京都 きもの京小町は「Enjoy!! KIMONO」を合言葉に店主も毎日着物を着て暮らし、 着物の楽しさを世界中に伝える着物店を目指しています。

昨日は京都でモデル撮影していました。

昨日のモデルは北脇可奈子さん。
フリーアナンサーの仕事やファッションコーディネートをアドバイスをするパーソナルアシスタントなどの仕事をされてます。

京都の方は結構ご存知の方も多いと思いますが、J:COMチャンネル京都「京上ル下ル」にも出演しておられます。

北脇可奈子さんのツイッターも是非、チェックしてみてください。
北脇可奈子(きゃなりん)のツイッターはこちらをクリック


昨日はこれから売り出すデニム着物の撮影もしていたのですが、たまたま私も同じデニム着物を着ていたので記念撮影(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4710.JPG

記念撮影はさておき、昨日の撮影カットをご覧ください。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4716.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4717.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4718.JPG

こちらの着物は全てカジュアル着物になります。

「着物」といえば
高級品とか格式が高いイメージがありますがここ数年でカジュアル着物と呼ばれるものが増えてきました。

人ぞれぞれにカジュアル着物の定義は違うとは思いますが、

私の中でのカジュアル着物は単純に着物が汚れても気にならない、リラックスして着れる着物だと思っています。

例えば、今日は大切な商談・ご挨拶もあり正絹(絹)の着物と羽織を着ていました。
その用事が終わると、デニム着物に着替えました。

同じ着物でも一日で着替えることも多々あります。

カジュアル着物に対して、フォーマルな着物は、先方に失礼があったらダメな時、自分の気合が入ってる時や、その場を少しでも華やかにしたい時、普段とは違った着物や着用シーンの時に選択します。
フォーマルな着物を着た時は背筋がピンとなり気合もはいります。

着物の場合はほとんどの方がフォーマル(成人式・七五三・結婚式・入学式・卒業式など)からスタートされることが多いと思います。

そんな時はどうしても堅苦しい思いをされる時も多いかと思います。

でも、先ほどのモデル写真は洗える着物・デニム着物になり、汚れても自宅の洗濯機で洗濯ができるし、シワにもなりにくく、お出掛けやお食事も気楽にお楽しみいただけます。

カジュアルな着物があるからフォーマルな着物の価値や良さもより体感できます。
また、フォーマルな着物しか着たことがない方は、カジュアルな着物を着ることにより新たな着物の楽しさを体感することができます。

弊社の理念
「Enjoy!! KIMONO」〜全ての瞬間を着物で笑顔に〜

は全てのシーンでの着物の楽しみ方を提供するということでもあります。

なかなか簡単ではないですが、少しずつ、一人ずつ丁寧に接客をさせていただき、
一人でも多くの方に、「Enjoy!! KIMONO」を体感してもらいます。

今日も京都・東京の実店舗、日本国内・海外のネットショップで「Enjoy!! KIMONO」頑張ってます。





【実店舗インフォメーション】



【WEBショップ】 世界中2万人以上の着物ファンにKIMONOをご提供中


【公式Line】 きもの京小町とラインでお友達になってください♪



現在、ブログランキングに参加してます! もしよろしければ投票よろしくお願いします♪



株式会社マルヒサ 京都 きもの京小町 店主 村井 洋仁

〒600-8427 京都府京都市下京区玉津島町296 TEL 075-344-1620

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-6-6 No.R日本橋人形町ビル2階 TEL 03-6661-7879