月別アーカイブ / 2020年01月

1月も終わりが見えてきましたが、あなたはいかがお過ごしですか?
関東甲信では雪の予報もありキンと冷たい空気が漂っています。

わたしは大移動の3日連続ライブを無事に終えて帰ってきました。
今日は、それぞれを振り返ってゆきたいと思います。


♪1/24(金)山口県・防府市サウンドテック(ソロワンマンライブ)

前日は東京から山口への、車での長旅。
道中、たぬきに出会いました。

EkGGpxMnJY.jpg
<わたしの動物占いのキャラクターも「たぬき」です>




吉備では、桃太郎さんにも会いました。

fFFwLmLMGe.jpg
<きびだんごも買いました>



そうして無事に着いた山口県。
まず金曜日には、防府のサウンドテックさんでソロワンマンライブをおこないました。

サウンドテックはオーディオ店ですが、
店舗の2階にあるスペースを使用させていただきました。

ピアノを配置した後ろの壁には、
社長・三宅さんの3人のお子さんたちのお写真が飾られていて、とっても癒されました。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1658.HEIC




サウンドチェックで唄っていると、なんとそのお子さんたちが突然登場!

リハーサルの唄を聴いて、三宅さんが子どもたちにもぜひ聴かせたいと、
奥さまに急遽連絡をとり、来てくださったそうです。
唄をプレゼントをすると、とても喜んでくれました。



準備を終え、外はすっかり暗くなってきました。
この日は夜の公演です。

山口県ではこの時期もあまり雪が降らないとのことですが、
わたしの中で山口県といえば、中原中也。
そして彼の書く詩の世界はどこか冬の冷たさを感じるので、「雪」のイメージが強いです。

ということで、この日は"雪"をテーマに置きつつ、「白い道」からスタート。
ほかにも「冬の旅人」や「しんしんしん」といった雪景色を想起させる唄を多めに唄いました。

中盤では中原中也の「生ひ立ちの歌」を朗読しました。
わずか30歳でこの世を去った中原中也。
同じ年で山口へ訪れたことに意味があると感じ、ふだんはあまりしない朗読をお届けしました。

そのほか、アルバムの曲を中心に演奏し、ライブは終了。
お越しくださったみなさん、どうもありがとうございました!
 

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1662.JPG
<ヤマハ稲垣さん(わたしの左)、三宅社長(わたしの右)、サウンドテックのみなさんと>



その後よくよく考えてみると、
山口県といえばもうひとり、吉田松陰先生がおりましたね!
高校時代に修学旅行で萩へ訪れ、松下村塾を見学した思い出があります。

 


♪1/25(土) 山口県防府市サウンドテック(Music Elements)



さて翌日も同会場で。

この日はMusic Elementsを開催しました。

イベント会場は同じく2階を使用しましたが、
ちなみに1階にはこのような素敵な視聴ルームもあります。
わたしの楽曲をずっとかけてくださっていて、感謝です!


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1663.HEIC




イベントの前後にも地元の常連さんがたくさん出入りされていて、
オーディオ機材のみならず、カメラのメンテナンスなどもされており、
困ったことがあればすぐに聞きに行けるような、地域に根ざした場所なのだなあと感じました。


さて、この日のMusic Elementsでは三宅社長に司会進行をお願いしました。
三宅さんがわたしの唄う「Shenandoah」を大変気に入ってくださったため、
この曲を視聴していただいたり、
わたしが「Shenandoah」をカバーするきっかけになったキース・ジャレットから
「ザ・ケルン・コンサート」の音源をお聴きいただいたり。

また、最近わたしがはまっているエリック・カズというシンガーソングライターの
アルバム『If You're Lonely』から「Cruel Wind」を選曲し、一緒に視聴しました。

さらに、この日は防府出身の美容家・メイ牛山さんのお誕生日。
メイ牛山さんのお孫さんが、この日わたしが防府でライブをするということを
聞きつけ運命的なものを感じてくださり、
ハリウッド化粧品のオーガニック青汁「Green Green」と
メイ牛山さんの生涯が描かれた御本を贈って下さいました。
この日お越しいただいたみなさんに特別にプレゼントすることができました。


視聴とトークのあとは、ミニライブ。
この日はあえてリズムボックスを使わないセットリストで、
「Shenandoah」や「flora」などをお届けしました。


みなさんの温かさのおかげで、二日間気持ちよくイベントを行うことができました。
お越しくださったみなさま、サウンドテック、ヤマハのみなさま、どうもありがとうございました!


この日はサウンドテックの会長とヤマハの安田さんも加わり記念写真。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1667.JPG


イベントを終え、わたしたちは浜松へ大移動!
雨も徐々に強くなっていきましたが、途中食事休憩などをとりながら、
無事にたどり着くことができました。




♪1/26(日) 静岡県浜松市椿オーディオ(Music Elements)


最終日の日曜日は、浜松の椿オーディオでのMusic Elements。

以前も一度お邪魔したことがあり、「椿テレビ商会」の文字の書かれた
レトロな佇まいが印象的なお店です。

1階はテレビやエアコンなど、家電製品のことならなんでもお任せできる電気屋さん。
そして螺旋階段をあがると、2階は多彩なオーディオ機材が置かれたオーディオショップ。

楽器のまち、浜松で豊富なオーディオシステムを取り揃えている場所です。


リハーサル前にいただいた、うな重(!)。
美味しゅうございました。


0TaEgcwfg7.jpg



この浜松公演は"Neutral" TourにおけるMusic Elementsの最終日。

YAMAHA MUSIC JAPANの稲垣さんとは2年のお付き合いで、
これまで様々な会場でトークをしてきました。
この日はふたりでの進行ということで、少し長くなってもいいから、
音楽の楽しみ方について様々な視点から話そう・・・と打ち合わせをし、
スタートしました。


視聴では『Neutral』の曲のほか、
Tom Waitsのアルバム『Closing Time』から「Ol' 55」を選曲。

原曲を聴いていただいた後、トム・ウェイツの楽曲をカバーしたアルバム
『COME ON UP TO THE HOUSE  Women Sing Waits』 をご紹介。

さまざまな女性のミュージシャンがトム・ウェイツをカバーしている
2枚組みのレコードです。

ちなみにSIDE A,B,Cとあり、2枚目の裏側は音が収録されていないため
ジャケットに書いてある家の模様がエッチングされています。
レコードの色も特殊で、綺麗なべっ甲色をしていました。


この中で特に「Ol' 55」は原曲やトム・ウェイツへのリスペクトが感じられ、
とても素晴らしかったので、選ばせていただきました。
機会がありましたらみなさんも聴いてみてください。


ライブでは、この流れから、カーペンターズの「青春の輝き」をカバーしました。
アンコールでは「鉄塔」で手拍子をいただきながら、明るく演奏を終えました。


Music Elementsを通して学んだことを次の音楽活動に生かしてゆくことが、
これからのわたしにできること。

まだまだ勉強は足りませんが、たくさんいい経験をさせていただきました。
一緒に体験してくださったみなさん、本当にありがとうございました!




_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1674.HEIC





そして・・・
旅を終え、本日朝にはラジオ日本の「Hello! I,Radio」に生出演させていただきました。
DJの栗原さんとは2年ぶりの再会。
相変わらずの穏やかな話し方や佇まいに癒されました。

アルバムのこと、現在のこと、 未来のこと
満遍なく触れていただき感謝です。
お聴きくださったみなさん、ありがとうございました。 

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1685.JPG
<DJ栗原美季さんと>



さて、1月のライブも残すところあとひとつとなりました。


♪1月30日(木)吉祥寺STAR PINE'S CAFE
[The middle of a trip seed.10] 

open 18:30 / start 19:00

出演:南壽あさ子 / 須澤紀信 / Special Guest 松尾一彦(ex. オフコース)

05CE6A4E-D3A8-40EC-A330-952A694BE988.JPG

フライヤー、できました!
このポストカードは、当日お越しいただいた方にプレゼントします。

親友の由依ちゃんが今回も可愛い冬の絵を描いてくれました。
過去の絵はこちら


共演は同じヤマハに所属する須澤紀信さん。
そしてスペシャルゲストに元オフコースの松尾一彦さんにご参加いただきます!
(先日、リハーサル動画をちらっとSNSにアップしました)

セッション曲もご用意していますのでぜひ楽しみにしていてください!

チケットはe +で購入することができます。
The middle of a trip seed.10 南壽あさ子のチケット情報
 
ツアーではなく、自主企画のスペシャルなイベントです。
平日なのですが、よろしければぜひ、お時間作って観に来ていただけるとうれしいです。 
よろしくお願いします。



そして・・・
"Neutral" Tourのフィナーレがついに決まりました!

5月29日(金)、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて。
open 18:30 / start 19:15

なんとバンドメンバーは、『Neutral』のJAPAN SIDEで参加してくださった
鈴木茂さん(Gt.) 、田中章弘さん(Ba.)、小笠原拓海さん(Dr.)です!
このスペシャルな夜をぜひ一緒に過ごしてください。

ファンクラブ先行は2月8日(土)から開始いたします。
(※ただいまHPで2/6(土)と記載されていますが、正しくは2/8(土)です。)
一般発売は2月29日(土)よりプレイガイドで行います。


最新のライブ情報はこちらをご覧ください。
南壽あさ子オフィシャルウェブサイト -Live-

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まずは間近に控えた自主企画 [The middle of a trip seed.10] 。

そしてすぐに大阪でのセブンネットショッピング限定プレミアムライブと
ファンクラブイベント「なすとらサミット〜大阪篇〜」が開催され、
群馬でのツアーとつづきます。

それぞれの場所で、まったく違った趣のライブができると思います。
みなさま、お待ちしております!


    南壽あさ子

 

大寒を迎えたその日こそ不思議なくらい暖かな陽気でしたが、その後は冬らしい冷たい風が吹いています。
あなたは、いかがお過ごしですか?

わたしは先週末、三重県と岐阜県へ『Neutral』を届けにいきました。

♪2020.1.18 三重・四日市市radi cafe apartment(ソロワンマン)

三重公演ではおなじみのこの会場。
radi cafe apartmentは、四日市の昔ながらの商店街の中に、ひときわお洒落な雰囲気を漂わせています。
お昼は特に女性たちのおしゃべりの場として、そして夜はパーティなどイベントにも使われ、四日市の人たちに愛されている人気のカフェです。

以前はその店名通り、アパートの二階の一室にありました。
わたしはインディーズの頃、一度その場所でライブをしたことがあります。

この場所との出会いは、いつも写真を撮ってくれている写真家のかくたみほさんのお姉さまが、
このお店のデザイン周りを手がけており、ご紹介でお邪魔したことがきっかけです。

当時はお姉さまもお店にちょこちょこいらっしゃり、アパートメントでのライブの終演後には、お店の冷蔵庫にあった生クリームを、お姉さまとバイトの女の子と一緒にキッチンで隠れて舐めたりした思い出があります。

その時からお店に置いてあったヤマハのアップライトピアノ。
商店街への移転後も大切に置かれ、今回のライブでも使わせていただくことになりました。


お客さんに背中を向けて唄うことになるので、ふだんアップライトピアノを使うことは滅多にありません。

ちゃんと見えているか心配になりつつも、背中に目をつけて、この空間を唄で包むようなイメージで届けました。

この日選んだカバー曲はベット・ミドラーの「Rose」。
歌詞の冒頭に出てくる河と、Shenandoah河をかけ合わせて。
また、Roseのあとにはfloraを演奏し、音楽のグラデーションを愉しみました。

にこやかな会場のみなさんに癒される土曜日の昼下がり。
お越しくださったみなさま、どうもありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1620.JPG
<オーナー川村さんと。PAもしてくださいました!>

ここに来るまで忘れていた"待つ女"シリーズ。
前と同じ席に座って…。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1621.JPG
しかしこの日はアールグレイを待っているような時間はありません。
夜の公演が控えているので、すぐにさよならをして移動!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1622.JPG
<四日市のゆるキャラ妖怪のこにゅうどうくんと。いつ見てもおもしろい子です。>


♪2020.1.18 三重・四日市ムセン(Music Elements)

この日の夜はMusic Elements。
前回はradi cafeさんで開催しましたが、今回は協賛店であります四日市ムセンさんのお店をお借りしてイベントをおこないました。

四日市ムセンさんのご配慮で、当日はドリンクと天むすを販売!
わたしも裏でいただきましたが、小ぶりで食べやすく、イベントの合間にちょうど良い腹ごしらえとなりました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1591.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1592.HEIC

この日はリスニングルーム(試聴室)とシアタールームのダブル使いによる贅沢な企画!
音源試聴とトークはリスニングルームで、拡散材などで音作りの設計がなされた部屋でおこないました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1595.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1594.HEIC


そしてシアタールームへ移動。
途中ちょっと機材トラブルもありましたが、『Neutral』初回盤に収録されているPanorama Tourの映像から「ちいさなラズベリー」を鑑賞したり、「鉄塔」の録画を観たり、大画面と10.1chの臨場感あふれるサウンドを一緒に体感することができました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1593.HEIC

最後にはミニライブ。
ふたたびリスニングルームに戻り、鑑賞した「ちいさなラズベリー」や「鉄塔」などをお届けしました。

遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1623.JPG
<四日市ムセンさん、イベントに関わったみなさんと>

終演後、すでに遅い時間だったのでこのままお店でお食事。
四日市ムセンさんがお寿司やオードブルをご用意してくださいました…!

さらに食後には、今や予約も取れないという幻のスイーツをいただきました…!
「チーズケーキ横井」さんのチーズケーキです。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1605.HEIC

普通はなかなか買えないのですが、
特別な地元の方の枠があるそうで、今回わざわざ取ってくださいました。

クッキーのフォークを入れると、思ったよりとてもやわらかなのですが、口に入れるとしっかりしていて、かつなめらか。
チーズの香りも広がってとても美味しかったです。

四日市ムセンさん、素敵な時間をありがとうございました!


♪2020.1.19 岐阜・CAFE&BAR aLFFo(ソロワンマン)

翌日、日曜日は岐阜県岐阜市へ。
はじめての会場aLFFoさんにお邪魔しました。

宝石店の二階にありますこのカフェバーのガラス窓からは、目の前の公園がよく見えて、子供たちが無邪気に遊ぶ様子を眺めることができます。

お昼のソロワンマンライブでは
背後に明るい陽が入りましたので、わたし自身が逆光となり影になっていたようです。
そんなわたしのこの日の衣装も偶々全身黒尽くめでさながら黒子のようでした。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1647.JPG

この日のカバー曲はキャロル・キングの「It's too late」。
鎌倉で唄った以来、久しぶりでした。

シルエットのみでしたが音楽とバックグラウンドで動く街の人たちを楽しんでいただけていたら幸いです。

お越しくださったみなさん、ありがとうございました!


♪2020.1.19 岐阜・CAFE&BAR aLFFo(Music Elements)

そして土日連続4公演のラストは、同会場でのMusic Elements。

このイベントの前に、すぐそばの「金神社(こがねじんじゃ)」にお詣りにいきました。

会場入りする前に目に飛び込んできた鳥居になんともいえないオーラがあって、気になっていましたら、お昼のライブ後にいろんなお客さんからお勧めいただいたので、ちょっとした隙間時間にいってきました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1619.JPG

わたしが行く頃にはもうすっかり暗くなっていたので(写真はその前にスタッフが撮ったもの)、
中や周囲の様子はよくわかりませんでしたが、お詣りのあと、令和二年を記念した金色の御朱印をもらうことができました。

さて、本番。
ツアーに協賛していただいているサウンド・ハンターの松淵さんを進行役に、
ヤマハの稲垣さんと3人でトーク。

試聴では松淵さんの持参された貴重なユーミンのレコードから「ノーサイド」を聴いたり、
グレン・グールドのAriaを若い頃と晩年で聴き比べたり、大変有意義な試聴タイムとなりました。

松淵さんからは歌詞の表記に対するこだわりについてや曲の生まれた経緯、今年の抱負など、深いところまで掘り下げて聞いてくださり、
わたしもそれぞれを振り返ったり改めて考えるよい機会となりました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1648.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1649.JPG

ミニライブではShenandoahやfloraなど、
明るい未来を願って唄を届けました。

そしてじつはこの日がお誕生日だったという松淵さん。
わたしたちもイベントの始まる直前にそのことを知ったので、終演後にハッピー・バースデーの唄をみんなでうたいました。

あたたかい会場のみなさん。
お越しいただき、どうもありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1657.JPG

さて、今月残すツアーは山口県・防府と静岡・浜松!
今日は防府でのソロワンマンライブです。



また、
1月30日(木)
に行います

自主企画イベント
[The middle of a trip] seed.10
では、 
スペシャルゲストに元オフコースの松尾一彦さんをお迎えして

一緒にセッションも計画しています!

フライヤーのポストカードもできました。
今回も友だちのゆいちゃんが、とっても素敵な絵を描いてくれました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1588.JPG


同じヤマハに所属する須澤紀信さんにも出演していただきます!

平日の夜ですが、みなさまぜひお越しください。

お待ちしております。



2月2日(日)
には

お昼にセブンネットショッピングで『Neutral』をお買い上げいただいた方に向けた

プレミアムライブを開催します。



また夕方からはファンクラブイベント「なすとらサミット〜大阪篇〜」を開催。

こちらは応募を締め切りました。たくさんのご予約ありがとうございます。

当日、2019年のこと、今のこと、色々お話しできるのを楽しみにしております!



また

2月9日(日)
に控えております

"Neutral" Tour 群馬・桐生市有鄰館のライブは

よりお申し込みください。

席数残りわずかですので、お急ぎください!


〜〜〜〜〜〜〜〜

昼と夜の寒暖差もありますので
体調には気をつけてお過ごしください。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1652.JPG


    南壽 あさ子

DSC03755.JPG




みなさま、新年あけましておめでとうございます。

ブログ更新は今年はじめてなので、

遅ればせながらこちらにも新年のご挨拶を書かせていただきます。


年末年始はゆっくりおやすみをいただき

静かに新年を迎え、三ヶ日は親戚で集まりおせちをいただきました。

また三日目には恒例の蟹さんもいただきました。


C78F7E5A-60B8-463C-9B06-48C6CC99384C.JPG


気持ち新たに、書き初めもおこないました。


5DD704D8-DF80-49F6-BFC1-CF519D1D8289.JPG




動きの多かった2019年、打って変わって2020年は

東京オリンピックも控え、街が賑やかになりますので

わたしはひとつひとつの物事に丁寧に向き合いながら、

「考える」年にしたいと思っています。


また、大きなニュースだけでなく小さなことにも目を向けて

細かなところへ心を配れるよう過ごしていきたいと思います。


2020年もみなさま何卒よろしくお願いいたします。




ファンクラブのみなさまへは、年末に会報誌の発送をいたしました。

最新号のテーマは「南壽あさ子 NYへ行く」。

ニューヨーク旅での出来事が写真から伝わるように仕上がっていると思います。

ぜひお楽しみください。


IMG_1493.JPG




さて今年のライブ初めは北陸!

2019年一度も足を運べなかったということもあり

気合いが入ります。


今回はライブの前にキャンペーン。

二日間にわたり、エフエム石川へお邪魔して

番組に生出演させていただきました。


9日(木)は夕方の「MOVE」に生出演。

DJの木村雅幸さんとアルバム『Neutral』のお話、

「鉄塔」の反響についてなどお話しさせていただきました。


IMG_1745.jpg

<生放送中の様子>



放送前後にはナレーションについてのお話も。

ナレーションの声に合うと感じてくださったようでうれしいです。


E0F19626-39A5-4A03-B241-543555550E1B.JPG

<DJの木村雅幸さんと>




翌日10日(金)にはお昼に「Flyin' Pop」に生出演。

笑顔が素敵なDJの南早苗さんとは"南"つながり。

「Shenandoah」を聴くと、なぜだか涙がポロポロこぼれてしまうんです・・・と

お話しされながら、また思い出し泣きの涙をこぼされていました。


アメリカの民謡だけれど日本人の魂にもきっと響くはずだ、と思い

この曲をオリジナルアルバムに入れようと思ったので、

そのままに受け取ってくださる人がいて本当にうれしいです。


放送内でもいろんな楽しいお話をありがとうございました!


E8DC48F2-D79D-4211-986C-B471362AD960.JPG

<DJの南早苗さんと>





そして、ついに北陸ツアー突入!

ライブ3連続、といっても、初日の富山は2公演。


11日(土)には富山A-Portにて、

ソロワンマンライブとMusic Elementsを開催させていただきました。


会場のA-Portは清水工務店が提供するシェアプレイス。
普段はワークショップやお料理をしてパーティーを楽しむ場としても使われているそうです。

8JjYv4ZilW.jpg
Ps7SxnDQTa.jpg
Victe3CrFZ.jpg
ptKKABC0Hm.jpg

ガラス窓の向こうには路面電車が通り、その向こうには白い帽子を被った立山連峰がきれいに見えました。

お昼におこなったのは、ソロワンマンライブ。
「冬の旅人」のMusic Videoがほぼ富山で撮影されたことにちなんで、この時の衣装を着用しました。

毎年足を運んでいた富山に、昨年は行くことができなかったので、その分今年のライブ初めを味わうように唄いました。

カバーでは、富山湾に近い場所ということで、ハイ・ファイ・セットの「冬の海」を。
これはESTACIONでもカバーしています。

そして夜は同じ会場でMusic Elementsをおこないました。
ヤマハミュージックジャパンの稲垣さんと、クリアーサウンドイマイの松井さんの進行でトークと試聴。
最近聴いている音楽として選んだのはイタリアの作曲家ファブリツィオ・パテルリーニの「Wind Song」。
リバーブの効いた音が、高音質スピーカーをとおしてどのように聴こえるか、興味があって選びました。
「ロマンティック街道」のBluetooth、ハイレゾ、アナログの聴き比べも、如実に違いが出ていました。

今年初唄いに立ち会っていただいたみなさま、どうもありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1541.JPG
<イベントに携わってくださったみなさんと>

富山の白えび、おいしくいただきました!
FPGkY43p7O.jpg



さて、日曜日12日は金沢へ舞い戻り(滞在はずっと金沢でした)、

おなじみの会場「もっきりや」へ。

金沢では知るひとぞ知る名喫茶店であり、

とくにジャズに精通するミュージシャンの憧れの場所でもあるそうです。

あとから聞くと、あのトム・ウェイツやキース・ジャレットも訪れているというから驚きです。

彼らと同じステージに立ったということですから、大変ありがたいですね。

「もっきりや」という少し変わった店名ですが、

そういえば名前の由来をこれまでお伺いしていませんで、今回お客さまからも質問を受けましたので、
お店のマスター平賀さんに聞いてみましたら、

「つげ義春の『もっきり屋の少女』を読んでみて」とのこと。

つげさんの作品から来ていたのですね。

当時は日本語で洒落た店名を付けるところが多かったようで、いろんな名前を探したのだそう。

だけれど、ジャズなどやっている内容と離れているので、これまで何度も店の名前を変えようと思ったことがあるそうです。

さてこの日はもっきりやに置いてあるベーゼンドルファーのピアノで演奏。
50年もののピアノで独特の響きがあります。

カバー曲ではキャロル・キングの「Home Again」を演奏しました。

旅をしながら帰ってくる場所があることに、しあわせを感じながら。

この日は雨が絶え間なく降り、空気も冷えていました。


お足元の悪い中、会場へ足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1555.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1548.HEIC

これまでの石川滞在で、ご挨拶できていなかったのどくろさんとも、この日の夜お会いすることができました。

Y7W73qjciB.jpg

蟹の身を昆布の上で焼き、軍艦の上に乗せて食べる、こちらもまた美味でした。

あ、また蟹ですね…
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1554.HEIC

ちなみにこの時期の北陸、例年ならば雪が降り積もっていてもおかしくないのですが、この冬は雪不足。

雪吊りもお役目を果たす日が来るのを待っているようでした。

IMG_1497.jpg
<こちらはキラキラがついていて陽の光に当たって輝いていました>



そして、最終日は成人の日、13日。

福井県は坂井市、Tea Garden 森のめぐみへ。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1576.JPG

こちらは"Panorama" Tour でお邪魔して以来。

あれからも4年ほど経つのですが、確かにわたしもその間に様々な経験があったと思います。

6LLQgCMKMB.jpg

自分の作る曲もヴァリエーションが増え、また新しい作品たちを連れて帰ってこられるのはうれしいことですね。


お店のご夫婦も、変わらずあたたかく迎え入れてくださいました。

ログハウスのこのお店は通常、カフェとして営業していますが、
少しずつコンサートの催しも増え、
今では年間40〜50本のコンサートが行われているそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1572.JPG
<リハーサルの様子>


お店の脇を通る線路はえちぜん鉄道。
時々通る電車の姿とガタンゴトンという音が心地よいです。

そういうわけで、この日は「500マイル」からスタート。
忌野清志郎さん作詞の日本詞バージョンです。

『Panorama』のツアーぶりということで、
「ちいさなラズベリー」や「わたしのノスタルジア」、「それがいいな」など過去のアルバムからもピックアップしました。

ちなみに、「それがいいな」は福井県の自動車メーカー、
クロカワ自動車さんのテレビCMに起用され、以前使っていただいていましたので、そのような繋がりもあり選曲しました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG
<ライブ前に立ち寄りました>


暖炉の脇で演奏し、温かいを通り越して暑く(熱く)なったので途中扉を開けてもらったり、

雨が降ってきて、天井に降り注ぐ雨の音が"雨音の拍手喝采"になったりと、
ライブならではの五感を味わうライブとなりました。

最後にはもう一曲カバーで、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」を演奏。

まさしくみなさんのやさしさに包まれながら、北陸の旅は幕を閉じました。

お越しくださったみなさん、どうもありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1574.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1575.JPG


さて今月はまだまだライブが続きます。

"Neutral" Tourの中で一番動く月かもしれません。


それでは1月の残りライブについてお知らせさせていただきます。





♪1月18日(土)三重・四日市radi cafe apartment &四日市ムセン

  ※ソロ公演はこちらからご予約お待ちしております!

  
  Music Elementsは四日市ムセンさんで行います。※応募は締め切りました


♪1月19日(日)岐阜・CAFE&BAR aLFFo

  ※ソロ公演は完売。Music Elementsの応募は締め切りました


♪1月24日(金)山口・防府サウンドテック

  ※この日はソロ公演です。平日の夜ですが、ご予約お待ちしております!

  

♪1月25日(土)山口・防府サウンドテック

  ※この日はMusic Elementsです。

 


♪1月26日(日)静岡・浜松椿オーディオ

  ※この日はMusic Elementsです。

  




また、
1月30日(木)
に行います

自主企画イベント
[The middle of a trip] seed.10
では、

スペシャルゲストに元オフコースの松尾一彦さんをお迎えして

一緒にセッションも計画しています!


同じヤマハに所属する須澤紀信さんにも出演していただきます。

平日の夜ですが、みなさまぜひお越しください。

お待ちしております。



2月2日(日)
には

お昼にセブンネットショッピングで『Neutral』をお買い上げいただいた方に向けた

プレミアムライブを開催します。



また夕方からはファンクラブイベント「なすとらサミット〜大阪篇〜」を開催。

こちらは応募を締め切りました。たくさんのご予約ありがとうございます。

当日、2019年のこと、今のこと、色々お話しできるのを楽しみにしております!



また

2月9日(日)
に控えております

"Neutral" Tour 群馬・桐生市有鄰館のライブは

よりお申し込みください。

席数残りわずかですので、お急ぎください。





〜〜〜〜〜〜〜〜


それでは、2020年もみなさんにとって

素晴らしい一年になりますようお祈りしております。

わたしも唄を通して、そっと応援させていただきます。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1519.JPG

   南壽あさ子



 

↑このページのトップへ