月別アーカイブ / 2021年06月

株式会社マルヒサは「Let's Enjoy Japan」を理念とし、日本はもちろん世界中の皆様に日本を楽しんでもらえるよう日々頑張っています。

6月30日、京都の多くの神社では、「夏越祭」が行われます。
1月から半年たった6月に、半年の罪や穢れ(けがれ)をはらい、残り半年間の健康を願う儀式です。

その夏越祭に使用されるのが、「茅の輪(ちのわ)」です。



「茅の輪(ちのわ)」とは、茅萱(ちがや)でできた大きな輪です。
その輪を無病息災を願いながら、左・右・左と8の字を描くようにくぐります。

その際、八坂神社では、「蘇民将来子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」と唱えながらくぐります。




「蘇民将来?何?」と思われた方も多いと思います。
これには逸話があります。
昔、スサノヲノミコトが南海に旅をした際、辺りで一番お金持ちの巨旦将来に宿をこいましたが、断られました。
そこで、次に訪れたのが、非常に貧しい蘇民将来の家です。
蘇民将来は快く受け入れて、精一杯のおもてなしをしたそうです。
それで、スサノヲノミコトは大変感謝して「蘇民将来の子孫」と名乗れば疫病から逃れるであろうといい残されたそうです。

ですので、「私は蘇民将来の子孫ですよ~」と言いながら「茅の輪(ちのわ)」をくぐるのです。


そして、「茅の輪(ちのわ)」をくぐった後は、健康を願って「水無月」というお菓子を食べます。
「水無月」は暑気を払う氷に見立てた三角形のういろう生地に邪気を払う小豆を乗せて蒸した和菓子です。
最近では抹茶味や黒糖味などもあります。

この「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、「水無月」を食べることで、京都ではようやく7月を迎えることができます。

7月はいよいよ祇園祭です。
今年は鉾建てのみにはなりますが少しでも夏の雰囲気を味わえればと思っています。

株式会社マルヒサ

皆様へお願い

「京都を助けてください!」

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
株式会社マルヒサ代表取締役 村井洋仁です。

今、京都は大変な状況に陥っております。
緊急事態宣言により、京都の観光地・飲食店に全くお客様に来ていただくことができなくなり、営業を諦めているお店もたくさんあります。

そしてその影響をまともに受けた生産者さんやメーカーさんもどうすることも出来ず困窮されています。

私自身が京都府文化観光大使を拝命していることはもちろんですが
京都に生まれ、育てられ、仕事をさせていただいている恩返しを少しでもできればと、

緊急事態宣言中限定の地元京都の物産品を詰め込んだ復袋(復興福袋)を特別販売することになりました。

もちろん京都だけはなく、日本全国大変な状況に陥っている企業や店舗はたくさんあると思います。本来であればそのような商品も販売していきたいのですが、各地の企業で私どもと同じ思いで動いている方々もたくさんおられるはずです。

ですので、まずは私どもは地元京都に集中して皆様に「京都」をお届けしたいと思っております。

今回、私どもは利益度外視でとにかく生産者さんやメーカーさんにある商品を大量に販売すること、飲食店の皆さんに少しでも利益を得ていただくことのみを目的にやっております。送料だけはお客様負担とさせていただく旨、何卒ご理解のほど宜しくお願いします。

商品の方も私ども自信を持ってお届けしますのでどうぞご期待ください。

そして、コロナ禍が収まった際には是非、京都に遊びに来てください。

緊急事態宣言中限定での特別販売バージョン
全ての復袋をお買い上げの皆様には当店からの感謝の気持ちを込めて、6万枚突破の夏用和柄マスク1980円相当をプレゼントさせていただきます。

京都ふっこう復袋ラインナップはこちら

ご購入はこちら


ご購入はこちら

ご購入はこちら

ご購入はこちら
お家で京都を楽しんでください。

是非、京都の応援よろしくお願いします。

株式会社マルヒサ

↑このページのトップへ