。
データを疎かにしていると競合に劣後する。
などなど。


私は、雑多に情報を仕入れておくことの価値を主張したい。どんな科学技術が実用段階にあるのか、世の中にはどんなサービスを提供している企業があるのか。

目的意識を持って調べるだけではなかなか辿り着けないものもある。

「そんないいものがあったなんて!是非使ってみたい!」「そのアイデアはうちにも応用できるぞ!」と思えるものが、屹度沢山ある。

一見して自分とは直接関係なさそうだとしても、とても将来を期待させるものが幾つもある🗞

人間を凌ぐ精度と速度で癌を発見するAI。
血液、尿、DNAから様々な病気を診断する手法。
道路から電気自動車に給電するシステム。
空気から飲料水を作る技術。

↑このページのトップへ