11月3日・文化の日。

わたしはPanorama Tourの最終目的地
東京・赤坂ブリッツにおりました。


前々日までは沖縄にいて、それが日帰りだったので
前日はブリッツへ向けての準備をしていましたが、
そのときすでに、この4ヶ月とすこしの間に見てきたものたちが
走馬灯のように蘇ってきて、感極まっていました。



旅をはじめた6月頃のことはもう、ちょっと昔のことのよう。
一度47都道府県ツアーをしているとはいえ、
ひとつとして同じライブがないように、ひとつひとつがあたらしい一日でした。
当たり前のことだけれど、それを実感させられた旅だったように思います。





自分が旅の中で感じてきたことは、
なかなか言葉では語り尽くせません。

新しく出したパノラマの曲たちをどう表現してゆこうかと
考えたり、体調を整えることに向き合っていた前半。

冬へ向けた秘密のレコーディングをしながら、旅ではちゃんと切り替えて、
その土地へ向けて届けることに集中したいと考えていた真夏の中盤。

そしてパノラマの楽曲たちが熟してきたからこそ、
視界にゴールが見えてきたからこそ、待ってくれている人に
より丁寧に届けようと意識していた後半。



6月24日の初日からここに至るまで、
片時も旅のことを忘れることはありませんでした。
(夢でライブをすることもしばしば…)



そんな旅の途中、ところどころでサプライズさながらに
ライブに来て下さった、お仕事で付き合いのある方たち。
うれしくて、たくさん、励まされました。


ライブには来られなくても、気にかけて連絡をくれたり、
体調を気遣ってくれた人もたくさんいました。


現地のスタッフの方、お店の人たちもみな親切にしてくださり、
終わったあとに打ち上げをセッティングしてくださったり、
ライブについて、楽曲についての感想や
わたしについての未来や希望を話してくれたりしました。

 
共演してくださったみなさんは、共演を心から喜んでくださり、
素晴らしいステージをみせてくれました。



そしてなにより…
わたしのライブに、足を運んでくださったみなさま。
ほんとうに、ほんとうに感謝しています。
ライブへ行くというのは、ひとつ行くのでも、とても大変なことだと思っています。
スケジュールを調べて、都合をつけることも、
行き先を調べて、当日、時間をみながら、会場へ足を運んでくださることも…
当然、帰りのこと、次の日のこともあって。
その他にも、いろいろあるはずですが、
そんな中でみなさん、笑顔で、たくさんの温かいお言葉をかけてくださいました。
わたしは、そんなみなさんに唄を届けたくて旅に出ているわけですが、
いろいろ受け取っているのはむしろわたしの方だと感じるほど、
毎晩、終演後あたたかな気持ちになっていました。


とにかく、毎日、精一杯唄って、たくさんのものを吸収して、胸いっぱいになって・・・
最後の赤坂ブリッツでは、この感謝の気持ちをやはり唄で返したいという気持ちと、
47分の47、東京で待っていてくれていた人のために、
最後のひとつをしっかり唄うんだという気持ちが同じくらいのパワーを持っていました。


ですから、最後まで、ちゃんと唄いたかったのですが…、
ダブルアンコールをいただき、最後の最後の「フランネル」を
唄うときには、さまざまな想いが交錯して、それがそのままあらわれてしまいました。
それでも、気持ちが届いたことが、会場に来て下さったひとりひとりの
眼差しからちゃんと伝わってきて、
「ここまで来れてほんとうによかった」としみじみ思いました。


赤坂ブリッツに集まってくださったみなさん。
そして、ほか46箇所でのライブに、駆けつけてくれたみなさん。
ほんとうに、ありがとうございました。



最後に、あらためて。
このパノラマツアーすべてのスケジュールを組み、
たくさんの困難を乗り越えながら、
わたしを現地まで連れていってくださり、
ライブを実現させてくれた事務所代表の小竹さん。
わたしにたくさんのチャンスをくれて、
どうもありがとうございました。




いまは、まだ胸がいっぱい。
でも、旅がなくて、ぽっかりしているような。
でも、今年もまだまだ、たのしみがありますから、
(12月に、新作リリースも控えています!)
少しずつ、少しずつ、切り替えてゆきます。

写真もたくさん載せたかったのですが、
撮っていただいたものを集めるより、まずはお礼を言いたく
(それでも遅くなってしまいましたが)日記を書かせていただきました。
また写真は、ちがう場面でお見せできればと思います。


一枚だけ、集合写真を。
これは、リハーサル後、撮ったものです。
すてきなミュージシャンの方たちとスタッフさんに恵まれました。
心から、感謝申し上げます。


ありがとうございました!



IMG_6201




        南壽あさ子






ついにここまでやってきました。

Panorama Week19週目。
明日、11月3日 ついにファイナルを迎えます。

ゴール目前のこの週は、南を訪れていました。

まずは平日3日間。Panorama Weekとは別に、
なんと日本を飛び出して、台湾へ来てしまいました。

台湾プロモーションのためで、
かわいいブランドのお洋服を着させていただき、撮影しました!
(日本のブランドなのですが見られるのは台湾だけとなっています)
 またあらためて お知らせだけさせていただきたいと思います。
IMG_6107
<台湾のみなさんと。>




パノラマツアーのことで、またブリッツへ向けての気持ちで
いっぱいになっていたので、いいリフレッシュができました。

空芯菜、小籠包、タピオカミルクティー・・・。
台湾グルメも楽しみました。
FullSizeRender
<台湾でCDをだしているwelcome musicの方たちと>



FullSizeRender 2
<凄腕の整体術でした!>




さて、台湾から一度東京へ帰国し、翌朝そのまま鹿児島県へ!
45県目、鹿児島県の会場はオプシアミスミというショッピングセンター。

実は、Nostalgiaツアーの記念すべき1県目がこの鹿児島オプシアミスミでした。
ほんとうのところ、このノスタルジアツアーのときは、
ツアー初日&はじめての鹿児島というところで
記憶に靄がかかっているような感じがあったのですが、
ライブを始め、「わたしのノスタルジア」を唄ったときに
「ああ、こういう感じだった」と空気が蘇ってきたのでした。

ちなみに、前回鹿児島をひとり歩きし、博物館で桜島の砂をもらったり、
薩摩揚げを買って食べたりしたことは、鮮明に覚えております。

そんなわけで、わたしは薩摩揚げ色のワンピースを・・・。
(この日はハロウィン。さすがにショッピングモール内で
本格的に仮装をしている人は見かけませんでしたが、中学生くらいの
女の子たちはみんな、キラキラのお耳をつけたり黒い服を着ていたり
しました。)

IMG_6148
<オプシアミスミの方たちと>

FullSizeRender 2
<桜島のみえる気持ちのよいお散歩コースもありました。>




さて翌日は南の島 沖縄へ!!
沖縄までやってくるとじわじわと旅の終わりを感じてきます。
そう、前回も直前で沖縄にやってきていました。

そのときは「うるま市」と「那覇市」でしたが、
この日ははじめての「宜野湾(ぎのわん)市」「浦添(うらそえ)市」。
やはり独特な名前が多いですね。

宜野湾市では「コンベンションシティ」という場所、
そして浦添市では系列店の「経塚シティ」という
どちらもショッピングセンターで唄わせていただきました。

ちいさい子も手をたたいて聴いてくれたり、
年配の方も椅子に座り静かに最初から最後まで聴いてくださったり。
赤ちゃんを抱えて聴き入ってくださるお母さんも印象的でした。
いろんな年代が集う場所なので、偶然の出会いもきっとある。
すべて包み込むように唄いました。
でも、やっぱり旅の終わりを感じて、ちょっぴりこっそり、
感極まってしまいました。




それにしても、どちらのお店も、
同じ日にたくさんのイベントがあり、盛り上がっていました。
スタッフの方も分刻みで動いているそうで、大忙し。
わたしもつられて、一緒に写真を撮るのをわすれてしまいました。

特に戦隊シリーズのショーは大人気なんですね。
わたしも楽屋のテントにいたら、郵便局員の方が来て、
「戦隊ショーに出演される方ですか?」と聞かれました。
ちょっと考えてから、「ちがいます」と答えました。



IMG_6161
<宜野湾市コンベンションシティにて>



IMG_6162
<浦添市経塚シティにて。(2階、エスカレーター、エレベーターと
いろんな場所からたくさんの人がみてくれました。)>




今回もなんと日帰り沖縄。
遠方から来て下さった方もたくさん居て、
ほんとうにしあわせな最後の旅。





明日はこころを込めて唄うだけです。
2015年でいちばん、お待ちしております。


<南壽あさ子47都道府県(The second lap) "Panorama" Tour2015>
2015.11.3(火・祝)"Tour Final"
in 東京・赤坂ブリッツ



a_map

※東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
※東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅 10番出口
※東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅 7番・10番出口



開場 17:00
開演 18:00


※当日券発売決定! 16:30〜会場受付にて販売します。
 ¥4500(1ドリンク別途)



【ツアーファイナルスペシャルメンバー】
Band Master(Dr.&Guitar)鈴木惣一朗
Bass 伊賀航
Flute&Clarinet 武嶋聡
Electric Piano 山本哲也
Guitar&Banjo 安宅浩司
Flugelhorn 三浦千明
Violin 鈴木絵由子


***************


それでは、あした
赤坂でお会いしましょう。

IMGP2816




      南壽あさ子



 

40県目を超えて、
パノラマツアーもいよいよラストスパートです。

お昼に気持ちのよい陽射しを感じられる場所でも、
夜にはかなり冷え込んだりしています。
あなたは、体調など崩されていませんでしょうか。 




木曜日、わたしは山口県へ飛びました。
山口県へは、湯田温泉のあたりに二度、訪れていましたが
岩国ははじめてでした。

今回どうしても岩国で唄いたかったのは、
お世話になった音響さんがここに住んでいたから。
今はもういないあの人に、会いにきました。

オープニングアクトには、その方の人生のパートナーである
Chikaさんをお迎えしました。
(Chikaさんは、金子マリさんなどとも親交の深いシンガーです。)

ライブ前には、Chikaさんとご飯を食べながら思い出話をしたり…。
駅前の中華そば屋さんに連れていってもらい、昔ながらの味で
昭和にタイムスリップした気分になったりしました。




会場となったところは、
お昼は美容室、夜はジャズも聴けるショットバーという異色のお店。
日本全国いろいろな場所へいきましたが、この取り合せは聞いたことがありません。

それに、「シャンプー美容室 ほまれ座」という店名でしたので、
シャンプー専門の美容室なのかなと言ったら、Chikaさんに笑われました。

中へ入ると、KAWAIのグランドピアノと真面目そうなご主人が
出迎えてくださいました。
音を確かめるようにリハーサルを始めるとご主人の眼がぱっと変わり、
「生の方が全然いいね」と言ってくださいました。


それからご主人の入れてくださった珈琲を手に
カウンターでいろいろお話しを聞いていると、
夜な夜なジャズライブが行なわれているけれども、
マスターはジャズや音楽のことはまったくわからないのだそう。
そして実は甲子園常連校「岩国高校」の野球部OBであり
マスターも甲子園出場者という、すごい経歴をお持ちだったのです。

甲子園の砂を見せていただいたり、岩国や山陰のジャズスポットがわかる本
(「ほまれ座」も載っている)を読ませていただいていると
息子さんが学校から帰ってきました。

実はこの10歳の息子さんも野球をしていて、
「未来のヒーローになる!」と堂々宣言していました。
わたしを見ると、入り口に貼ってあるチラシの写真と何度も見比べて、
(なにを思ったのかは結局わかりませんでしたが)
「あさこ!」とさけびました。


英語の塾があるからと急いで準備をして行ってしまいましたが、
その前にライブの始まりの時間を教えると、
「間に合うかも」と言ってくれました。

IMG_6068
<未来のヒーロー。その後、ライブもみてくれました。>



そして、いよいよ本番です。


オープニングゲストは、Chika&Mongorさん。
Mongorさんは昔、吉祥寺の曼荼羅にもよく出演していたらしく、
ライブ前になつかし話に花が咲きました。
裏でひとり、気持ちよく、唄とピアノを聴かせていただき、
ときに、Chikaさんの想いをはっきりと感じ取れる詞に感動しました。


わたしはひとり、KAWAIのピアノにむかい
岩国でやっと唄えることをしあわせに思いながら、
ここにいる人、大切な人たちにむけて心をこめて唄いました。

「みるいろの星」を描いたのは、ちょうど2年前の先週になります。
そのときは、1年後、2年後のことをイメージして描いていたので
まさに今届けられることに意味を感じました。
DVD『七つ星』の中でも話しているように、唄いつづけることで
ずっと忘れないでいられる。
唄というのはそんな力も持っていますから、これからも
残すべきことを唄に落としてゆこうと思います。


終演後は、夜に向かってどんどん上機嫌になってゆくマスターが
美味しいスパゲッティをふるまってくださり、
岩国のみなさんと楽しく打ち上げをしました。
忘れられぬ夜がまたひとつ、増えました。

IMG_6066
<左上がマスター、中央の帽子の方がMongorさん、わたしの隣がChikaさん>




翌日、"東京へ帰る日"とだけ思っていたら大きな勘違い。
未来へ向けたさまざまな打ち合わせで東京をぐるぐる。
この日は、10月23日はわたしのメジャーデビュー2周年の日でもありましたね。
たくさんのお祝いメッセージを、ありがとうございました。

わたしにとっては、「よろこび」というより、
これまでを厳しく振り返る日であり、これからをどう過ごしてゆくか、考える日となりました。
3年目に入ったわたしも、どうぞよろしくお願いします。

IMG_6071




さて、そんなこんなで夜になってしまい、夜中、山形県へと出発。
調べたら、「鶴岡市」は思ったよりずっと、距離がありました。
前回は、「さくらんぼ東根駅」というなんとも可愛らしい名前の駅のちかくで
インストアライブをしましたが、この鶴岡市にははじめて訪れました。

47都道府県ツアー2周目といっても、
訪れたことのない市や街はたくさんあるのですから、
ちがった場所に来られることがまた、うれしくもあります。



会場のS-MALLというショッピングセンターは、
ちょうど昨日13周年目を迎えたということで、
わたしのデビューと同じ日で、親近感を覚えました。

開店時刻とともに入店しましたが、各店の店員さんが深く深く
頭を下げて出迎えてくださり、やはり何事も礼に始まり礼に終わるのだと
襟を正される気持ちになりました。

11:00〜と13:00〜の2回公演をさせていただき、
それぞれ違ったお客さまが見えましたし、
違うセットリストで、いろいろな唄を届けることができ光栄でした。
(また2回目ではアンコールもいただき、ありがとうございました。)


IMG_6078
<S-MALLの方と一緒に>




その後、すぐに福島へと移動。
一日にふたつの県でライブをすることは時々あるのですが、
今回もすこし、ひやひやものでした。


出演させていただいた「FUKUSHIMA ACOUSTIC SUMMIT2015」(略してアコサミ)は
総勢13組のアーティストが次々と出演するもので、
このようなイベントに出演したのはおそらく初めてだったので、
まるでほとんどライブをしたことがない人のように、スタッフの方や主催の方に
たくさん質問をしてしまいました・・・。

演奏する方とも、何人かお話しし、
(みなさんいろんな場所で活動されていたので)どこかでつながっていることも
知ることができ、よかったです。



後半、出番がまわってきました。
先日、六本木ヒルズアリーナで行なわれた「福島フェス」に出演したこともあり、
福島県へ対する想いがつのっていました。
わたしの中の想いを、短い時間にしっかり込めて唄いました。

IMG_6086
<集合写真を持っていなかったので、終演後C-moonの前で>




さて、一度東京へ戻り、日曜日は、群馬県へ。
朝、スペシャルゲストの高橋久美子さんと待ち合わせをして、車で出発です!


行き先は、群馬県・桐生(きりゅう)市。
父のふるさとであり、わたしも何度も訪れたことがあります。
会場となる「有鄰館」は、去年のライブ初めでお世話になりました。
(FMぐんまの金子さんがおすすめしてくださいました。)
歴史ある建物。昔は塩、醤油、味噌、酒などを貯える"蔵"として
使われていましたが、今では広くイベントスペースとしても活躍しています。
しかし、今でもその趣は健在。
蔵の中に佇むグランドピアノ。すばらしい空間です。

会場につくと、この日をつくる素敵なメンバーが集結していました。
ふだんはそれぞれ、ちがうお仕事をしている方たち。
お手伝いで来て下さっている人もたくさんいました。
みなさん、ありがたいことに、わたしの唄を好きで協力してくださっています。

早々に胸をじんわりさせながら楽屋へゆくと、馴染みある笑顔が。
パノラマツアー初日でお世話になり、パノラマグッズでコーヒーを作って下さっている
茨城県土浦市の「ニコニコ珈琲」の松本さん一家が来てくれていたのです!
わたしはなにも聞いていなかったので、とってもとってもびっくりしました。
奥さんはなんと、桐生出身だったのです。



お父さんが差し入れてくれた志多美屋のソースカツ丼をみんなで食べながら
しあわせなひと時を過ごします。
(※志多美屋のソースカツ丼…桐生のソウルフード。
 桐生に来た時は、わたしも必ず食べています)

そしてリハーサルをし、あっという間に本番。
ニコニコ珈琲さんのパノラマブレンドも、繁盛していたようです。

FullSizeRender
<パノラマブレンドのスリーブの中に当たりが!
当てた人にはサイン入りドリップパックをプレゼントしました。>


オープニングゲストには、詩人で作家の高橋久美子さんが朗読をしてくださいました。
時々ちいさなグロッケンを使っていたのですが、このグロッケンの音が
蔵の中で独特な響き方をしていて、心地よかったです。



そしてわたしの出番。
思い入れが強い分、逆に力を抜くように、楽しく唄うことを意識して
届けました。そうしたら、みなさんにもそれが伝わったのか、
終わったあとのみなさんに優しい笑顔がたくさん見られたのでよかったです。


アンコールでは、以前イベントで披露したことのある
音楽×朗読のセッション「白菜」を再演。
そして、この日のために久美子さんとつくった「連詩」を披露。
「連詩」とは、交換日記のようにして、一連ごとに交互に詩を書くもの。
まずテーマを大きく決めて、第一連を久美子さん、第二連をわたし・・・
という風に書きました。


テーマは「秋」。
タイトルは、直前に「秋の踊り子」と決めました。

連詩のことは知っていたけれど、最初はとてもむずかしそうなイメージ。
でも、やってみると、ぐんぐんのめり込んでしまうほど面白いものでした。
「秋の踊り子」、またお聞かせできる日を楽しみにしています。



IMG_6092
<この日をつくった沢山の方と!>



ちなみにこの日の打ち上げは、スパゲッティしか出さないお店に、
ご無理を言ってスパゲッティ以外のものも出していただきました。
古民家を改装してできていた場所で、有鄰館から、とてもすてきな流れ。
その落ち着いた空間と、テーブルにずらりと並んだお食事、
それを囲むようにみんなが座ったところを見て、
親戚のお正月のような温かさを感じました。


わたしの知らない桐生のいいところや、みなさんの普段のお仕事のことなど、
興味惹かれる話をたくさん聞いて、この週が終わりました。


夜、車を走らせながら『真夜中のsoup』を聴く。
この一週間を締めくくる時間もまた、わたしにとっては大切です。

今回は、ゲストに安宅浩司さんを迎えて。
生演奏、すばらしかったです。

IMG_6095
<収録風景:安宅浩司さんと>


各地、見に来て下さったみなさん、ほんとうにありがとうございました。




それでは、もう終着地目前。
最後まで予測のつかない、あたらしい週のお知らせを
させていただきます。


************************

10月

<30日(土)>
♪14:00〜
鹿児島県・鹿児島市「オプシアミスミ」というショッピングモール
1階中央イベント広場にて、インストアライブをします。

※観覧無料です。
※終演後、サイン会をいたします。
オプシアミスミ


11月
<1日(日)>
♪14:00〜(※当初お知らせしていた時刻から変更がありました。御注意ください!)
沖縄県・宜野湾(ぎのわん)市「コンベンションシティ」ショッピングモール
2階はごろもコートにて、インストアライブをします。

宜野湾コンベンションシティ


♪16:00〜(※当初お知らせしていた時刻から変更がありました。御注意ください!)
沖縄県・宜野湾(ぎのわん)市「経塚シティ」というショッピングモール
1階中央コートにて、インストアライブをします。

経塚シティ

※いずれも、観覧無料です。
※終演後、サイン会をいたします。


★11月3日(火・祝)は
東京港区・赤坂ブリッツにてPanorama Tour ファイナルワンマン!
いよいよです!
あなたのお越しをお待ちしています。
OPEN 17:00 START 18:00
前売り¥4000 ※学生証提示で、当日¥1000キャッシュバック

*一般販売中
SOGO TOKYO オンラインチケット
チケットぴあ Pコード:267-451 店頭[セブン-イレブン / サークルK・サンクス / ぴあのお店]・TEL 0570-02-9999
ローソンチケット Lコード: 78580 店頭[ローソン / ミニストップ]・TEL 0570-084-003 
イープラス 店頭[ Family Mart]
※上記プレイガイドは、購入時にチケット代以外の手数料が別途必要となります。
また購入方法によりその金額も異なります。


************************

IMGP2805



たくさんの応援を胸に、しっかり最後まで走りぬきます。
どうか見守っていて下さい。



         南壽あさ子


 

↑このページのトップへ