40県目を超えて、
パノラマツアーもいよいよラストスパートです。

お昼に気持ちのよい陽射しを感じられる場所でも、
夜にはかなり冷え込んだりしています。
あなたは、体調など崩されていませんでしょうか。 




木曜日、わたしは山口県へ飛びました。
山口県へは、湯田温泉のあたりに二度、訪れていましたが
岩国ははじめてでした。

今回どうしても岩国で唄いたかったのは、
お世話になった音響さんがここに住んでいたから。
今はもういないあの人に、会いにきました。

オープニングアクトには、その方の人生のパートナーである
Chikaさんをお迎えしました。
(Chikaさんは、金子マリさんなどとも親交の深いシンガーです。)

ライブ前には、Chikaさんとご飯を食べながら思い出話をしたり…。
駅前の中華そば屋さんに連れていってもらい、昔ながらの味で
昭和にタイムスリップした気分になったりしました。




会場となったところは、
お昼は美容室、夜はジャズも聴けるショットバーという異色のお店。
日本全国いろいろな場所へいきましたが、この取り合せは聞いたことがありません。

それに、「シャンプー美容室 ほまれ座」という店名でしたので、
シャンプー専門の美容室なのかなと言ったら、Chikaさんに笑われました。

中へ入ると、KAWAIのグランドピアノと真面目そうなご主人が
出迎えてくださいました。
音を確かめるようにリハーサルを始めるとご主人の眼がぱっと変わり、
「生の方が全然いいね」と言ってくださいました。


それからご主人の入れてくださった珈琲を手に
カウンターでいろいろお話しを聞いていると、
夜な夜なジャズライブが行なわれているけれども、
マスターはジャズや音楽のことはまったくわからないのだそう。
そして実は甲子園常連校「岩国高校」の野球部OBであり
マスターも甲子園出場者という、すごい経歴をお持ちだったのです。

甲子園の砂を見せていただいたり、岩国や山陰のジャズスポットがわかる本
(「ほまれ座」も載っている)を読ませていただいていると
息子さんが学校から帰ってきました。

実はこの10歳の息子さんも野球をしていて、
「未来のヒーローになる!」と堂々宣言していました。
わたしを見ると、入り口に貼ってあるチラシの写真と何度も見比べて、
(なにを思ったのかは結局わかりませんでしたが)
「あさこ!」とさけびました。


英語の塾があるからと急いで準備をして行ってしまいましたが、
その前にライブの始まりの時間を教えると、
「間に合うかも」と言ってくれました。

IMG_6068
<未来のヒーロー。その後、ライブもみてくれました。>



そして、いよいよ本番です。


オープニングゲストは、Chika&Mongorさん。
Mongorさんは昔、吉祥寺の曼荼羅にもよく出演していたらしく、
ライブ前になつかし話に花が咲きました。
裏でひとり、気持ちよく、唄とピアノを聴かせていただき、
ときに、Chikaさんの想いをはっきりと感じ取れる詞に感動しました。


わたしはひとり、KAWAIのピアノにむかい
岩国でやっと唄えることをしあわせに思いながら、
ここにいる人、大切な人たちにむけて心をこめて唄いました。

「みるいろの星」を描いたのは、ちょうど2年前の先週になります。
そのときは、1年後、2年後のことをイメージして描いていたので
まさに今届けられることに意味を感じました。
DVD『七つ星』の中でも話しているように、唄いつづけることで
ずっと忘れないでいられる。
唄というのはそんな力も持っていますから、これからも
残すべきことを唄に落としてゆこうと思います。


終演後は、夜に向かってどんどん上機嫌になってゆくマスターが
美味しいスパゲッティをふるまってくださり、
岩国のみなさんと楽しく打ち上げをしました。
忘れられぬ夜がまたひとつ、増えました。

IMG_6066
<左上がマスター、中央の帽子の方がMongorさん、わたしの隣がChikaさん>




翌日、"東京へ帰る日"とだけ思っていたら大きな勘違い。
未来へ向けたさまざまな打ち合わせで東京をぐるぐる。
この日は、10月23日はわたしのメジャーデビュー2周年の日でもありましたね。
たくさんのお祝いメッセージを、ありがとうございました。

わたしにとっては、「よろこび」というより、
これまでを厳しく振り返る日であり、これからをどう過ごしてゆくか、考える日となりました。
3年目に入ったわたしも、どうぞよろしくお願いします。

IMG_6071




さて、そんなこんなで夜になってしまい、夜中、山形県へと出発。
調べたら、「鶴岡市」は思ったよりずっと、距離がありました。
前回は、「さくらんぼ東根駅」というなんとも可愛らしい名前の駅のちかくで
インストアライブをしましたが、この鶴岡市にははじめて訪れました。

47都道府県ツアー2周目といっても、
訪れたことのない市や街はたくさんあるのですから、
ちがった場所に来られることがまた、うれしくもあります。



会場のS-MALLというショッピングセンターは、
ちょうど昨日13周年目を迎えたということで、
わたしのデビューと同じ日で、親近感を覚えました。

開店時刻とともに入店しましたが、各店の店員さんが深く深く
頭を下げて出迎えてくださり、やはり何事も礼に始まり礼に終わるのだと
襟を正される気持ちになりました。

11:00〜と13:00〜の2回公演をさせていただき、
それぞれ違ったお客さまが見えましたし、
違うセットリストで、いろいろな唄を届けることができ光栄でした。
(また2回目ではアンコールもいただき、ありがとうございました。)


IMG_6078
<S-MALLの方と一緒に>




その後、すぐに福島へと移動。
一日にふたつの県でライブをすることは時々あるのですが、
今回もすこし、ひやひやものでした。


出演させていただいた「FUKUSHIMA ACOUSTIC SUMMIT2015」(略してアコサミ)は
総勢13組のアーティストが次々と出演するもので、
このようなイベントに出演したのはおそらく初めてだったので、
まるでほとんどライブをしたことがない人のように、スタッフの方や主催の方に
たくさん質問をしてしまいました・・・。

演奏する方とも、何人かお話しし、
(みなさんいろんな場所で活動されていたので)どこかでつながっていることも
知ることができ、よかったです。



後半、出番がまわってきました。
先日、六本木ヒルズアリーナで行なわれた「福島フェス」に出演したこともあり、
福島県へ対する想いがつのっていました。
わたしの中の想いを、短い時間にしっかり込めて唄いました。

IMG_6086
<集合写真を持っていなかったので、終演後C-moonの前で>




さて、一度東京へ戻り、日曜日は、群馬県へ。
朝、スペシャルゲストの高橋久美子さんと待ち合わせをして、車で出発です!


行き先は、群馬県・桐生(きりゅう)市。
父のふるさとであり、わたしも何度も訪れたことがあります。
会場となる「有鄰館」は、去年のライブ初めでお世話になりました。
(FMぐんまの金子さんがおすすめしてくださいました。)
歴史ある建物。昔は塩、醤油、味噌、酒などを貯える"蔵"として
使われていましたが、今では広くイベントスペースとしても活躍しています。
しかし、今でもその趣は健在。
蔵の中に佇むグランドピアノ。すばらしい空間です。

会場につくと、この日をつくる素敵なメンバーが集結していました。
ふだんはそれぞれ、ちがうお仕事をしている方たち。
お手伝いで来て下さっている人もたくさんいました。
みなさん、ありがたいことに、わたしの唄を好きで協力してくださっています。

早々に胸をじんわりさせながら楽屋へゆくと、馴染みある笑顔が。
パノラマツアー初日でお世話になり、パノラマグッズでコーヒーを作って下さっている
茨城県土浦市の「ニコニコ珈琲」の松本さん一家が来てくれていたのです!
わたしはなにも聞いていなかったので、とってもとってもびっくりしました。
奥さんはなんと、桐生出身だったのです。



お父さんが差し入れてくれた志多美屋のソースカツ丼をみんなで食べながら
しあわせなひと時を過ごします。
(※志多美屋のソースカツ丼…桐生のソウルフード。
 桐生に来た時は、わたしも必ず食べています)

そしてリハーサルをし、あっという間に本番。
ニコニコ珈琲さんのパノラマブレンドも、繁盛していたようです。

FullSizeRender
<パノラマブレンドのスリーブの中に当たりが!
当てた人にはサイン入りドリップパックをプレゼントしました。>


オープニングゲストには、詩人で作家の高橋久美子さんが朗読をしてくださいました。
時々ちいさなグロッケンを使っていたのですが、このグロッケンの音が
蔵の中で独特な響き方をしていて、心地よかったです。



そしてわたしの出番。
思い入れが強い分、逆に力を抜くように、楽しく唄うことを意識して
届けました。そうしたら、みなさんにもそれが伝わったのか、
終わったあとのみなさんに優しい笑顔がたくさん見られたのでよかったです。


アンコールでは、以前イベントで披露したことのある
音楽×朗読のセッション「白菜」を再演。
そして、この日のために久美子さんとつくった「連詩」を披露。
「連詩」とは、交換日記のようにして、一連ごとに交互に詩を書くもの。
まずテーマを大きく決めて、第一連を久美子さん、第二連をわたし・・・
という風に書きました。


テーマは「秋」。
タイトルは、直前に「秋の踊り子」と決めました。

連詩のことは知っていたけれど、最初はとてもむずかしそうなイメージ。
でも、やってみると、ぐんぐんのめり込んでしまうほど面白いものでした。
「秋の踊り子」、またお聞かせできる日を楽しみにしています。



IMG_6092
<この日をつくった沢山の方と!>



ちなみにこの日の打ち上げは、スパゲッティしか出さないお店に、
ご無理を言ってスパゲッティ以外のものも出していただきました。
古民家を改装してできていた場所で、有鄰館から、とてもすてきな流れ。
その落ち着いた空間と、テーブルにずらりと並んだお食事、
それを囲むようにみんなが座ったところを見て、
親戚のお正月のような温かさを感じました。


わたしの知らない桐生のいいところや、みなさんの普段のお仕事のことなど、
興味惹かれる話をたくさん聞いて、この週が終わりました。


夜、車を走らせながら『真夜中のsoup』を聴く。
この一週間を締めくくる時間もまた、わたしにとっては大切です。

今回は、ゲストに安宅浩司さんを迎えて。
生演奏、すばらしかったです。

IMG_6095
<収録風景:安宅浩司さんと>


各地、見に来て下さったみなさん、ほんとうにありがとうございました。




それでは、もう終着地目前。
最後まで予測のつかない、あたらしい週のお知らせを
させていただきます。


************************

10月

<30日(土)>
♪14:00〜
鹿児島県・鹿児島市「オプシアミスミ」というショッピングモール
1階中央イベント広場にて、インストアライブをします。

※観覧無料です。
※終演後、サイン会をいたします。
オプシアミスミ


11月
<1日(日)>
♪14:00〜(※当初お知らせしていた時刻から変更がありました。御注意ください!)
沖縄県・宜野湾(ぎのわん)市「コンベンションシティ」ショッピングモール
2階はごろもコートにて、インストアライブをします。

宜野湾コンベンションシティ


♪16:00〜(※当初お知らせしていた時刻から変更がありました。御注意ください!)
沖縄県・宜野湾(ぎのわん)市「経塚シティ」というショッピングモール
1階中央コートにて、インストアライブをします。

経塚シティ

※いずれも、観覧無料です。
※終演後、サイン会をいたします。


★11月3日(火・祝)は
東京港区・赤坂ブリッツにてPanorama Tour ファイナルワンマン!
いよいよです!
あなたのお越しをお待ちしています。
OPEN 17:00 START 18:00
前売り¥4000 ※学生証提示で、当日¥1000キャッシュバック

*一般販売中
SOGO TOKYO オンラインチケット
チケットぴあ Pコード:267-451 店頭[セブン-イレブン / サークルK・サンクス / ぴあのお店]・TEL 0570-02-9999
ローソンチケット Lコード: 78580 店頭[ローソン / ミニストップ]・TEL 0570-084-003 
イープラス 店頭[ Family Mart]
※上記プレイガイドは、購入時にチケット代以外の手数料が別途必要となります。
また購入方法によりその金額も異なります。


************************

IMGP2805



たくさんの応援を胸に、しっかり最後まで走りぬきます。
どうか見守っていて下さい。



         南壽あさ子