_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9581.JPG

ドラマ「さくらの親子丼2」
最終回。
ご視聴ありがとうございました。

全8話の最後は、
ハチドリの家に住むみんなの
今と未来を、精一杯伝えたくて
沢山詰め込まれてはいたけれど、
それは、
みんなが精一杯生きているからなんだろうなぁ。と。
なので、皆さん
温かく見守ってくださって
有難うございました。

このドラマで、由夏を演じて、
色んな事を伝えたくて仕方がなくて、
まずは"子どもシェルター"という場所がある事を知っていただきたい、と。
これは、脚本家の清水先生からの、
願いとお言葉。
この作品の第一のテーマ。

それとね。


苦しい人は
SOSを出していいはずだし、
誰かに助けてもらっていいはずなのに

なんで現実では
悲しい事が
起こってしまうのか。

だから
このドラマから、
1人でも、多くの方が、
側にいる誰かにそっと目を向けて
自分だけができる、優しさの配り方を
して欲しい。
って。

ハチドリの子供達は
そんな
優しい愛で包みこんでくれる大人に出会って
少しずつ
自ら前に進めるのだと、思います。

このドラマは、
必ずハッピーではない事も
現実は上手くいかないという事も
教えてくれて、
それでも立ち向かう勇気や
時には逃げる大切さを
心に届けてくれました。


由夏ちゃん、そして
ハチドリの子供達、
みんなの
未来を応援しながら
わたしも頑張ります。

皆さま、
全8話本当に有難うございました。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9538.JPG


さくらさん、
由夏ちゃんを頼みます!!!
親子丼食べさせてあげてください。

由夏!
ちゃんと素直に
作ってくださいと、お願いしてください。


幸せでありますように!!!!





先日、無事
オトナの土ドラ「さくらの親子丼2」
クランクアップ致しました!

あぁ終わったんだ…

終わったー!

終わってしまったー

終わったのか?

そんな感じです。ずっと。

でも、
全撮影の
最後のシーン。


あの瞬間は
一生忘れないと思う

温もりと
安らぎ安心感、
緊張がふぁって溶けて
全身に力が入らなくなる感覚

というか、
とにかくホッとしてたんだ(笑)

あのシーンの撮影だったからこその
撮了時の達成感

(最終回の放送がまだ先なのでみんなには内緒)

さくらさんの
声が、
ぜんぶぜんぶ
漏らすことなく
由夏を通してわたしにはいってきた


大切にしたい言葉が
いっぱい胸に溢れて

とにかく
みなさんに
最終回をみていただきたい気持ちでいっぱい

もちろん最終回を楽しむためには
来週の6話も、再来週の7話も
みていただきたいのだけど。


最終回放送終了後に
また、このドラマについて書くので
それまでは
みなさんと同じように
視聴者としてワクワクしてようと思います。


という事で
まだまだドラマ「さくらの親子丼2」
宜しくおねがい致します。
s8sDmiXBA0.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8176.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8174.JPG



きっと、
このイベントが終わらないと
夏を終われない。
みたいな、
わたしにとって
大事なイベント。


Seventeen夏の学園祭


無事今年も
大盛り上がりで、お祭り騒ぎできました。


今年は、モデルの中で
最年長として参加しました

こないだセブンティーンはいったばっかりな
気もしているし、
ずーっと昔からセブンティーンにいたような
気もするし、
なんだか、不思議な場所なんだけど、
最年長となると、
不思議と心がキュッと硬くなって
頑張らなきゃっておもいました。

だけど
具体的に何をしたらいいんだ。。。
って思ったので

私にできることは、
丁寧にやろう、と、決めて
つとめました。


すずちゃんが卒業して、
寂しいなって思ったり
やっぱりすごいなって思ったり。

同い年だけど本当に尊敬できる存在なので、
しっかり、最後まで
頼らせていただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5840.JPG

すずっちゃん!!
卒業おめでとう!!!!


そして毎年のことだけど
読者の皆さんの
熱い声援と温かい眼差しは
本当に助かってます
有難う
みんながエネルギーをくれる分
私たちは成長しなければいけないし、
こんなに大勢の方が背中を押してくれるのは
凄く貴重だなぁって
毎年のことながら
今年もしっかり思いました。


今年は最年長だったからかな。
編集部の方とか、周りのスタッフさんとか
後輩モデルちゃんとか
読者の皆さんとか。
近くで支えてくれる存在の大きさを
凄く凄く実感して
幸せな気持ちになったり
ちょっぴり切なくなったり
素敵な感情が、心と頭でぐちゃぐちゃに
混ざりあっていて。
あぁ、頑張ろう恩返ししたいって
思いました。


セブンティーンみたいに
胸を張って50周年!!
と言えるようにわたしも
頑張らないと!!!
みんなのおかげで岡本夏美50周年です!と。笑


さてそんなことはさておき
50年間ずっと女の子の魔法の本でいる
「セブンティーン」
皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます。


今年の学園祭も
たのしかったね!!!!

みんなまたあおうね!!!


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5904.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5903.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5810.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5804.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5771.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5901.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5703.JPG



↑このページのトップへ