いそがしく時計の動く師走です。
あなたは、いかがお過ごしですか?

わたしは無事、2018年すべてのライブを終えることができました。

今日のそのライブのお話と、お知らせをさせていただきます。


先週金曜日、14日には
夜、文化放送にて「ガキパラ」に生出演しました。
武田真治さん、岡部磨知さん、アナウンサーの砂山圭大郎さんが出演する番組で、
その中のYamaha presents「みゅ〜ぱら」というコーナーに登場。
おふたりとともに「冬の旅人」のセッションもさせていただきました。
この日、武田さんはお仕事の関係で生放送のスタートに間に合わず、そのためリハーサルのない状態で臨んだにも関わらず、とても素敵な音色を奏でてくださり感謝です。


またこの日は、まもなく武田さんのお誕生日!ということで、冒頭で「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」の唄と、プレゼントをお渡しさせていただきました。

お聞きいただいたみなさん、どうもありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8882.HEIC

土曜日、15日は秋葉原へ。
「ポタフェス2018」に出演!
ポタフェスは、ポータブルオーディオフェスの略。
国内最大のイヤホン・ヘッドホンの展示会なのです!

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9057.JPG

今年はオーディオのイベントへ多数参加していた経緯もあり、イヤホン・ヘッドホンの聴き比べで、どれだけ音が変わるかを体験していたところでしたので、
とてもよい機会をいただきました。

それにしてもすごい人!
二日間で53000人の来場者だったそう。
これだけ興味のある人がいるのだと考えると、音楽を作る立場として身の引き締まる思いですね。

ライブの前に、S'NEXTのブースにお邪魔して視聴をしました。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9058.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9059.JPG
人混みの中でもしっかりと細かな音も聞こえました。
実際、たくさん人はいますが、みんなイヤホン・ヘッドホンで視聴をしているので
とても静かなのですが・・・。

そして、夕方からの本番では
20分の時間をいただき演奏。
リハーサルもしていたので、そこで気になって本番を見に来てくださった、という方も。
きっと音楽を聴くことにこだわっていらっしゃる人たちばかりなので、
わたしも音にこだわりながらリハーサルをし、唄を届けました。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8893.JPG

ちょうど夕方のタイミングだったので
次第に空が暮れてゆくのもステージから見えて、時の経過を感じました。

ライブが終わるとすっかり暗くなり、物販サイン会は屋外のテントでおこなったため、お待ちの方はとっても寒かったことと思います。
しかしたくさんの方にお並びいただき、あたらしい出会いもたくさんあって感謝の一日でした。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8894.JPG

そしてそのまま、静岡県へ向かいます!


16日(日)は、静岡県浜松市へ。
新東名高速道路のNEOPASA浜松(上り線)内にあります「Music Spot」にて
『南壽あさ子ハイウェイスタンプの旅〜NEXCO中日本完走記念プレミアムコンサート〜』を開催しました。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9034.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9025.JPG

5月から始めた、NEXCO中日本のハイウェイスタンプを全部集める旅。
同時に、そこで撮った写真をツイッターやインスタグラムに掲載してきました。
普段使わない道があったり、夜が遅くて閉まってしまったりといろいろありましたが、
それぞれのパーキングが工夫して、土地の魅力を生かそうと努力しているのが
よく伝わってきて、それはくまなく回らなければ気付けなかったことだなあと思っています。
ライブをしていると、移動して、観光もせず演奏して帰ってくることが多いため、
サービスエリアやパーキングエリアに立ち寄るおかげで、その土地にいる実感を持つことができるとおもいます。

一個人が始めたものが、だんだんと大きくなり・・・中日本エクシスさんのご厚意で認定式をおこなっていただくことになり、うれしはずかし。
フィナーレを飾る会場は、ピアノのある「NEOPASA浜松」が良いだろうというお話になり、ヤマハミュージックジャパンにも協力していただくことに!
そして、認定式にプラスして計三回のライブと、ヤマハとのオーディオ企画「Music Elements」のミニバージョンを行うことになり、
図らずも、この日はわたしの下半期の集大成というような内容になってゆきました。

イベント前に、最後のスタンプを押しました。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9013.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9012.JPG
ここが一度目の、ぐっときたポイント。
なにかを達成するって、やはりうれしいものですね。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9060.JPG

そして、「Music Elements」。
良いスピーカーで音源の視聴をしてもらい、エピソードをお話しするのですが
普段1時間半しゃべっているのを15分に短縮したため、途中思考が停止するところもありました。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9028.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9024.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9026.JPG
そして認定式。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9052.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9051.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9049.JPG
みなさんにおめでとう!とお言葉をいただきうれしく思いました。

そしてなんと、ここでNEXCO中日本のキャラクター・みちまるくんが登場!
ここが二度目のぐっときたポイントでした。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9042.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9043.JPG
旅の間、いたるところで発見していたみちまるくん!
はじめて生でお会いできてしあわせでした。

さらに、みちまるくんのために作ってきた「みちまるくんのマーチ」を披露!
こちら非公認なのですが、みちまるくんが一緒に踊ってくれました!

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9039.JPG
いつか公認になるといいな・・・。

計3回のイベント。
たくさんの人が停まって休む場所なので、行き交う人もなんだろう?と気にして見てくれました。

また旅を生かしたおもしろいことができたらいいなと思います。
立ち会ってくれたみなさま、どうもありがとうございました!


さて、翌日(月)には、
四谷のカトリック麹町 聖イグナチオ教会で演奏会がありました。

実はこのイベントには、わけが。

この日の午前中、
映画「おかあさんの被爆ピアノ」の製作発表がありました。
実は、この映画でわたしは
はじめての映画主題歌を担当させていただくことになりました・・・!

さらに、
ヒロインの祖母の役(!?)として出演も決定しております。

このお話は、日本に数台しかない被爆ピアノを修復し、全国で演奏会を行っている調律師の矢川光則さんをモデルとした物語。
主演は、俳優の佐野史郎さんと、今回映画初主演となるAKB48の武藤十夢さん。
製作発表では監督の五藤利弘さんをはじめとし、調律師の矢川さんや出演者が登壇し、それぞれの思いを語りました。


武藤十夢(AKB48)、佐野史郎とW主演を務める映画『おかあさんの被爆ピアノ』製作発表に登場!
人気アイドルグループ・AKB48の武藤十夢(むとう とむ)が俳優・佐野史郎と共にダブル主演を務める映画『おかあさんの被爆ピアノ』の製作発表が、本日2018年12月17日(月)、東京・南青山MANDALAにて開催された。 本作は、広島の原爆から奇跡的に焼け残った"被爆ピアノ"と被爆2世である調律師・矢川光則の実際の話から着想を得たオリジナル映画で、五藤利弘監督が手がける。佐野史郎とAKB48 の武藤十夢のW主演、ヒロインの父親役に宮川一朗太、ヒロインの祖母役と主題歌で南壽あさ子を迎え、クランクインする。本日の製作発表には、佐野史郎演じる・被爆ピアノの調理師役のモデルとなった、矢川光則氏も登壇した。
actresspress.com
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8922.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8920.JPG

先週訪れた取手市の北山小学校も、わたしがお邪魔したのはそのような経緯があり、
今回の四谷での演奏会については
映画の製作発表を受けての発案でありました。

わたしにとっては二度目の被爆ピアノでの演奏でしたが、一度目と二度目ではまた音が変わったような気がし、
それがとても印象に残っています。

家庭にあったアップライトピアノなので
少しこもった小さな音なのだろうと想像していた初対面では、それとは真逆のはっきりとした力強い音に驚きました。
二回目も、はっきりとした音色には変わりないのですが、気温や湿度や空間のせいか、もうすこし柔らかい印象を受けました。
せっかくさまざまな場所で弾ける機会をいただいたのですから、そのような細かな違いをこれから観察して、ピアノと対話してゆけたらと思っています。

聖イグナチオ教会では、監督や矢川さんのお話があったあと、朗読の時間。
そしてわたしの演奏でした。
アップライトピアノでの弾き唄いは難しかったですが、なによりこのような貴重なものですから大切に向かいました。

そして最後に、映画の中でキーとなるベートーヴェンの「悲愴 第二楽章」を演奏。
わたしの今年のライブは、未来へつながりながら幕を閉じました。

直接唄を届ける機会はこれで終わりました。
あとは今週末、来週末の「真夜中のsoup」をよろしくお願いいたします。
(※bayfm 毎週日曜日 24:31〜)

また、本日発売の女性ファッション誌「リンネル」では
特集"冬のベストスタイル100"にちらっとだけ載っています。
よかったら見てみてくださいね。

それから、現在池袋のサンシャイン劇場で公演中の、
演劇劇団・キャラメルボックスによる舞台「リトル・ドラマー・ボーイ」の中で
わたしのある楽曲が挿入歌として使用されています。
興味があればぜひ、こちらもよろしくお願いいたします。

それでは、すっかり寒くなってきましたので
あたたかくして過ごしてください。

       南壽 あさ子