ある日マネージャーから着信履歴が。
髪の毛乾かしてたら電話折り返すの忘れていて そのあと直接会ったときに
「さやこに非常に残念なお知らせがある、、」と言われ
うわーやだーなにーと思ってたら 



GLAYでドラム叩くことになりましたーーー!!(めっちゃ嬉しそうな大声)」






....................。








どえーーーーーーーーー?!??!!!(さやこ叫び)」


と。笑



なんとギターHISASHIさんの作詞作曲、亀田誠治さんプロデュースの曲に参加させていただくことになり
その話を聞いてから3日間くらいは 夢じゃないかとポケ~っとしてました(•'-'•)

初めての女性ドラマーだと聞いて 嬉しいやら光栄やら。

GLAYのみなさんは若手のバンド研究にとっても熱心で
HISASHIさんがドラムマガジンで「気になってるバンドはねごと」と言ってくださっていたのがきっかけで
ねごとのライブを見に来てくださったこともあったり◎

本当にびっくり嬉しいことなのですが ご指名いただいたので全力でレコーディングに参加してきました!















GLAYのみなさんも亀田さんもすっごく穏やかで面白くって
緊張せず自由に楽しんで~^_^ という空気感が心地よかったです。

レコーディングが始まると「いいね~たのしいね~♪」
とワクワク感でいっぱいのスタジオ。
お花見してる時くらいの和やかさ( *´   ` )


そしてTERUさんが演奏と一緒に歌ってくださったんですが
生歌の迫力といったらもう、、。
というか私のドラムに乗ってTERUさんが歌ってる!と思ったら 
今何が起こってるんだ?!?!私はだれ?!? 私の人生って一体!??!
というような ドラムの世界を超えたなにかに吸い込まれた感じになりました .。o
私の中でGLAYさんはバンドというより「伝説の人達」なので 。

すごすぎて 細かい事あんまり考えずに楽しく叩いたら、とってもライブ感のあるテイクが録れたので
ぜひわくわく感いっぱいの微熱Ⓐgirlサマー聴いてみてください*

GLAYのみなさん、亀田さん、夢のような素敵な時間をありがとうございました( *´   ` )