IMG_4991.jpg


海の日を過ぎ、間もなく子どもたちは夏休みを迎えます。

酷暑が続いておりますが、あなたは無事にお過ごしですか?



先週末、15日(日)には

鎌倉の老舗洋菓子店「歐林洞(おうりんどう)」にて

とってもスペシャルなライブがありました。


その名も、「南壽あさ子×田中章弘×伊勢賢治×小笠原拓海」。
 


田中章弘さんと伊勢賢治さんは

ユーミン(松任谷由実さん)のレコーディングやライブサポートをされている方。


そして小笠原拓海さんは山下達郎さんのもとで
2008年からレコーディングとライブに参加されているドラマーです。


ちなみにベースの田中さんは、達郎さんの初期のレコーディングにも携わっていたので、
ユーミンも達郎さんも敬愛するわたしにとっては、贅沢すぎる掛け合わせなのです。



連休とあって、鎌倉は暑さに負けず人でごった返していました。

去年末に、今年のお年賀用に着物の写真撮影に来たこともなつかしく感じられます。




歐林洞は、名前こそよく目にしていましたが、お店に訪れたのははじめて。

IMG_4990.jpg

 

白壁の洋館に足を踏み入れると、店員さんたちがとても丁寧に出迎えてくださいました。

2階にあがると、壁紙はレトロな花柄だったり、楽屋のガラスが「バカラ」だったり。
飾られている多彩な絵や置物に驚きながら、いざ、リハーサルです。

IMG_5024.JPG
 


窓から光が差し込む気持ちの良い部屋に、茶色いスタインウェイのピアノ。
軽く弾いただけで、部屋中によく響きます。

途中休憩を挟みながらいくつか確認と言いつつ、
そこまで演奏するつもりはなかったのに、結局ほとんどの曲をリハーサルで演奏してしまいました。



そして、メンバーと和気藹々、いろいろ話している間に、あっという間に本番。


IMG_4988.jpg
<本番前にパシャリ>


この日は2部制だったのですが、わたしにとってこの形式ははじめて。

さらに、あとから気が付きましたが一曲目からフルセット、バンドで演奏することもはじめてでした。


ライブはわたしの夏の唄「サンセット・サイド・ストーリー」からはじまります。

その後、小笠原さんが実際に音源でドラムを叩いているという「僕らの夏の夢」を演奏。
本物と演奏しているという感動を覚えます。

そしてユーミンメンバーにちなみ、「生まれた街で」もセレクト。
あえてカバーされることの少ない曲を選びました。



さらに意外性のある曲ということでメンバーが選んだ「I don't want to miss a thing」。
アルマゲドンのテーマソングです。

それをボサノバアレンジでやるというから、最初は驚きましたが
やってみて、なるほど!そういうこともできるんだな、と目から鱗。

これからもさまざまなカバーにチャレンジしたいと思いました。



お客さんの熱気は最初からすごくて、多少圧倒されましたが、
演奏するごとにさらに増していく様子も感じられて、互いに音楽を目一杯楽しんでいるなあ、
と噛み締めながら第1部が終了。


IMG_4989.jpg
<ライブの様子>
 


休憩時には、みなさんに1階へ降りていただき、紅茶と焼き菓子、飲める方にはワインをお出ししました。

わたしはあとからケーキをいただきましたが、その美味しいこと!

ベリーのゼリーに、下はビターチョコレートという組み合わせで、
濃厚だけどすいすいフォークの進む一品でした。


IMG_5027.JPG
<楽屋にて:わたしは左の品を選びました>



さて2部では、わたしの楽曲をメーンに、
途中伊勢さんのオリジナルの「Together」というインスト曲を演奏。

この曲は2020年東京オリンピックのビーチバレー公式テーマソングとなっていて、
音源でのピアノは松任谷正隆さん!そしてベースは田中さん。


演奏できることをうれしく思いながら、2年後に来たるオリンピックに少し実感が湧いてきました。


本編最後は、シュガーベイブの「Down Town」。
とても好きな曲だけれど、自分にはむずかしいかなと思っていましたが、
お客さんの力も借りながら楽しく終えることができました。



アンコールには、デビュー曲「フランネル」と、
最近カバーしているキャロル・キングの「You've Got A Friend(君の友だち)」を演奏。


たくさんの笑顔、笑い声、拍手を感じることができて、とってもとってもしあわせな時間でした。

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。


ちなみに、MCではメンバーで「ぜひ再演したいね」という話を。

そこに、「鈴木茂さまが入ったら最高ですね」ということなので、
いつかそんなさらにスペシャルなライブを開催できたら嬉しいです。


 IMG_5029.jpg

<もう一枚!再演を誓って。>


<過去ブログ>「"forget me not" tour2018 ~大阪・神戸・名古屋~」
<過去ブログ>鈴木茂さん参加「"forget me not" tour2018 ~東京篇~ in渋谷duo」



~~~~~~


2018.7.15

鎌倉 歐林洞

「南壽あさ子×田中章弘×伊勢賢治×小笠原拓海」


1st Set 

1.サンセット・サイド・ストーリー

2.パノラマライン

3.僕らの夏の夢(山下達郎)

4.生まれた街で(荒井由実)

5.Rose(ベット・ミドラー)

6.I don't want to miss a thing

(エアロスミス/映画「アルマゲドン」のテーマソング)

7.Piano Man(ビリー・ジョエル)

8.回遊魚の原風景


2nd Set

9.ビートラム

10.flora

11.八月のモス・グリーン

12.Together(伊勢賢治さんオリジナル/2020東京オリンピック ビーチバレー公式テーマソング)

13.杏子屋娘

14.Down TownSUGAR BABE


アンコール

15.フランネル

16.You've Got A Friend(キャロル・キング&ジェームズ・テイラー)


~~~~~~~~~~




そして翌日、16日の海の日には、

東京・等々力の雑貨店「巣巣」にて

作家・作詞家の高橋久美子さんの呼びかけによるチャリティーライブ
We Love ふるさと」が開催されました。


久美子さんの地元である愛媛県。

西日本豪雨の影響で広範囲に被害が及んでいるため、
久美子さんが心配して友だちに連絡すると、愛媛も大変な被害にあっていると聞きます。


そこからすぐに行動できる久美子さんはすばらしいです。
愛媛の友人、ミュージシャンに声をかけ、このイベントを実行させました。

わたしは友人のひとりとして、声をかけてもらいました。

告知から開催までとても短い期間でしたが
たくさんの人が集まってくださり、その想いに大感謝です。

わたしはトップバッターで弾き唄い。 

平和を願った「flora」や、「がんばるひとへ」など
いつも以上に言葉に想いを込めながら唄いました。

聴いてくれるみなさんの静かな祈りも伝わって来て、
ほんとうに温かい時間になりました。

その後、久美子さんの朗読。
グロッケンとともに紡がれる言葉。
そして途中のトークには笑わせてもらいました。

バイオリンの東出真緒さんは、
久美子さんの結婚式のとき、一緒に「結婚行進曲」を演奏したお友だち。
この日はじめてバイオリン一本で演奏するということで
ずっと緊張する〜と言っていたのですが、
本番ではとっても気持ち良さそうにクラシックやポップスを
演奏されていました。かっこよかったです!

IMG_5008.JPG
<真緒さん、久美子さんとわたし>



わたしはここで
次のスケジュールのため失礼することになったのですが、
その後も歴史トークの美甘子さん、
ピアノと歌の溝田志穂さん、
LUNKHEADのボーカル・小高芳太郎さんが出演され、
最後には「赤とんぼ」と「ふるさと」の合唱をされたそう。


募金も予想以上に集まりました。
みなさん本当にありがとうございます。


チケット代金やチャリティーグッズなどで集まったお金は全額、
公の機関に寄付しました。
以下に詳細が報告されています。

「We Love ふるさと」西日本豪雨災害義援金のご報告


このようなイベントができ、東京からもなにかできる、ということを知り
よかったと思います。

しかし、決してこれで終わりではありませんね。
互いのことを思いながら、今を目一杯、生きられたらと思います。



    南壽あさ子


南壽あさ子 最新ライブスケジュール