heisei_sho.JPG



4月の最終日、生憎のお天気ではありますが
連休いかがお過ごしでしょうか。


昨日、29日昭和の日には
東京・吉祥寺STAR PINE'S CAFEにて
平成最後のライブ「Music Elements ー南壽あさ子トーク&ライブー」を
開催いたしました。

午前の部の開場は10時!
みなさん、朝早くから集まってくださり本当にありがとうございます。


<午前の部> 
Music Elementsは、ヤマハミュージックジャパンの企画。
音楽をハイスペックオーディオで視聴し、
生のライブもお届けするという、ありそうでなかったイベント。

午前の部では以下の音源を視聴しました。


♪「どんぐりと花の空」
春のうららかな休日の朝、お集まりいただいたみなさんに
まずこの曲をお届けしたいと思いました。

二十歳の頃から曲を描き始め、
「月夜ガラス」「フランネル」につづき3曲目に描いたうた。
どうしてもシングルにしたかった・・・というお話も交えて、
CDで聴いていただきました。

その後のライブでも演奏したので、
音源とライブとで受ける印象が違う、というお声も聞かれました。



♪「What A Wonderful World」/ ルイ・アームストロング
アメリカでは中ヒット止まりだったけれど
全英でチャート1位を獲得したこの曲。
当時、時代の流れや、人の受け止め方が様々だったのかもしれませんが、
今も多くの人に聞かれる、愛に満ちた曲ですね。

彼の意外な音楽との出会いの話を交えながら
ハイレゾ音源で視聴しました。


♪「Nobody But You」/ ジェームス・テイラー
最近の癒し。アルバム『One Man Dog』から。
切ないメロディと甘くやさしい唄声に心がほぐされます。
キャロル・キングとお友達で、彼女の才能を見い出し
ステージにあげて歌わせたというエピソードも。
人柄がそのまま声に表れているようです。


♪「Shenandoah」 / 南壽あさ子
特別に最新作品からお届けしました。
マスタリング前の音源。
エンジニアのラファ・サーディナさんがミックスをしてくださいました。
天井のない声の響きが感じていただけていたら
いいなあと思います。

今回のトークはいつもより短く50分ほどでしたので
あっという間でした。
でもその中で濃縮した時間を過ごせたように思います。

そして、ライブです。

==================
午前の部LIVE
1. どんぐりと花の空
2. 雲の通り道
3. 例え話
4. 勿忘草の待つ丘
5. 歌うことだけ

encore
6. flora
==================

本編最後の「歌うことだけ」でこれからの意思を表し、
アンコールの「flora」では
あたらしい時代に、ひとりでも多くの人がしあわせな気持ちを
持っていられるよう願いを込めました。


さて、物販・サイン会が終わり間も無く、午後の部がオープンしました。
<午後の部> 

もちろん、午前と午後では
選曲もライブの曲もかぶりなしです!
(「Shenandoah」を例外として)

選んだのは以下の曲。

♪「ロマンティック街道」
アルバム『forget me not』のCDから。
はじめてフェードアウトする楽曲を作ってみたいと思いました。
最後の鈴木茂さんのギターソロを、あともう少し聴きたいな・・・
というところで下げてしまうところがミソです。
(本当はもう少し長く弾いていただいています)
視聴しながら、レコーディング時、何度も何度も
「どこのポイントで切るか」を考えていたことを思い出しました。


♪「Libertango」/ ヨーヨー・マ
リベルタンゴは「リベルタド=自由」と「タンゴ」を組み合わせた造語。
中学時代にMDに入れてよく聴いていました。
心をざわつかせるような、タンゴのノリが当時は新鮮に感じていました。

この曲ではハイレゾとアナログの聴き比べ。
お客さんと同じ場所に座って聴いてみると、
違いがよ〜くわかりました。
こればかりは好みなので、どちらがいいかはそれぞれが
判断するものだと思いますが、
この曲に関しては甲乙つけがたかったです。


♪「はいからはくち」/ はっぴいえんど
はっぴいえんどの解散ライブを収録したCDから。
観客の熱気も、ステージ上の勢いもよく伝わる音源。
ちょうど先日、鈴木茂さんのソロアルバム『BAND WAGON』
発売45周年ライブに行ってきたばかりで、
その時にはっぴいえんどの曲を多数披露してくださり(とても貴重)、
その中で「はいからはくち」の演奏が特に嬉しかったので
これを選曲してみました。
いつか「鈴木茂、大瀧詠一を歌う」という企画も・・・という
お話をされていました。ぜひ実現してほしいですね。

bandwagon45thlive.jpg


茂さんには日本での新作レコーディングに参加していただいています。
ぜひ楽しみにしていてください。

最後は午前の部同様、「Shenandoah」をお聴きいただき
ライブへと移りました。


==================
午後の部LIVE
1. 回遊魚の原風景
2. ロマンティック街道
3. 月夜ガラス
4. がんばるひとへ
5. forget me not

encore
6. フランネル
==================


実はここ吉祥寺STAR PINE'S CAFEは、
わたしが大学時代からライブをし、ここで演奏していたことがきっかけで
今の事務所に所属することになったという縁のある場所です。
(きっかけとなったライブも「回遊魚の原風景」が1曲目でした)

ここで平成最後のライブを締めくくることができたのも
なんだか感慨深く感じました。


視聴をした「ロマンティック街道」をライブでも演奏し、
「forget me not」で締めくくり。
アンコールをいただき、平成最後の楽曲は「フランネル」となりました。

frannelflower.JPG


最後はなんだか、とてもさみしい気持ちに。
それぞれお越しくださったみなさま、どうもありがとうございました。


20190429吉祥寺.JPG


さて、あと数時間で平成が終わりますね。
令和の時代も、みなさまにとって
心穏やかで快いものになりますように。


    南壽あさ子