ad92549e.jpg

Apple iPhone 4S

セコムさんから突然電話が入りました。

「前田さんのお宅に侵入者が入っております!」と。

ほほーっ。これは1大事。
さすがはセコムさん。
ちゃんと連絡くれるんだ!!安心!
と、思っておりました。

「前田さん、今どちらにいらっしゃいますか?」


ここで僕は衝撃の一言をセコムさんに伝えました。

「自宅です。」
「は?」
そりゃ、セコムさんも唖然とされました。

「ちなみに前田さん、今どちらにお住まいですか?」

「品川区です。」

「え??福岡市の城南区では?」

「7年前に転居しましたよ(笑)」

「えっ!?し、失礼しました。」


どうやら、7年前に住んでいた家に泥棒が入ったようです。
しかもその部屋のセコムに登録されていたのは、僕の電話番号。

うーん。
今お住まいの方大丈夫でしょうか?
不動産屋さんの不手際?


世の中には不思議なこともあるもんです(笑)


2012-09-01-00-23-03
Canon EOS 600D
Carl Zeiss Distagon T* AEJ 28mm F2.8

ワンちゃんはボールを投げて取ってこさせる「取ってこい!」をしてくれますが、猫はどうでしょう?

結論から言うと猫だってしてくれる子はいます。

うちの場合だと、
・onちゃん(長女、ボス)
妹2人が全員寝てる時はしてくれます。
ボスなので普段は我慢してる感じかな?
投げたものはきちんと手元まで持ってきてくれます。

・小梅ちゃん(次女)
しません(笑)
「あらあら何か飛んで行きましたよ?」くらいの勢いです。
普段からポンヤリしてる子なのでしょうがないかな?
気まぐれな甘えん坊の三毛猫らしいと言えばらしいのですが。

・ふくちゃん(末っ子)
してくれます。
が…。
手元までは持ってこず、お互いの距離の真ん中あたりにポイっとします。


猫の場合、主従関係が犬とは違います。
どちらかと言えば、猫が人間を飼っている状態に近いかもしれません。
それだけ自由に暮らしているとも言えます。

この「取ってこい!」も、犬のそれとはちょっと違うようです。
犬の場合はご主人さまと遊びたくて喜んで取ってくるのですが、猫の場合はどうやら人間に狩りを教えているようです。

自分が狩りをしているところを子供に見せて、狩りを学ばせるのが親猫です。
そうやって猫は生まれて半年程で、独り立ちしていくのです。
群で生活しない猫らしいところですね。

そうやって考えてみると、
自分と人間の真ん中あたりにポイっとしてくる、ふくちゃんは狩りを教えようと必死なのかもしれません(笑)

真ん中の小梅ちゃんに至っては自分が真ん中というポジションを理解し、自分が狩りを教える必要はないと思っているんでしょう(笑)

猫って面白いなぁ。

たまにはブログタイトルに相応しいエントリーでした(笑)


生後6ヶ月のonちゃんの取って来い!です。


【お問い合わせ方法】
LINEにてお問い合わせを受け付けております。
ご登録後、小梅ちゃんよりご挨拶メッセージが届きますので、そちらに返信ください。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方はLINEにて下記QRコードを読み込んでください。



e86695cf.jpg

iPhone 4S

【猫絵十兵衛御伽草子】
江戸時代のお話。
猫の絵を書くことを生業とする十兵衛さんと、
猫又であるニタ氏のお話。
江戸時代の文化なども詳しく描かれています。
絵も綺麗。何故、猫の絵を書くことが生業とできるのかは読んでのお楽しみ。
猫の写真をお部屋に飾りたくなると思います。

結構泣ける話が多いです。
とにかく猫の描写がかわいい。


【木曜日のフルット】
無職の紺先輩似の主人公のダメお姉さんがたまらなく好き。
ダメ猫フルットの生き様にも感心します。

4コマ漫画です。

↑このページのトップへ