京都 きもの京小町は「Enjoy!! KIMONO」を合言葉に店主も毎日着物を着て暮らし、 着物の楽しさを世界中に伝える着物店を目指しています。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1015.JPG


こんにちは。きもの京小町店主の村井です。


普段から着物の仕事をしている中で大切にしていることは、

「着物」を提供するのではなく、「着物の楽しさ」を提供する。

「着物を着て楽しむ」には「着物」が必要になってくる。

だから「着物」を日本だけでなく海外でも気軽に安心して買っていただける店舗作りを日々頑張っています。


着物はまず高いというイメージがあります。

何を持って高いというのはもちろんそれぞれの価値観からも違っています。

私の感覚では、高い安いという金額の価値でなく、買った着物を気軽に着れるかどうかが大切な価値観だと思っています。

せっかく買ったのに高いお金を出しての汚したらだめ、傷をつけたらだめと思い一度も袖を通さない方もたくさんおられます。


15年前にネットショップをスタートした時点から下記の3つの価値観を変えようとしています。

・取り扱いが大変
・自分で着物が着れない
・着物は高い

取り扱いが大変については、
自宅でも簡単に洗えて、シワもつきにくい、ポリエステル素材や綿素材の着物をご提案したり、

自分で着物で着れないについては、
Youtubeをはじめとして着付け動画をたくさん作ったり、お買い物をしていただいた際に着付けDVDをプレゼントしてきました。

ちなみに、きもの京小町のYoutube動画は200万回超えるほどみなさんが動画を見て着物を一人で着ていただいています。

YouTube きもの京小町チャンネルはこちらからご覧いただけます
きもの京小町チャンネルはこちらをクリックお願いします


そして、着物は高いについては、

メーカーから全商品直接の仕入れ、そして販売に余分な経費を一切かけないようにして販売価格を設定しました。

少しでもお値打ちな価格で販売できれば、お客様も気軽に着物に袖を通せて着物を着る回数も増える。

たくさん着物を買っていただければ、メーカーや産地の生産数を増やすことができて職人さんにも喜んでもらえる。

こんな思いを販売価格に込めて一円でも安くご提供するようにしてきました。


よくネットショップをはじめてから
「そんなに安いのはおかしい!偽物じゃないか」と毎日電話がかかってきました(笑)

もちろん、偽物なんか取り扱いするわけはなく全商品正規ルートで仕入れています。


着物の場合は同じ商品でも販売価格は小売店が自由に設定しているので、販売する際の経費のかけ方も違い価格差が生じます。
これは商売として当たり前のことだと思っています。

大切なのは販売価格が高いや安いではなく、お客様が満足してお買い物していただき、着物を楽しんでもらうことだと思っています。

私の場合は、少しでもお安く販売して、着物を着てもらいたい一心で販売価格を設定しているだけです。
そして、先ほども触れましたが、たくさん着物を作れば、職人さんにも希望を持っていただけ着物が後世にも引き継がれていく。

例えば、現在開催中のセールを一度見てください
きもの京小町ネットショップはこちらをクッリクお願いします


今、目玉商品としてご用意しているのが
正絹袋帯29800円(お仕立て代込み)
正絹名古屋帯12800円(お仕立て代込み)
どちらも普通に買われると10万円以上で売られているのがほとんどです。

これからもたくさんの方に着物を楽しんでもらえるように、精一杯頑張っていきますので是非、京都 きもの京小町を応援お願いします。

そして、京都・東京の実店舗でも毎月着物を楽しめるイベントをご用意しております。
こちらも是非、下記の実店舗インフォメーションからチェックお願いします。


【実店舗インフォメーション】



【WEBショップ】 世界中2万人以上の着物ファンにKIMONOをご提供中


【公式Line】 きもの京小町とラインでお友達になってください♪



現在、ブログランキングに参加してます! もしよろしければ投票よろしくお願いします♪



株式会社マルヒサ 京都 きもの京小町 店主 村井 洋仁

〒600-8427 京都府京都市下京区玉津島町296 TEL 075-344-1620

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-6-6 No.R日本橋人形町ビル2階 TEL 03-6661-7879