FullSizeRender-2


今日から7月ですね。
あなたはどんなお昼をお迎えでしょうか・・・


実は、わたしはまだ6月30日を過ごしています。
なぜならば、いまわたしは、アメリカ・カリフォルニア州
ロサンゼルスにやってきているからです・・・! 


目的は、レコーディング。
まだ細かいことはお伝えできないのですが、
ロスで仕上がる音をぜひ楽しみにしていてください!




着いて翌日は準備日。
つかの間の休息、慣れないビーチへ。


IMG_8170
<ラグナ・ビーチにて>






さて、月は変わってしまいましたが、
先月末をもちまして、"flora" tourを無事、完走しました!

各地、見に来てくださったみなさん
応援をしてくださったみなさん
ほんとうに、ありがとうございました。

そこで今日は"flora" tour最後の週について書きたいと思います。





金曜日。6月24日は大阪・南堀江knaveへ。
東京公演にひきつづき、パーカッショニストの上原なな江さんと一緒に。
ふたりでの演奏はこの2公演しかなく、遠征はこの日だけなので、
行く道の車中では延々とトークを繰り広げていました。

彼女のその日の目的は、「あさこの生態を知る」だったらしく・・・
学生時代の話、そこからどのようにして今に至るのか、
なぜそんな感じなのか(?)など様々な質問を受けながら
楽しくお話ししました。


本番ではその延長のようなトークも交えつつ・・・
二回目で最後となるコラボレーション、
しっかりと集中して届けました。


IMG_8027
<ライブの様子 サム(3月6日生まれ)とテツコ(10月25日生まれ)>


*セットリスト*
1. flora
2. うろこ雲とソーダ水槽

3. 八月のモス・グリーン
4. 渦巻きの不思議
5. 杏子屋娘

〜上原さんIN〜

6. ここだよ
7. ふるさとの空(カバー)

8. 涙のシルエット
9. 狼にベルガモット

10.エネルギーのうた
11.ちいさなラズベリー

12. 回遊魚の原風景



IMG_8021
<knave14周年 おめでとうございます>


IMG_8025
<記念写真 ダブル上原さんに挟まれて>





翌日は、朝から九州・福岡へ向かいます!

IMG_8026
<いざ、最終の地へ!>

機材を運ぶため、当然移動手段は車なのですが、
このような移動はちょっとひさしぶりでした。
渋滞もなく、無事に予定より一時間早く会場につきました。

IMG_8045

会場は「モカジャバカフェ・パークサイド」。
なるほど、お店の前に公園があるから「パークサイド」なのですね。

白い壁を基調として、とても涼しげでお洒落な空間。
入り口はガラス張りになっています。


ついに、この日は"flora" tourのファイナル。
これまでのセットリストを振り返りながら、
ここまで乗せてきた15の想いも込めて曲を決めてゆきます。



そして本番。開演は18時半。
ガラス張りになった後方はまだ明るく、
人が行き交う姿も自然と視界に入ってきます。

「回遊魚の原風景」にはじまり、
春の唄、ツアーの各地で唄った"唱歌"からひとつ「遠き山に日は落ちて」、
そして季節は初夏へ。
博多の伝統的なおまつり「山笠」にかけて「杏子屋娘」
そして「あのひとを待つ(福岡・モカジャバカフェVer.)」。

またツアーでお披露目となった「ここだよ」や「エネルギーのうた」・・・

この日で発売から2周年を迎えた「みるいろの星」、
そして本編ラストにはツアーのタイトルにもなっている「flora」など
全12曲を唄いました。


FullSizeRender
<ライブの様子>


アンコール、ダブルアンコールまでいただき
最後には「おめでとう」のケーキをお客さまからいただきました・・・!
みなさんの熱く力強い拍手に胸があつくなるけれど、
「flora」の詞には"船出"の意味を込めているから、
またここからはじまるんだ、と新たなスタート地点に立っている気持ちになりました。


IMG_8039
<いただいたケーキ「待っとったよ!!」16は「16公演」の意>



IMG_8052
<店長さんと>



またライブ終了後、みなさんが帰られたあと
店員さんに突然「どうぞ」とコーヒーを渡されました。
そこにはこんなかわいいnascoが!

FullSizeRender-1



こちらも、なんとお客さんたちからの贈り物でした。
こちらこそ、ありがとうございました。




こうして、"flora" tour16公演は、無事にすべて終了しました。
各地、場所を提供してくださった方々、そこで働くスタッフのみなさん、
ライブができるように力を尽くしてくれた事務所スタッフのみなさん、
途中朗らかな笑顔と演奏で和ませてくれた井上仁志さん(THE TON-UP MOTORS)、
そして応援してくださったすべてのみなさんへ。
ほんとうに、ありがとうございました!


IMG_8053
<旅の終わりにみえる"あかり">



*セットリスト*
2016.6.25 in 福岡モカジャバカフェ・パークサイド "flora" tour "finale"

1. 回遊魚の原風景
2. ビートラム
3. どんぐりと花の空
4. 遠き山に日は落ちて(唱歌カバー)
5. わたしのノスタルジア
6. 杏子屋娘
7. あのひとを待つ(福岡・モカジャバカフェVer.)
8. ここだよ
9. エネルギーのうた
10.フランネル
11.みるいろの星
12.flora

encore
13. 涙のシルエット
14. 歌うことだけ

w encore
15. パノラマライン



IMG_8098
<帰ってきた"flora">
 
 


祭りが終わってさみしくなると思ったら・・・
いえいえ、ちゃんと後夜祭が用意されていました。
題して、「なすとらサミット2016 福岡篇」!!


気分をあげるために、博多駅前の山笠の飾り山をみにいきました。


FullSizeRender
<おおきい!>



「なすとらサミット」の会場は「LIV LABO」。

IMG_8130
<当日の看板>



イベントや展示、ライブや映画上映など、
さまざまな用途で子どもから大人まで楽しめるアートスペース。
はじめての会場でしたが、すぐお気に入りになりました。



「なすとらサミット」は、
ファンクラブ「nasco travelers(なすとら)」の、年に1度のイベント。
東京と、もうひとつどこかの都道府県で行うと決めています。

2月に東京公演を終え、もうひとつの会場をどこにするか考えていたところ、
"flora" tourの開催が決まり、その最終公演地が福岡になったとき、
その翌日に福岡で行うという案が出ました。

なるべく多くの方に参加してもらいやすいように・・・と思いながら、
わたしが全国を旅して日本のいいところを沢山感じたように、
なすとらのみなさんにもそんな機会をつくりたい!ということで、
熱く、賑やかで陽気な人がたくさんいる「福岡」に大決定したのです。
九州のみなさんにお会いできるというのもうれしい限りでした。


お昼に開演、まずはわたしのミニライブ。


IMG_8131
<ライブの様子>


みなさんから事前に聴いた「聴きたい曲」のリクエストを参考にしてセレクト。
リクエストの曲目はかなりばらけたのですが、
「邂逅」「それがいいな」「 杏子屋娘」「PASSWORD」「星のもぐる海」の5曲を演奏。
意外にも「星のもぐる海」が1位でした。


ライブのあとは、秘蔵写真も加えたスライドショー。
去年の4月からの写真を、未公開音源に乗せて。
わたしの慌ただしいコメントで、ほとんどかき消されていましたが・・・。


そのあとは、しつもんコーナー。
福岡篇ではじめて生まれた「ベストクエスチョン賞」。
今後は、いい質問や盛り上がる質問には、賞が与えられるかもしれません・・・!


そして、おなじみのビンゴ大会。
一位の方には、「どんぐりと花の空」の手描き歌詞を額に入れて。
二位以降の方には、わたしの「書」。
福岡にちなんだ言葉たちが飛び交いました。

みなさんに喜んでいただけて、わたしもうれしい限りです。
来年はまたすこし変化もさせて(あたらしく入る人もいるので、定番化させるものもつくりながら)、
たのしい「なすとらサミット」ができればいいなと思います。


IMG_8081
<お店の方と>



なすとらのみなさん、ご来場ありがとうございました!

IMG_8085
<かえりみちの朝焼け>


さて、旅はひとつおわりましたが、
7月もたのしみな催し物がありますので、
ぜひお越しください。

******************

♪7月5日(火)東京・代官山蔦屋書店敷地内にある北村写真機店にて
  写真家・かくたみほさんとのトークショーがあります

  かくたみほ写真展「祈りの国 ブータン」
  時間 19:30〜21:30
  参加費 1,000円

  なお、当日はミニライブも行う予定です。
  お仕事帰りなど、途中参加も可能ですのでお気軽に起こしください。



♪7月30日(土)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて
  バンド・初恋の嵐 のゲストボーカルに参加させていただきます

  「THE SOFT PARADE」
 開場 18:30 開演 19:00



♪連載をしているOZ TRIP、最新号が発売になりました。
今号の特集は『初体験する夏の旅』。
それに合わせて、栃木・那須高原Garden House SARAから
お手紙を出しました。 

「旅の手紙」は、いつも実際にその場で手紙を書いています。
旅の空気を感じたい方はぜひ、書店にてお求めください。


****************** 


ながい日記
最後までお読みくださり
どうもありがとうございました!



             南壽あさ子