株式会社マルヒサは「Let's Enjoy Japan」を理念とし、日本はもちろん世界中の皆様に日本を楽しんでもらえるよう日々頑張っています。

6月30日、京都の多くの神社では、「夏越祭」が行われます。
1月から半年たった6月に、半年の罪や穢れ(けがれ)をはらい、残り半年間の健康を願う儀式です。

その夏越祭に使用されるのが、「茅の輪(ちのわ)」です。



「茅の輪(ちのわ)」とは、茅萱(ちがや)でできた大きな輪です。
その輪を無病息災を願いながら、左・右・左と8の字を描くようにくぐります。

その際、八坂神社では、「蘇民将来子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」と唱えながらくぐります。




「蘇民将来?何?」と思われた方も多いと思います。
これには逸話があります。
昔、スサノヲノミコトが南海に旅をした際、辺りで一番お金持ちの巨旦将来に宿をこいましたが、断られました。
そこで、次に訪れたのが、非常に貧しい蘇民将来の家です。
蘇民将来は快く受け入れて、精一杯のおもてなしをしたそうです。
それで、スサノヲノミコトは大変感謝して「蘇民将来の子孫」と名乗れば疫病から逃れるであろうといい残されたそうです。

ですので、「私は蘇民将来の子孫ですよ~」と言いながら「茅の輪(ちのわ)」をくぐるのです。


そして、「茅の輪(ちのわ)」をくぐった後は、健康を願って「水無月」というお菓子を食べます。
「水無月」は暑気を払う氷に見立てた三角形のういろう生地に邪気を払う小豆を乗せて蒸した和菓子です。
最近では抹茶味や黒糖味などもあります。

この「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、「水無月」を食べることで、京都ではようやく7月を迎えることができます。

7月はいよいよ祇園祭です。
今年は鉾建てのみにはなりますが少しでも夏の雰囲気を味わえればと思っています。

株式会社マルヒサ