月見団子.JPG



街路樹の葉も赤や黄色に染まっているところを
時折見かけては、秋を感じている今日この頃です。
あなたは、いかがお過ごしですか?

わたしはおととい、
メジャーデビューから5周年を迎えました。
たくさんのお祝いメッセージ、
ツイッターやインスタグラム、お手紙、または直接のお言葉など
みなさん、本当にありがとうございます。

5周年.JPG


自分の中ではひとつの節目であり、あくまでも通過点。
こうした節目を迎えることで、これまでの歩みを振り返って
うれしい気持ちになったり、また反省の思いも沸き起こります。

これまでの出会いや経験を大事にしながら、
また前だけを向いて歩んでいきたいと思います。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。





さて、5周年の当日には
渋谷(恵比寿)のTIme Out Cafe & Dinerにて
女性限定のオーディオイベントがありました。

タイトルは、「Sound Of Life」。
テーマは「私の生活と音楽について考える時間。」です。

カフェのおいしいご飯を食べながら、
4人の音楽に携わる女性メンバー、それぞれの好きな音楽や
音楽で生きるということなどをじっくりトークする時間。

司会進行を務めるのは、イベントの主催者であり
OTAIAUDIOという名古屋にあるオーディオショップの管理人・ようすけさん。

そして視聴する機材は
 YAMAHAの高級サウンドシステム。

つまり、最近おこなっている「Music Elements」というオーディオイベントの
女性に特化したバージョン!ということです。

というのも、オーディオ機器・・・と聞くと
女性はどうしても遠ざかってしまいます。

実際に興味を持ってこだわっている人は本当に少ないそうで、
イベントを通して、興味を抱いてもらったり
いろんな聴き方があることや、いい音で聴くという感動体験、
音楽を生活に取り入れる時に、ちょっとしたこだわりで
もっと音がよくなることを感じてもらうことが目的でした。

わたしはこの日が記念の日、ということもあり
視聴音源は"本当に影響を受けたもの"という原点に立ち返って選曲。
ユーミンの「やさしさに包まれたなら」「海を見ていた午後」
キャロル・キングの「You've Got A Friend」を選びました。

この曲が・・・というよりも、
ユーミンならば『MISSLIM』『ひこうき雲』『COBALT HOUR』の
3枚がわたしのベスト。
キャロル・キングは「Tapestry」に影響を受けたので
その中から選ぼう、と考えました。



また、音楽にまつわるおすすめの本としてあげたのは

「ジャケガイノススメ」/ 土橋一夫さん&高瀬康一さん
「とまっていた時計がまたうごきはじめた」/ 細野晴臣さん(聞き手:鈴木惣一朗さん)の二冊。

土橋さんはcocodayo*radioに出演してくださった
ラジオDJ、アート・ディレクター、レーベル代表といったいろんな顔を持つ方。
レコード愛好家でいらっしゃるので、
「ジャケガイノススメ」では
"レコードのジャケット買いは、こんなに面白いよ!"というのを
目で見て感じる雑誌のような1冊で、魅力的なレコードジャケットを
たくさん紹介しています。見た目がおしゃれで、またタイプ別に分類されているので
それもまたポイントです。

「とまっていた・・・」はESTACIONのお相手、鈴木惣一朗さんが聞き手となって、
細野晴臣さんの今感じていることがたくさん書かれた対談形式の一冊。
3年間にわたる雑談ドキュメントなので、震災以降の思いや、
よく訪れるジャズ喫茶、好きな映画など、細野さん好きなら知りたいことが
いろいろ書かれています。

やはりインタビューや取材といった短い時間では
なかなか深くまで語られないところを、
じっくり時間をかけたことによって言葉が引き出されているなあという印象。

短い時間だとどうしても最初から核心に迫ってしまうがゆえに
本人の揺らぎや仔細なところまで表現されないかもしれませんが、
些細なひとことが、本人の本当のルーツだったりするので、
やはりこうした作品は大事だと思います。


イベントは長時間にわたりましたが、
最後にはオーディオミニ講座もあり、
女性たちはメモを取ったりうなずいたりと
熱心に耳を傾けていました。

お越しくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

イベント紹介ページ 






そして翌日(昨日)は
地元・千葉県佐倉市でのライブ。
毎年、十三夜の時期におこなわれている「観月の夕べ」に出演しました。

十五夜と並んで、 とても美しいと言われている十三夜。
どちらか一方だけしか見ないのは、「片月見」などと言われ
嫌われていたのだとか。それくらい昔の人はお月見が好きで、
月にロマンを感じていたのでしょう。


「観月」というのは観る月、と書きますが
文字通り、「月見」の同義語。

この日は午前中雨が降り、どうなることかと思いましたが
その後無事に晴れて、完璧なお月さまがぽっかり顔を出しました。

月1.JPG




会場は国の重要文化財に指定されている「旧堀田邸」。
最後の佐倉藩主・堀田正倫さんが建てた邸宅・庭園で
もともとあった大きさを3分の1くらいにして、今も残されています。


旧堀田邸.JPG


ライブをするのは座敷棟。
お客様を招いたりするのに使われたところでしょうか。

看板.JPG



1回目は夜の6時からスタート。
今回、非常にたくさんのご応募をいただいたため、
抽選で選ばれた方のみのご来場。
市民の方はもちろん、遠方からも多くお越しいただきました。

まずは早速、「わたしのノスタルジア」を演奏。
タイトル通り、郷愁を感じるわたしのふるさとであることと、
メジャーデビュー5周年を記念して。

それから「どんぐりと花の空」「ビートラム」 、
CMソング「積水ハウスの歌」「flora」「forget me not」を披露。

「積水ハウスの歌」の歌唱は、インディーズの頃に起用していただいたこともあって
本当に大切なお仕事。
純粋に「声」で選んでくれたということ、継続して選び続けてくださっていることに
感謝しかありません。この5年を振り返るときに切り離せないものなので、
そんな話も交えながら。

ライブ後には、佐倉市民の方から
「これまで知らなかったけれど、今日でファンになりました」という
声もいただき、とてもうれしく思いました。


2回目は、7時半から。
もうすっかり藍色の空。秋の雲。そして、まんまるのお月さま。


月2.JPG


中学時代の想いをつづった「勿忘草の待つ丘」からスタート。
そして、この日、わたしの祖母の誕生日ということで
祖母からのリクエスト「PASSWORD」を演奏。
そして「積水ハウスの歌」、「わたしのノスタルジア」
"観月の夕べ"なので月のうた「ペーパームーンヘ連れ出して」、
そして最後は「フランネル」。

みなさんとても喜んでくださって、わたしもうれしくなりました。
月と一緒に、素敵な昔の建築物とコラボレーションして
秋の夜を演出できるなんて、本当にいいイベントだと思いました。

時間帯もあり、遠くからの方が特に多かった2回目。
ほぼ100%、みなさん来る時に迷われたと話されていて、恐縮。
おかえりも、真っ暗なので心配になりながら。
みなさん、あれから大丈夫でしたでしょうか。

大変な道のりだったと思いますが、
いろいろいいところもありますので、機会があったらぜひ、
また佐倉市へお越しください!


ライブの様子.JPG




そして、
今週末や11月のイベントもよろしくお願いします。
♪10月27日(土)<昼>岡山・倉敷 アリオ倉敷にてラジオの公開生放送とライブ(2回)
           <夜>岡山・倉敷 RED BOXにてチャリティーライブに出演
♪10月28日(日)  岡山県自然保護センターにてイベントに出演


♪11月 2日(金)大阪・knaveで自主企画「The middle of a trip」を開催 ※SOLD OUT
♪11月 4日(日)宮崎・木田電業にてオーディオのトーク&ライブ
♪11月 7日(水)岐阜・Adapterにてオーディオのトーク&ライブ
♪11月11日(日)京都・SOLE CAFEにてリクエストライブの出張編
♪11月24日(土)東京・豊洲PITにてゲームのイベント出演
♪11月25日(日)愛知・名古屋sunset BLUEにてリクエストライブの出張編


また、本日、REGALのインタビューも公開されました。

ニュースタイル ウィズ リーガル
リーガルブランドサイト



それでは、
各地、みなさんとお会いできるのを楽しみにしております!


月3.JPG




     南壽 あさ子


 


いつも応援してくださっているみなさまへ



本日、わたしはメジャーデビューから
5年という日を迎えました。

トイズファクトリーから「わたしのノスタルジア」で
デビューし、ツアーで各地をめぐり、
さまざまな貴重な経験をさせてもらいながら過ごし、

今お世話になっている
ヤマハミュージックコミュニケーションズで
『forget me not』という作品を出し、1年ちょっと。

まだまだだなあ、と思うことも多々ありますが、
いただいてきたお仕事や、継続しているラジオなどの仕事
そして、唄いつづけていること。とても誇りに思っています。


これからはより、挑戦する心を忘れずに
自然体で唄を紡いでいこうと思います。


本日、イベント出演はありますが
トークのみ、女性のみ・・・ということで
短いですが、この場で伝えさせていただきました。


またさまざまな場面で
みなさんと唄のある時間を共有できること
楽しみにしております。

これからも、よろしくお願いいたします。


majordebut5yearsaniiversary.JPG



   2018. 10. 23
       南壽   あさ子




 

ハイウェイスタンプの旅にて.JPG



三連休もおわり、また普段通りの生活に戻りました。

暦の上では昨日、寒露を迎え
さらに日暮れは早く、夜は長く感じられそうです。

今日は、この1週間の旅のお話をしたいと思います。


その前に、9月30日の京都でのライブについて
台風の影響のため延期になってしまい申し訳ありませんでした。 
振替公演として11月11日のライブが決まりましたが、
残念ながら来られない方も出てしまいました。

つきましてはお席に空きが出ましたので
よかったら京都の方、関西の方、ぜひお越しください。

*******************
京都SOLE CAFE
open 18:00 start 18:30
チケット ¥3,000 (1drink別)です。

受付はお店のメールフォームから
よろしくお願いします。
京都SOLE CAFEメールフォーム 
*******************

 

そうして、この旅は10月に入ってからのスタート。

10月の南壽あさ子通信.JPG
<10月の南壽あさ子通信>




♪10月2日(火)山口県防府市・Opus
「Music Elements ー南壽あさ子トーク&ライブー」



10月2日(火)には
山口県の防府市へ。

防府(ほうふ)市は山口県の中南部にあり瀬戸内海に面した市。
これまで、湯田温泉(地区)や岩国市ではライブをしたことがあるので
これで3回目!

今年たくさん開催している「Music Elements」という
オーディオのトーク&ライブでお邪魔したのですが、
ツアーではなく山口県へ来られることのありがたさ。

特に「みるいろの星」という楽曲は
5年前の10月に描いた曲で、山口県出身でお世話になった音響さんが
亡くなってしまった時に追悼の想いで描いたもの。
呼ばれたのかな、などと思い巡らせました。

(当時のインタビューでは、聴く人に先入観を持ってほしくなかったため
そのようなことは一切お話ししていなかったと思います。
しかし時が経って、また違った聴き方として
このような話をしてもいいかな、という気持ちになってきました。)

会場は、「Cafe 酸素バー Opus」。
"酸素バー"??と思いながら、中へ入ると綺麗なレストラン。
ガラス張りで街行く人が眺められ、奥にはグランドピアノが備えられています。

控え室には、「魔女の宅急便」を連想させるような
不思議な色 のボトルがたくさん。ぶくぶくと小さな音を立てています。

あとからご主人や奥さまに聞くと
こちらはアロマの入った高濃度酸素とのことで、
リハーサル後に吸入・・・させていただきました。
ほのかなアロマの香り、十分ほどしてくると
からっぽの頭にどんどん酸素が運ばれてきて、
だんだんぼーっとしてきました。

眠ってはいけない眠ってはいけないと自分に言い聞かせながら、
30分が終了。

1日、何も考えなくてよい日にくれば
リラックスしてより楽しめると思いますし、
血流の流れもよくなり血液をサラサラにする効果があるそうですので
気になる方はぜひ遊びに行ってみてください(要予約)。

ちなみに宇宙へひとっ飛びできそうな
酸素カプセルも初めてお目にかかりました。
「今度はもっと早く来て体験してね」とご主人。
入ると眠ってしまうこと必至だそうです。



さて、イベントでは防府市のオーディオ・ホームシアター専門店である
「SOUND TEC」の社長、三宅宏明さんと
YAMAHA MUSIC JAPANの稲垣さんとともに3人でトーク。

わたしが視聴に選んだのは
Enyaの「Anywhere Is」と
Jamiroquaiの「Virtual Insanity」。

どちらも聴けばみんなが知っている名曲です。
エンヤさんは、よいスピーカーでコーラスの多重録音を聴いたら
どんな広がりをみせるだろう?という興味から。

ジャミロクワイは、低音が効いた曲なので
きっとかっこいいだろうなあ、という想像から選びました。
どちらも想像していた通り、とても良かったです。

ライブでは、ツアーで訪れた山口を思いながらの「わたしのノスタルジア」や
この地へ捧げる「みるいろの星」など
6曲をうたって終了。

エフエム山口の方も調べてきてくださったり、
数年前にすべての土地をまわりほぼすべてのラジオ局に行ったことなども
無駄なことはひとつもないのだなあ・・・と改めて思いました。

ご無沙汰していたのに覚えていてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。


Opus記念写真.JPG
<記念写真>

Cafe 酸素バー Opus ホームページ





♪10月4日(木)福岡県北九州市小倉・音楽館Twilight
「Music Elements ー南壽あさ子トーク&ライブー」


関門海峡.JPG
<関門海峡!>




雨に濡れた看板.jpg
<雨にぬれた看板>



4日には福岡へ!
北九州市でライブをするのははじめてです。
(ライブ以外では、キャンペーンで
「どんぐりと花の空」発売のタイミングで訪れていたようです)

会場の音楽館Twilightは、
以前からお客さんからも、合うのではと聞いていた
素敵なレストラン。
ジャズやクラシックのライブを定期的に開催しているとあって、
ゆっくりディナーを食べられる席の横には
ステージにグランドピアノ。

このグランドピアノ(YAMAHA)がとても美しい音色を出し、
弾いた瞬間に興奮してしまいました。

低音がしっかりしていても高音はぼんやり・・・という
ピアノはたくさんあるのですが、下から上まで
なめらかに一粒一粒がはっきりと際立って、それでいて
耳に痛くなく、抑揚もつけやすい・・・
わたしにとってベストなピアノで相性抜群でした。

いろいろな場所をめぐりピアノに触れさせてもらっていると
それぞれの個性がわかるようになってきてうれしいです。

1階にはマックスオーディオというオーディオ専門店。
Twilightはマックスオーディオが2階に作った音楽空間なのです。

そこでトークの司会進行役はマックスオーディオの
2代目・大原由奨さん。
ヤマハの稲垣さん、わたしでトーク。

この日のわたしの選曲は、
Chet Baker & Paul Desmondの「Autumn Leaves」と
Coldplayの「Viva La Vida」です。

「Autumn Leaves(枯葉)」はジャズのスタンダードナンバー。
会場のことを調べているときに、きっとこの曲が合うのではないかな?と
考えて、秋ということで選んだ1曲。
チェット・ベイカーのトランペットとポール・デスモンドのサックスが
優しく柔らかく響きました。

そして「Viva La Vida」は聴く度に高揚する大好きな1曲。
特にストリングスの刻みが最高で、レコーディングの際
参考にすることも多かった1曲ということで、選びました。
レコードとハイレゾでの聴き比べもまた、楽し。
同じ曲でも聴くものによって印象が変わるということも
味わえたのではないかと思います。

ライブでは、この会場をみて決めたセットリストで。
ここのピアノで演奏したくなった「On My Way」「例え話」など
計7曲。

この日のトークの様子のほか、終演後に
さらにトークした内容が後日、マックスオーディオ大原さんの
Podcastに公開される予定です。
アップまで、しばらくお待ちください!


Twilight記念写真.JPG
<記念写真>

音楽館Twilightホームページ

マックスオーディオHP

マックスオーディオ大原さんBLOG&Podcast




CXObG3gKPo.JPG
<北九州名物・かしわうどん!美味しかったです>



 

♪10月6日(土)兵庫県神戸市・大丸神戸店 M BASE
「Kiss FM KOBE × 大丸神戸店6F M BASE 「 MUSIC LIVE & TALKS」」

三連休の初日、土曜日には神戸へ!

Kiss FMと大丸神戸店とのコラボレーションで行う
トーク&ライブ。


会場の6F M BASEは「秘密基地」をコンセプトにした
メンズフロアの中央にある約100坪のスペース。

カウンターではマスターがドリンクを作ってくれます。
コーヒーはもちろん、アルコールの入った大人の飲み物も提供。

デパートに、レストラン街ではなくこうした空間があるのは
とても珍しく感じました。

DJは井口絵海さん。
秋らしい装いで、来た人を明るく楽しく盛り上げてくださいました。
トークでは、カードを引きながら、そのテーマに沿ったお話など。
会場には本当にたくさんの人が集まってくださり、
うしろにも観覧の方がたくさんいて、とてもうれしかったです。

井口絵海さんと.JPG
<イベント終了後、井口絵海さんと>


Kiss FM KOBEでは今年1月まで1年間、「cocodayo*radio」の
サウンドクルーを担当していました。
実際、この日のようにキスナーのみなさんと触れあうのは
はじめてだったので、このイベントを通じて
ココダヨラジオをやってきたことをちゃんと実感できました。

ライブでは1年の感謝を込めた「ここだよ」、
まもなく迎える5周年へ向けての「わたしのノスタルジア」など
計6曲を演奏。

ライブの様子.JPG
<ライブの様子>


たまたま通りがかってサイン会まで参加してくれた方も多く・・・
この新たな出会いに感謝です!

この日の模様は11日のKiss FM KOBE
「アットイーズ」で12:00頃に流れるそうですので、
みなさんぜひお聴きください!よろしくお願いします。


ofq5QtxGKi.JPG
<Kiss FM・大丸神戸店のみなさんと>

M BASE ホームページ

@eee-z ブログ


ちなみに・・・
お昼ご飯には栗のおこわが入ったお弁当をいただきました。
秋の味覚を今年はじめて、しっかり堪能しました。

そして夜ご飯にはいつものBO TAMBOURiNE CAFEヘ。
今年1月の鈴木茂さんとのライブぶり。
安定のコブサラダをいただきました。
またいつか、ライブでお邪魔します!

コブサラダ.JPG





♪10月7日(日)大阪府・心斎橋VARON
「MINAMI WHEEL2018 〜20th Anniversary〜」


毎年恒例、ミナミホイール。
そんなミナホは今年20周年!

この連休は台風の影響が心配されましたが、
お天気も味方してくれて、無事に開催。ほんとうによかったです。

3日間で400組ものアーティストが集結する
ショーケースライブ。
わたしは真ん中の日、日曜日の心斎橋VARONで、
トリ前のステージをつとめさせていただきました。

夜の8時からのスタートで、
きっとみなさんも1日歩き続けたり立ち続けて、
疲れも出ているころかなと思ったので
心を休め、整える時間になったらいいなと思いながら
ステージに立ちました。

そしてわたしにとってはなんと7回目のミナミホイール。
旅の集大成。自然と気合がはいり、魂を込めて唄いました。

毎年唄っている「フランネル」に始まり、
大阪に本社がある積水ハウスの「積水ハウスの歌」、
5周年の「わたしのノスタルジア」に、祈りを込めた「flora」や「みるいろの星」、
そしていつもミナホと同じ時期にあった「ビートラム」へ飛んでゆくように。
最後はまた来ます、との思いを込めて「forget me not」で閉じました。

ミナミホイール2018.JPG
<ありがとうございました!>



大阪には11月2日、
自主企画「The middle of a trip」で南堀江knaveへまた来ますので、
そちらもぜひよろしくお願いします。

s6iVowRE3N.JPG
<ツーマンのお相手は、ポセイドン・石川さんです。>


それぞれ、お越しくださったみなさま
ほんとうにありがとうございました!




10月後半は・・・、
♪23日(火)東京・渋谷 オーディオイベント
       19:30~ わたしの出演は21:15~
       チケット¥2,000-(1ドリンク/フード付き)
      ※女性限定 ※トークのみの登場

♪24日(水)千葉・佐倉市旧堀田亭 
       ①18:00~
       ②19:30~
       入館料のみ 大人320円
       ※30分ずつのワンマンライブ ※終演後サイン会あり

♪27日(土)<昼>岡山県・倉敷アリオ倉敷
       ①13:00~13:20
       ②14:00~14:20
       ※サテライトスタジオでのトークとミニライブ ※観覧無料
       ※終演後、物販・サイン会実施

       <夜>岡山県・倉敷RED BOX
       18:00~
       入場無料(ドリンク代は別途いただきます)
       西日本豪雨のチャリティーイベントのため、募金箱を設置します 

♪28日(日)岡山県・和気郡 岡山県自然保護センター
      「佐伯タンチョウフェスタ」出演
       10:00~15:30 ※わたしの出演は13:00~を予定
       入場無料
       ※ 天然記念物タンチョウの飛翔やバルーンショーなど
        楽しめます。 


詳しいことや11月のライブは
わたしのホームページのスケジュール欄を
ぜひご覧ください。(大阪・京都・名古屋・東京あります)


南壽あさ子 ライブページ



それでは、今度はメジャーデビューの日。
そして地元ライブの日。みなさまにお目にかかれるのを
楽しみにしています。


ハイウェイスタンプの旅にて2.JPG


    南壽 あさ子
 

↑このページのトップへ