月別アーカイブ / 2017年10月

京都 きもの京小町は「Enjoy!! KIMONO」を合言葉に店主も毎日着物を着て暮らし、 着物の楽しさを世界中に伝える着物店を目指しています。

本日は嬉しいお知らせです!

11月1日よりドバイで浴衣や着物を販売することになりました。
もちろんドバイには初出店です。

今まで、フランス・イタリア・アメリカ・ジャカルタ・タイで着物や浴衣を販売してきましたが、初めてのアラブ進出です。

IMG_2663.JPG


11月1日より約半年間の期間で開催され、500万人以上のお客様が来場する、「Global Village」に出店して浴衣を中心に販売することになりました。

Global Village 日本語情報ページはこちらをクリックお願いします


今までも日本だけでなく、世界の子供たちに浴衣で笑顔になってもらいました。

IMG_1307.JPG


IMG_1316.JPG


今回も子供用の浴衣や甚平をたくさんご用意しています。

今回もたくさんの子供たちにドバイで笑顔になってもらえたら最高です!!

「Enjoy!! KIMONO」in ドバイ  
是非、ご期待ください。



【実店舗インフォメーション】



【WEBショップ】 世界中2万人以上の着物ファンにKIMONOをご提供中


【公式Line】 きもの京小町とラインでお友達になってください♪



現在、ブログランキングに参加してます! もしよろしければ投票よろしくお願いします♪



株式会社マルヒサ 京都 きもの京小町 店主 村井 洋仁
株式会社マルヒサ ホームページ

〒600-8427 京都府京都市下京区玉津島町296 TEL 075-344-1620

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-6-6 No.R日本橋人形町ビル2階 TEL 03-6661-7879

京都 きもの京小町は「Enjoy!! KIMONO」を合言葉に店主も毎日着物を着て暮らし、 着物の楽しさを世界中に伝える着物店を目指しています。

着物を毎日着るようになってからの一つの夢が、「着物で高知の桂浜に行きたい」がありました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5037.JPG


小さい頃から坂本龍馬が大好きで、一番最初に読んだ本も坂本龍馬でした。


今まで日本国内色々な所に仕事やプライベートで行っていましたが、高知県は数少ない行ったことがない県に残っていました。

そして、先日やっと高知に行くお仕事があり1泊2日で初高知を体験してきました。


1日目は仕事で全て時間が埋まっており、2日目の朝から飛行機が飛ぶまでの時間にやっと桂浜に行くことができました。


桂浜の手前にある巨大な龍馬像に圧倒されました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5026.JPG

龍馬の誕生日と命日である11月15日を絡めての約2ヶ月間は「龍馬に大接近」というイベントが開催され、仮設の足場で作られた簡易の展望台に登ると、龍馬像の真横に立って、龍馬と同じ視線で太平洋を見ることができるということで入場料100円をすぐに払い展望台に登りました。

冒頭の写真はここからの風景で龍馬と同じ方向を見てました(笑)
※ちなみに展望台には私一人で何回も自分で取り直しました。。。

そこからの龍馬像の景色がこれ。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5033.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5034.JPG

坂本龍馬のお話を書くとかなりの長文になるのでそこは端折りますが、

自分も着物の仕事を今している中で色々感じることがあります。
もちろん過去を否定することはありませんが、新しい着物の世界を作る必要があると思います。

だからこそ、京都だけでなく日本全体を見て、そして海外で着物の楽しさを伝えることにより新しい着物を楽しめる世界を作って行こうと思っています。

龍馬とまではいきませんが、強い信念を持って、仲間をたくさん作り、そして視野を広げ、視座を高く保ちながら、今日も「Enjoy!! KIMONO」を頑張っていきたいです。

余談になりますが、
一番の大好物がかつおということでかつおも堪能してきました。
ひろめ市場最高でした。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5041.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4994.JPG


京都も含めて、歴史が残る場所は着物が似合います。

私が着物を着ていて楽しいと思える瞬間はそんな瞬間です。

今回は高知でまさに着物だからこそ感じたことがありました。
桂浜でしばらく海を眺めていた時の鳥肌が立つような興奮はしばらく忘れられません。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5027.JPG


みなさんも是非、着物で日本のよき土地を楽しんでみてください。


10月20日〜22日は東京店に毎日おります!是非、遊びに着てください。
京都 きもの京小町 東京店 「男のきものフェア」開催中
東京店インフォメーションはこちらをクリックお願いします!



【実店舗インフォメーション】



【WEBショップ】 世界中2万人以上の着物ファンにKIMONOをご提供中


【公式Line】 きもの京小町とラインでお友達になってください♪



現在、ブログランキングに参加してます! もしよろしければ投票よろしくお願いします♪



株式会社マルヒサ 京都 きもの京小町 店主 村井 洋仁
株式会社マルヒサ ホームページ

〒600-8427 京都府京都市下京区玉津島町296 TEL 075-344-1620

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-6-6 No.R日本橋人形町ビル2階 TEL 03-6661-7879


京都 きもの京小町は「Enjoy!! KIMONO」を合言葉に店主も毎日着物を着て暮らし、 着物の楽しさを世界中に伝える着物店を目指しています。

今日は男性のみなさんへのブログになります。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4956.PNG


毎日、着物を着て、国内・海外・仕事・プライベート問わず過ごすようになって約8年になります。

着物を毎日着るまでは、

・着付けが難しいのかな?
・汚した場合はどうしよう?
・普段の生活で不便はないのかな?

と、色々な不安がありました。

実際に着てみると

・着付けは約3分でできる
・汚れそうなシーンでは洗える着物を着る
・不便なのは目立ってしまう(笑)

という結果でした。

そして何よりも着物を着て良かったと思うことは

「日本」の良さを再発見!!

できたことでした。

着物を着ることにより、

日本の伝統文化に興味が沸いたり、お正月の初詣などの伝統行事では気持ちの入り方が代わりました。

そして特に海外に行った時に現地のみなさんにいっぱい写真を撮られたりと改めて、世界中の方々から着物(日本)がリスペクトされていることも知り、日本人として誇りを感じました。


初詣も着物で行くと写真映りがマッチするのはもちろんのことですが、着物を着て、帯を締め、羽織を着てお詣りすると心から日本で生まれて良かった、現在までの伝統が継承されていることを毎年体感しています。


世界中を見渡しても、これだけ長い間継承され続けられている男性の民族衣装は着物だけです。

一人でも多くの方に着物の楽しさを知っていただきたく、現在、東京店では「男のきものフェア」を開催しております。

今回は

・伝統的な正絹の着物・羽織
・木綿着物
・ポリエステル着物
・デニム着物
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4954.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4955.JPG


とフォーマルな着物から、普段汚れを気にせず楽しめるカジュアルな着物をたくさん用意しております。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4959.PNG

なかなか一度にこれだけの男着物を見れるタイミングは本当にありません。


色々な種類の着物を見てもらうだけでも楽しいフェアになっております。


また、10月20日〜22日は私も東京店で毎日着物で過ごしている視点からのコーディネートや着付けのアドバイスもさせていただきます。

今なら、お誂えしてもお正月に間に合います。

是非、みなさんの着物デビューを応援させてください。

そして、一緒に「Enjoy!! KIMONO」できれば最高です!!


京都 きもの京小町 東京店 「男のきものフェア」開催中
東京店インフォメーションはこちらをクリックお願いします!



【実店舗インフォメーション】



【WEBショップ】 世界中2万人以上の着物ファンにKIMONOをご提供中


【公式Line】 きもの京小町とラインでお友達になってください♪



現在、ブログランキングに参加してます! もしよろしければ投票よろしくお願いします♪



株式会社マルヒサ 京都 きもの京小町 店主 村井 洋仁

〒600-8427 京都府京都市下京区玉津島町296 TEL 075-344-1620

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-6-6 No.R日本橋人形町ビル2階 TEL 03-6661-7879

↑このページのトップへ