面白い雲の空.JPG



まだまだ暑さの厳しい日が続いていますが、
夜には少しずつ涼しい風を感じられる今日このごろ。
あなたは、いかがお過ごしですか?

わたしの8月のライブは、ゆっくりとスタートしました。
今日は、今月のライブをちょっとずつ振り返りたいと思います。


♪8月19日(日)
「"昼下がりのランチショー"【出張編】〜南壽あさ子リクエストライブ〜vol.13」
 in 大阪・南堀江knave



大阪に来るのは2月のワンマンライブ(「forget me not」tourバンド編)以来で、
ライブ自体もひさしぶり。

お昼の時間帯に大阪でワンマンライブを開催するのも
はじめてだったと思います。

リクエストライブは今まで東京のみでの開催でしたが、
遠方からお越しくださる方たちによく
「ぜひ地元での開催を!」という声をいただいていました。

そして13回目にして、ついに「出張編」という名のもと
大阪でのリクエストライブが実現しました。

たくさんの方が集まってくださり、チケットはソールドアウト!
リクエストの票が一番集まったのは「かたむすび」でした。
複数票集まった曲をすべて演奏し、ワンマンライブは終了。

この日から、なすとら(ファンクラブ)限定で
販売を開始した「なすとらピンバッジ」も大好評!
お気に入りの帽子やバッグ、シャツなどにつけてくれたら
うれしいです。

なすとらピンバッジ.JPG
<「なすとらピンバッジ」は2個セット!公式HPでも販売中>
なすとらピンバッジ ページ


大阪だけでなく各地からみなさん駆けつけてくださいました。
お越しくださったみなさん、どうもありがとうございました。
次は9月30日に京都での出張編も予定しております。
そのほか、これからも少しずついろんな場所で行えるよう、
努力したいと思います。




♪8月23日(木)
幌加内小学校での音楽の先生

車とフェリーで、北海道へ!

告知をしている札幌の公演の前に、
幌加内町(ほろかないちょう)という場所へ行きました。

幌加内町は以前、「新そば祭り」に出演したことがあり、
はじめての釣りや、そば打ち体験もし、
それからずっとつながりのあった場所です。
過去記事:「北海道旅行記」


幌加内そば.JPG
<幌加内そば>


去年末には浅草の「まるごとにっぽん」で
幌加内町の企画でライブをしたこともありました。
そうしてお互いにとても良い関係を築いてきました。
過去記事:「師走のニュースぞくぞく」


このように、頻繁には訪れていなくても
常に心の片隅にある町があります。

今回、札幌に行く機会を得たので
幌加内町にも行って何かできないかと考えました。
お祭りの時期ではないですし、大きなイベントを行うことも難しいので
打ち合わせを経て、子どもたちに向けて音楽を教えるというのはどうか?
という話になりました。

そうして幌加内町にある2つの小学校
幌加内小学校と朱鞠内小学校で、1日音楽の先生をすることに。

1日目の幌加内小学校は、
1〜6年生で49名。

みんなが遊ぶ場所であるプレールームに、
給食の後みんなを集めて行いました。
自己紹介をして、「積水ハウスの歌」と「勿忘草の待つ丘」を披露。

積水ハウスの歌は見事に全員知っていて、
とても喜んでもらえたのでよかったです。
あらためて、この歌が長くずっと歌い継がれてきたことに
驚き、感謝しました。


授業ではドレミファソラシドの音符の書き方、場所を覚えて、
なめらかに弾けるようになる練習。
そして意外と書けない「ト音記号」を書く練習。
最後に、みんなで「さんぽ」の合唱をしました。


幌加内小学校.JPG
<みんなで合唱!>



プレールームに大きな声が響き渡り、
清々しい45分の授業が無事終了しました。


この日驚いたのは、突然のTV取材!

北海道のさまざま町をまわって突撃する
北海道の人気番組「今日ドキッ!」が、
ちょうどこの日、幌加内町に訪れていたらしく・・・

しかしこの時はなかなか目新しいものに出会えずに、
役場にテレビクルーが訪れ「なにかないですか?」と。

そこでわたしの授業のことを伝えたら
ぜひ取材したい!と言ってくださり、小学校に取材に
きてくださいました。

それにしても、突然だったので
インタビューを受けたときも出し抜けで、
おそらくわたしは驚いた顔をしていると思います。

そんなインタビューや授業の模様は
8月31日(金)の夕方16時頃、
HBC北海道放送の「今日ドキッ!」の中で流れる予定です。
北海道のみなさん、よかったらぜひご覧ください。


この日の夜は、役場のみなさんと湖のそばでバーベキュー。
町長も交えて、一日を振り返ったり近況を話したり、
他愛もないお話で盛り上がり、とっても楽しい時間を過ごせました。


朱鞠内湖2.JPG
<朱鞠内湖にて>



♪8月24日(金)
朱鞠内小学校での音楽の先生

幌加内町にあるもうひとつの小学校、朱鞠内(しゅまりない)小学校は
全校生徒が10人のとてものどかで優しい時間が流れるところ。

音楽室でリハーサルがてらピアノを弾いていると、
子どもたちがちらっと覗きに来たり。
午前中の長い休み時間には、みんなで一輪車の練習をしていました。

そのあとで、音楽室でのわたしの授業。
みんなが時間より早く集まってくれたので、
校長先生が「チャイムをとめましょう」とひとこと。

チャイムが鳴るのを止めて、授業を始めました。
ひとりひとり点呼をすると、みんな元気よく手をあげて「はい!」。

ドレミファソラシドの練習では、
ひとりずつグランドピアノに呼んで、弾いてもらいました。
長〜いグランドピアノでは、「ド」の場所がどこか、
とっさにわからなくなってしまうものだけど、
「どこだっけ?」と言いながらみんなとっても上手に弾けていましたよ。

今回わたしがはじめて音楽を教えるにあたって、
「自分が小学生だったら、何を教わりたいだろう」ということを考えました。
大人になっても、子供のころに出会った人や教わったことは
強烈に覚えていたりすることがあるので、
貴重な時間を与えてもらったからには
なにかはじめての体験をしてもらったり、知っている話の中にも
「そうなんだ」と思うことを伝えられたり、大人になっても大事になる考え方などを
伝えられたらいいな、と思いました。

音楽の先生の様子.JPG
<ぷりんとを使ってドレミを覚えよう>



うまくいったかはわかりませんが、
この子たちにとって少しでもこれからの役に立つことが
教えられたならうれしく思います。

同時に、先生たちの大変さというのも改めて痛感しました。
わたしは45分の授業でいっぱいいっぱいなのに、
実際に先生たちはそれを1日中。春夏秋冬、しているわけですね。
授業が終わっても、採点をしたり、テストを作ったり
授業の内容を考えたり、行事の準備をしたり・・・
想像するだけでも本当に大変です。

その先生たちが、わたしの授業のあと
ひとりひとり話しかけにきてくれたり、
すごく感動したと言ってくれたりして、
ありがたいなあと思いました。


帰るときには、子どもたちが外まで見送りにきてくれました。
育てている朝顔も見せてくれました。

車が角を曲がるまで、曲がってからもサイドミラー越しに
大きく手を振る子どもたちがいて、
この子たちがこのまま元気にしあわせに育ってほしいなと
心から思いました。


2日間、本当にありがとうございました。

朱鞠内小学校.JPG




♪8月25日(土)・26日(日)
「Music Elements ー南壽あさ子トーク&ライブー」
札幌・CAVIN大阪屋


週末には、札幌へ。
幌加内から、3時間ほどかけて移動します。

大阪屋さんは、大阪で始まった老舗のオーディオ・ホームシアター専門店。
北海道に進出した際に、居心地が良かったのでそのまま定着していったそうです。

「北海道なの?大阪なの?」という問い合わせもいただきましたが、
そういうわけなのです。


CAVIN大阪屋のみなさんは
浜松での同イベントの際に見にきてくださっていて、
趣旨や内容もすでに共有できていたため、首尾よくスタートしました。


札幌ハイレゾイベント.JPG
<トークの様子>


1日目には視聴コーナーでQUEENの「Bohemian Rhapsody」をわたしからリクエスト。
もともと「コーラスの妙をぜひ良いスピーカーで聴いてみたい」という意図だったのですが、
オリジナルバージョンともうひとつ、ライブバージョンがあり、
このライブバージョンを聴くと、その圧倒的な歌唱力、パワフルさと
会場の観衆の興奮や熱気がそのまま伝わってきて、
「むしろこちらを聴いてほしい」と思い、
結局両方視聴していただきました。

ハイスペックのスピーカーでの視聴は毎回感動しますが、
この曲は過去最高だったと思います。

CAVIN大阪屋.JPG
<記念写真>


2日目にリクエストしたのは
井上陽水さんと玉置浩二さんの「夏の終わりのハーモニー」。
視聴したのは井上陽水&安全地帯のライブバージョンでした。

夏の終わりをみなさんと体感したくて選曲しましたが、
まさにその通りとなり、日本の夏を感じながらじんわり振り返ることが
できたと思います。

他にも同じ曲でCD、ハイレゾ、アナログでの比較をしたり
音楽の聴き方は多様で、好みもあり、その人にあったものを見つけるのが
一番いいな、と実感した有意義な時間でした。

2日目にはなんとニュージーランドから
お越しくださった方もいらっしゃいました。

北海道ライブ.JPG
<ライブの様子 ぼけてますが・・・。>


2日間、それぞれお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。


CAVIN大阪屋さんは日本でも有数のオーディオ・ホームシアター専門店です。
CD、レコードのほか国内外の大型スピーカーやアンプ、アナログスピーカー、
アクセサリー、プロジェクターなど各階に取り揃えられていました。
札幌へお越しの際は、ぜひお気軽に立ち寄ってみてください。

イベント後のレポートを書いてくださいました
 キャビン大阪屋イベント情報


工事中の時計台.JPG
<札幌といえば時計台!・・・あれ?工事中・・・>




♪8月28日(火)
「Music Elements ー南壽あさ子トーク&ライブー」
東京・南青山MANDALA


8月最後のイベントは、おなじみの南青山MANDALAにて。
いわゆるライブハウスでハイレゾイベントを行うのは初めてです。

いつもライブをしている場所に、
スピーカーや調音パネルなどをセッティングすると
いつもと違って不思議な感じがします。

この「Music Elements」というイベントは
ヤマハオーディオジャパンの稲垣さんとともに、
わたしがミュージシャンサイドからの話をし、
各地のオーディオショップの方に司会進行をしていただきながら
オーディオの話も伺うというスタイルで行っています。


今回は東京から、アナログを中心に音響機器の輸入販売をしている
「オルトフォン」の山田さんをお迎えしながら、
アナログについての仕組みを聴いたり、
ヤマハの稲垣さんから「ハイレゾとは?」という疑問に答えてもらったりしました。

また「Landscape2」から「杏子屋娘」の映像を見ながら
高音質のスピーカーで音を体感してもらいました。
5年前の映像なので、すでに遠い昔のよう。
自分から映像を見返すことがないので、大変懐かしく(恥ずかしく)感じました。


第2部ではわたしのミニライブ。
夏の終わりを感じながら、「八月のモス・グリーン」や「パノラマライン」、
「勿忘草の待つ丘」「フランネル」などを歌いました。

お話と歌を聴いてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。




9月はリクエストライブがふたつ。
そのほか、毎週末の「真夜中のsoup」で
みなさんに会えるのを楽しみにしています。

朱鞠内湖.JPG
<またきます!>




    南壽あさ子