月別アーカイブ / 2015年11月

お口ポカーンフェス?!クイックレポート ねごとステージ18:30~

【ねごと】

 ねごとステージも残すところあと2本。
各ステージ、まったく違った切り口でねごとの魅力がクローズアップされてきたが、この4バンド目は例えるならば“ねごとの歌心サイド”といったところだろうか。
蒼山幸子の歌とキーボードからスタートする1曲目の「ふわりのこと」から「ながいまばたき」と、伸びやかなメロディに乗せてミディアムスローなナンバーを情感たっぷりに聴かせてくれる。

_AZA7610

 ガーリーな衣装も相まって、てっきりそうした“しっとりモード”で攻めていくかと思いきや、けっして一筋縄でいかないのがねごとのねごとたる所以。
中盤に披露されたこれまた新曲では、爽やかなサウンドにハッとするほどの鋭い問いかけを宿して聴く者の胸を刺し、不条理なSF小説を思わせるねごとワールド炸裂の「エイリアンエステート」、切実さが生々しく肉迫する「メルシールー」と曲を追うごとにエモーショナルにアンサンブルがシフトしていく。
髪を振り乱し、一心不乱に音の世界に埋没していく4人の佇まいにはのっぴきならない迫力が帯びて、ただひたすら息を呑んだ。
ラストの「week...end」は圧巻のひと言。
一瞬たりとも目を離したくない、そう思わせる凄みがあった。
(本間夕子)
 
_AZA7713


ねごと

M1. ふわりのこと
M2. ながいまばたき
M3. B.B.B
M4. 新曲
M5. エイリアンエステート
M6. メルシールー
M7. week...end

お口ポカーンフェス?!クイックレポート ひとりごとステージ17:50~

【沙田瑞紀】

 2FのTimeOut Cafeを正面に見て向かって左側、少し奥まったギャラリースペース“KATA”は早くも満員御礼状態。今か今かと沙田瑞紀によるひとりごとステージのスタートを待ち侘びている。
ここでの演目は沙田によるDJと、なぜか“怖い話”という斬新な2本立て。
なにゆえ怖い話かと言えばツアーなど移動の車中で沙田が読み上げる怖い話がメンバーに大好評なのだという。これはちょっと期待しちゃうよ?
_AZD2466

 大きな拍手に迎えられ、やってきた沙田。まずは今日のために作ったというスペシャルなオリジナルトラックで緩やかに軽やかにぎゅう詰めのオーディエンスを揺らす。心地よさが最高潮に達しようかというとき、おもむろに「怖い話!」と斬り込んできた。
え、ここで? そんな場内の戸惑いをよそに、沙田は滔々と朗読し始める。ザッと要約するならば“貧乏旅行中の大学生が人けのない林で出会ったタクシーの話”なのだが……ごめん、まるで怖くない。
というか、フロアの大半がうつむいて、ククク、と肩を震わせているのはどうしたことか。
_AZE0533

次のステージで明かされたところによると、初見で読むのが面白かろうとマネージャーに探してもらったものらしい。絶妙なところで噛むわ、読みながら先に自分が笑い出してしまうわ、挙げ句「意味わかった? 私、わからなかったんですけどー!」とシャウト、“KATA”に爆笑の渦を巻き起こす始末。

それでも締めは、これまた沙田の手による「カロン-Mizuki Masuda Remix」でがっちりと盛り上げるのだった。 
(本間夕子)


沙田瑞紀

-DJ-
オリジナルトラック
~怖い話~
カロン -Mizuki Masuda Remix-

お口ポカーンフェス?!クイックレポート ねごとステージ17:00~

【ねごと】

早いものでイベントも折り返し地点。ねごとステージ3バンド目 ねごとは暗闇から始まった。
暗転した場内、黒幕の向こうからタフなドラムが響いてフロアに届く。
1曲目の「flower」とともにゆっくりと幕が開くと、今度は全身白の衣装に身を包んだ4人がおり、同時にステージいっぱいに楽曲をイメージ化した映像が映し出された。
ステージサイズの動くプロジェクションマッピングとでも言おうか、メンバーの白い衣装の上にも映像が流れていくのが趣深く、これまでのライヴでもたびたび視覚的演出を取り入れてきたねごとらしいステージだと思えた。
_AZA7310

 映像を主体としているため、ライティングは極力抑えられて4人の表情を視認することは難しかったが、とはいえ躍動感がすごい。はじめはパフォーマンスも控えめだったが後半へと向かうに従い、客席から見えていようといまいとお構いなしでダイナミックに動き回っているのがよくわかる。
さりげなく披露された新曲の推進力もしかり、視界が映像に占められているぶん、却ってねごとの楽曲に宿る聴覚的説得力が際立って感じ取れる。
_AZA7326

 ラストの「勲章」では、これまで4曲の映像にそれぞれ登場したモチーフが融合されて画面に現われ、その瞬間、これらはねごと自身を象徴しているのかもしれないと思った。雨に降られようと風にさらされようと、たゆまず果敢に歩を進めるその姿を。今日というこのステージこそはまさしく彼女たちが5年の歩みで掴んだ“勲章”に違いない。徹頭徹尾クールに貫き通した“カッコいいねごと”がここにはいた。
(本間夕子)

_AZE0434

_AZD2407


ねごと

M1. flower
M2. トレモロ
M3. 新曲
M4. nameless
M5. 勲章

↑このページのトップへ