40県目を超えて、
パノラマツアーもいよいよラストスパートです。

お昼に気持ちのよい陽射しを感じられる場所でも、
夜にはかなり冷え込んだりしています。
あなたは、体調など崩されていませんでしょうか。 




木曜日、わたしは山口県へ飛びました。
山口県へは、湯田温泉のあたりに二度、訪れていましたが
岩国ははじめてでした。

今回どうしても岩国で唄いたかったのは、
お世話になった音響さんがここに住んでいたから。
今はもういないあの人に、会いにきました。

オープニングアクトには、その方の人生のパートナーである
Chikaさんをお迎えしました。
(Chikaさんは、金子マリさんなどとも親交の深いシンガーです。)

ライブ前には、Chikaさんとご飯を食べながら思い出話をしたり…。
駅前の中華そば屋さんに連れていってもらい、昔ながらの味で
昭和にタイムスリップした気分になったりしました。




会場となったところは、
お昼は美容室、夜はジャズも聴けるショットバーという異色のお店。
日本全国いろいろな場所へいきましたが、この取り合せは聞いたことがありません。

それに、「シャンプー美容室 ほまれ座」という店名でしたので、
シャンプー専門の美容室なのかなと言ったら、Chikaさんに笑われました。

中へ入ると、KAWAIのグランドピアノと真面目そうなご主人が
出迎えてくださいました。
音を確かめるようにリハーサルを始めるとご主人の眼がぱっと変わり、
「生の方が全然いいね」と言ってくださいました。


それからご主人の入れてくださった珈琲を手に
カウンターでいろいろお話しを聞いていると、
夜な夜なジャズライブが行なわれているけれども、
マスターはジャズや音楽のことはまったくわからないのだそう。
そして実は甲子園常連校「岩国高校」の野球部OBであり
マスターも甲子園出場者という、すごい経歴をお持ちだったのです。

甲子園の砂を見せていただいたり、岩国や山陰のジャズスポットがわかる本
(「ほまれ座」も載っている)を読ませていただいていると
息子さんが学校から帰ってきました。

実はこの10歳の息子さんも野球をしていて、
「未来のヒーローになる!」と堂々宣言していました。
わたしを見ると、入り口に貼ってあるチラシの写真と何度も見比べて、
(なにを思ったのかは結局わかりませんでしたが)
「あさこ!」とさけびました。


英語の塾があるからと急いで準備をして行ってしまいましたが、
その前にライブの始まりの時間を教えると、
「間に合うかも」と言ってくれました。

IMG_6068
<未来のヒーロー。その後、ライブもみてくれました。>



そして、いよいよ本番です。


オープニングゲストは、Chika&Mongorさん。
Mongorさんは昔、吉祥寺の曼荼羅にもよく出演していたらしく、
ライブ前になつかし話に花が咲きました。
裏でひとり、気持ちよく、唄とピアノを聴かせていただき、
ときに、Chikaさんの想いをはっきりと感じ取れる詞に感動しました。


わたしはひとり、KAWAIのピアノにむかい
岩国でやっと唄えることをしあわせに思いながら、
ここにいる人、大切な人たちにむけて心をこめて唄いました。

「みるいろの星」を描いたのは、ちょうど2年前の先週になります。
そのときは、1年後、2年後のことをイメージして描いていたので
まさに今届けられることに意味を感じました。
DVD『七つ星』の中でも話しているように、唄いつづけることで
ずっと忘れないでいられる。
唄というのはそんな力も持っていますから、これからも
残すべきことを唄に落としてゆこうと思います。


終演後は、夜に向かってどんどん上機嫌になってゆくマスターが
美味しいスパゲッティをふるまってくださり、
岩国のみなさんと楽しく打ち上げをしました。
忘れられぬ夜がまたひとつ、増えました。

IMG_6066
<左上がマスター、中央の帽子の方がMongorさん、わたしの隣がChikaさん>




翌日、"東京へ帰る日"とだけ思っていたら大きな勘違い。
未来へ向けたさまざまな打ち合わせで東京をぐるぐる。
この日は、10月23日はわたしのメジャーデビュー2周年の日でもありましたね。
たくさんのお祝いメッセージを、ありがとうございました。

わたしにとっては、「よろこび」というより、
これまでを厳しく振り返る日であり、これからをどう過ごしてゆくか、考える日となりました。
3年目に入ったわたしも、どうぞよろしくお願いします。

IMG_6071




さて、そんなこんなで夜になってしまい、夜中、山形県へと出発。
調べたら、「鶴岡市」は思ったよりずっと、距離がありました。
前回は、「さくらんぼ東根駅」というなんとも可愛らしい名前の駅のちかくで
インストアライブをしましたが、この鶴岡市にははじめて訪れました。

47都道府県ツアー2周目といっても、
訪れたことのない市や街はたくさんあるのですから、
ちがった場所に来られることがまた、うれしくもあります。



会場のS-MALLというショッピングセンターは、
ちょうど昨日13周年目を迎えたということで、
わたしのデビューと同じ日で、親近感を覚えました。

開店時刻とともに入店しましたが、各店の店員さんが深く深く
頭を下げて出迎えてくださり、やはり何事も礼に始まり礼に終わるのだと
襟を正される気持ちになりました。

11:00〜と13:00〜の2回公演をさせていただき、
それぞれ違ったお客さまが見えましたし、
違うセットリストで、いろいろな唄を届けることができ光栄でした。
(また2回目ではアンコールもいただき、ありがとうございました。)


IMG_6078
<S-MALLの方と一緒に>




その後、すぐに福島へと移動。
一日にふたつの県でライブをすることは時々あるのですが、
今回もすこし、ひやひやものでした。


出演させていただいた「FUKUSHIMA ACOUSTIC SUMMIT2015」(略してアコサミ)は
総勢13組のアーティストが次々と出演するもので、
このようなイベントに出演したのはおそらく初めてだったので、
まるでほとんどライブをしたことがない人のように、スタッフの方や主催の方に
たくさん質問をしてしまいました・・・。

演奏する方とも、何人かお話しし、
(みなさんいろんな場所で活動されていたので)どこかでつながっていることも
知ることができ、よかったです。



後半、出番がまわってきました。
先日、六本木ヒルズアリーナで行なわれた「福島フェス」に出演したこともあり、
福島県へ対する想いがつのっていました。
わたしの中の想いを、短い時間にしっかり込めて唄いました。

IMG_6086
<集合写真を持っていなかったので、終演後C-moonの前で>




さて、一度東京へ戻り、日曜日は、群馬県へ。
朝、スペシャルゲストの高橋久美子さんと待ち合わせをして、車で出発です!


行き先は、群馬県・桐生(きりゅう)市。
父のふるさとであり、わたしも何度も訪れたことがあります。
会場となる「有鄰館」は、去年のライブ初めでお世話になりました。
(FMぐんまの金子さんがおすすめしてくださいました。)
歴史ある建物。昔は塩、醤油、味噌、酒などを貯える"蔵"として
使われていましたが、今では広くイベントスペースとしても活躍しています。
しかし、今でもその趣は健在。
蔵の中に佇むグランドピアノ。すばらしい空間です。

会場につくと、この日をつくる素敵なメンバーが集結していました。
ふだんはそれぞれ、ちがうお仕事をしている方たち。
お手伝いで来て下さっている人もたくさんいました。
みなさん、ありがたいことに、わたしの唄を好きで協力してくださっています。

早々に胸をじんわりさせながら楽屋へゆくと、馴染みある笑顔が。
パノラマツアー初日でお世話になり、パノラマグッズでコーヒーを作って下さっている
茨城県土浦市の「ニコニコ珈琲」の松本さん一家が来てくれていたのです!
わたしはなにも聞いていなかったので、とってもとってもびっくりしました。
奥さんはなんと、桐生出身だったのです。



お父さんが差し入れてくれた志多美屋のソースカツ丼をみんなで食べながら
しあわせなひと時を過ごします。
(※志多美屋のソースカツ丼…桐生のソウルフード。
 桐生に来た時は、わたしも必ず食べています)

そしてリハーサルをし、あっという間に本番。
ニコニコ珈琲さんのパノラマブレンドも、繁盛していたようです。

FullSizeRender
<パノラマブレンドのスリーブの中に当たりが!
当てた人にはサイン入りドリップパックをプレゼントしました。>


オープニングゲストには、詩人で作家の高橋久美子さんが朗読をしてくださいました。
時々ちいさなグロッケンを使っていたのですが、このグロッケンの音が
蔵の中で独特な響き方をしていて、心地よかったです。



そしてわたしの出番。
思い入れが強い分、逆に力を抜くように、楽しく唄うことを意識して
届けました。そうしたら、みなさんにもそれが伝わったのか、
終わったあとのみなさんに優しい笑顔がたくさん見られたのでよかったです。


アンコールでは、以前イベントで披露したことのある
音楽×朗読のセッション「白菜」を再演。
そして、この日のために久美子さんとつくった「連詩」を披露。
「連詩」とは、交換日記のようにして、一連ごとに交互に詩を書くもの。
まずテーマを大きく決めて、第一連を久美子さん、第二連をわたし・・・
という風に書きました。


テーマは「秋」。
タイトルは、直前に「秋の踊り子」と決めました。

連詩のことは知っていたけれど、最初はとてもむずかしそうなイメージ。
でも、やってみると、ぐんぐんのめり込んでしまうほど面白いものでした。
「秋の踊り子」、またお聞かせできる日を楽しみにしています。



IMG_6092
<この日をつくった沢山の方と!>



ちなみにこの日の打ち上げは、スパゲッティしか出さないお店に、
ご無理を言ってスパゲッティ以外のものも出していただきました。
古民家を改装してできていた場所で、有鄰館から、とてもすてきな流れ。
その落ち着いた空間と、テーブルにずらりと並んだお食事、
それを囲むようにみんなが座ったところを見て、
親戚のお正月のような温かさを感じました。


わたしの知らない桐生のいいところや、みなさんの普段のお仕事のことなど、
興味惹かれる話をたくさん聞いて、この週が終わりました。


夜、車を走らせながら『真夜中のsoup』を聴く。
この一週間を締めくくる時間もまた、わたしにとっては大切です。

今回は、ゲストに安宅浩司さんを迎えて。
生演奏、すばらしかったです。

IMG_6095
<収録風景:安宅浩司さんと>


各地、見に来て下さったみなさん、ほんとうにありがとうございました。




それでは、もう終着地目前。
最後まで予測のつかない、あたらしい週のお知らせを
させていただきます。


************************

10月

<30日(土)>
♪14:00〜
鹿児島県・鹿児島市「オプシアミスミ」というショッピングモール
1階中央イベント広場にて、インストアライブをします。

※観覧無料です。
※終演後、サイン会をいたします。
オプシアミスミ


11月
<1日(日)>
♪14:00〜(※当初お知らせしていた時刻から変更がありました。御注意ください!)
沖縄県・宜野湾(ぎのわん)市「コンベンションシティ」ショッピングモール
2階はごろもコートにて、インストアライブをします。

宜野湾コンベンションシティ


♪16:00〜(※当初お知らせしていた時刻から変更がありました。御注意ください!)
沖縄県・宜野湾(ぎのわん)市「経塚シティ」というショッピングモール
1階中央コートにて、インストアライブをします。

経塚シティ

※いずれも、観覧無料です。
※終演後、サイン会をいたします。


★11月3日(火・祝)は
東京港区・赤坂ブリッツにてPanorama Tour ファイナルワンマン!
いよいよです!
あなたのお越しをお待ちしています。
OPEN 17:00 START 18:00
前売り¥4000 ※学生証提示で、当日¥1000キャッシュバック

*一般販売中
SOGO TOKYO オンラインチケット
チケットぴあ Pコード:267-451 店頭[セブン-イレブン / サークルK・サンクス / ぴあのお店]・TEL 0570-02-9999
ローソンチケット Lコード: 78580 店頭[ローソン / ミニストップ]・TEL 0570-084-003 
イープラス 店頭[ Family Mart]
※上記プレイガイドは、購入時にチケット代以外の手数料が別途必要となります。
また購入方法によりその金額も異なります。


************************

IMGP2805



たくさんの応援を胸に、しっかり最後まで走りぬきます。
どうか見守っていて下さい。



         南壽あさ子


 

三連休を終えて・・・


水曜日からは、山陰地方へ!

14日水曜日は、島根県松江市。
米子(鳥取)の空港から松江駅までバスに揺られて・・・
そのとき、鳥取と島根とを結ぶ江島大橋・大根島を通ったのですが、
両脇を海に囲まれ、低い島々がみえて、とても美しい道でした。


会場のAZTiC canovaは
道路を渡ればすぐ宍道湖(しんじこ)を見渡せるところにあります。
ノスタルジアツアーの時には夜、宍道湖を眺めて言いようのないノスタルジーを
感じたものでした。 
パノラマツアーではリハーサル後に急いでゆけば
ちょうど夕陽が海に落ちるところで、その美しさに心奪われたと思ったら
あらあらと瞬く間に消えてしまうのでした。

この日は野上陽平さん、みのりさんと
地元のアーティストさんとの3組でライブをさせていただきました。
3度目の場所。1度目はインディーズの頃バレンタインデーに男性ミュージシャンに混じって
出演させていただき、2度目はロビーで唄いました。
ひとつひとつ記憶に残っている島根。
演奏したのはあっという間に感じましたが、この日のことも宍道湖の夕陽とともに
しっかり焼き付けました。

IMG_6005
<スタッフさん、共演者のみなさんと>





翌日は鳥取県・米子市へ。
昨日降り立ったところなので、「もどる」といった感じです。
"鳥取市"には来たことがありましたが、"米子"ははじめて。
前回も「妖怪」を感じましたが、この日もご多分に漏れず。
きっと、います。

IMG_6003


会場入りまでの時間、気になっていた「皆生(かいけ)温泉」に行きました。
ここは温泉街で、歩くとそこかしこに旅館が並んでいます。
気軽に入れるものや、足湯スペースもあり。
まずは観光センターへゆき情報を仕入れたあと、海岸の方まで歩いてゆくと、
落ち着いた波の音がわたしを迎え入れてくれました。
砂浜には細々と小さな貝殻がすわっていて きれいな貝殻を探すのもまた愉しく。


足湯を楽しんでから贅沢に温泉にも入ってしまいました。
ときに旅中にはこんなことも良いかと・・・。




さて米子の会場AZTiC laughsへ。
昨日の場所と系列店なので、スタッフさんも同じ顔に会うことができ安心します。
山陰は食事をしても鳥取には島根の、島根には鳥取のものがあったり
すべてつながっているなあと感じさせてくれます。

この日もUna+石田要さんと依藤聡さんとともに3組での出演。
山陰の景色を見ていて唄いたくなった曲たちを中心に
パノラマ後半戦、もちろん「Panorama」のうたも沢山、届けました。
また平日にも関わらず各地からお越しいただいたみなさん、
ほんとうにありがとうございました。

IMG_6019
<AZTiC laughs、共演者のみなさんと>





そして土曜日。10月17日にはついにふるさと、千葉県へ!
西白井(にししろい)の「アンの家」というカフェ&ダイニングバー。
いつ決まるだろうとそわそわしていたら、なんとこの日。

実は、この日のMCでもいいましたが、10月17日は
毎年かならずライブをしている日、なのです。
大学時代に仲が良かった、当時一緒にライブをしていたことのある女の子の誕生日で、
大学の頃からこの日はいつもライブをしていた記憶があるので、
もう6、7回?になるのでしょうか。すこし恐ろしいです。

そんなわけでこの日にライブが決まって、
やっぱりそうなる運命なのだ、と思いました。
(今年は週末ということも手伝って…)



"ふるさと"と言っても、わたしはあまり外に出ない性質だったので、
白井市に来るのは実ははじめてでした。
高校時代の恩師が白井にいるので、年賀状に書くとき、いつも白井はどんなところだろう、
とても遠いのだろうかと想像していました。

そうしたら、車でいけば案外近いところ。
そして、「アンの家」は駅のすぐ近く、ロータリーに並んでいて、
西白井に住む人たちにとって、憩いの場であり、気軽に立ち寄れる場所なのでした。

先代のマスターが冒険家だった、というのが選んだ決めて。
その奥さんが「赤毛のアン」が大好きだったことからこの名前がついたそうです。

インドなどを旅したマスターの頃から伝わるスパイシーなカレー、
ライブの途中で良い香りがお店の中に漂いました。
今は義理の娘さんがその味を引き継いでいます。

FullSizeRender


セットリストはパノラマの曲を中心にしながら
ひとつひとつここで生まれ育ったことを噛み締めるように唄いました。
唄っているとやはりここがわたしのルーツであることはまちがいないような
気がしました。空気の味が一緒なのです。

今はほとんどひとりでお店を切り盛りしているという奥さん。
実は台湾人で、台北っこだったのです。
わたしが台湾でデビューしていること、またライブをしに行く予定があることを
話すととても喜んでいました。
そして最後には、「とおい親戚のよう」と言ってくださいました。


今度は積極的に白井へ足を運んで またここに来てみたいと思います。


IMGP2781
<小学2年生のむすめさんが、わたしの似顔絵を書いてくれました。>




IMG_6024
<アンの家のみなさんと 中央が奥さん>


パノラマツアーも40県目まできて、いよいよ、というところ。
物思いに耽りながら・・・バンドマンの街、下北沢へ。

井上仁志さん(THE TON-UP MOTORS)の45箇所に渡るツアー
「井上の叫び」ツアーファイナルのサポートキーボードとして数曲参加しに行きました。

井上さんのツアーもまたとても過酷そうで、
45箇所というわたしとほとんど変わらない数のライブをされてきました。
それにも関わらず、井上さんはいつも元気で、ひとつひとつのライブに
しっかり向き合っている様子がうがかえました。

幌延町と下北沢でのみ結成された「幌延ズ」も、
この日で解散です。
(そもそも、わたしは入っていたのでしょうか?)


作詞・作曲をさせていただいた「ストロベリーフィールド」という楽曲も、
すっかり井上さんの曲になっていて、とてもうれしく思いました。
曲を提供したのは初めてでしたけれど、完全にその人のものになるのは
とてもうれしいものなのだと知りました。

わたしよりひと足はやく旅を終えた・・・と思いきや、
根室での振替公演と、大千秋楽である地元・幌延(ほろのべ)町での公演を
11月7日に控えているので、
「"井上の叫び"tour2015」と「"Panorama" Tour2015」は、
同時にはじまりほぼ同時に終わるのですね。
最後まで、どうか無事に駆け抜けてください。

CRksnuiUsAAklOP
<井上さん、幌延ズ、スタッフさんと>


各地、見に来て下さったみなさん、
どうもありがとうございました。

それでは、今週のお知らせをさせていただきます。

*************************
10月
(19日(月))
(20日(火))
(21日(水))

<22日(木)>
♪山口県・岩国市「ほまれ座」にて弾き唄いワンマンライブ!

OPEN 18:30 START 19:00

※オープニングゲスト Chika&Mongor
お世話になっていたPAの墨川さんの奥様は、実は歌手のChikaさん。
今回ゲストに出演していただくことになりました!

わたしの出番は、19:30以降の予定です。

前売り¥3000 当日¥3500 で、ドリンク付きです。

チケットは南壽あさ子HP予約または店頭(0827-21-5780)にお電話ください。
HP予約 
 
お昼はシャンプー美容室、夜はジャズが聴けるショットバーという気になるお店。
岩国駅西口出口から徒歩3分。場所はこちらからご確認ください。
岩国 ほまれ座


(23日(金))

<24日(土)>
♪お昼は山形県・S-MALLにて2回、インストアライブします。

S-MALL 1階 光の広場にて
S-MALL アクセス
1st 11:00〜/ 2nd 13:00〜 ※観覧無料です。

♪夕方からは福島県へ。
アコサミ 2015 vol.3 FUKUSHIMA ACOUSTIC SUMMITに出演します。
会場:福島県福島市Live Space C-moon
C-moon アクセス
OPEN 15:00 START 15:30
前売り¥2000 当日¥2500

わたしは後半(夜)出演予定です。
チケットは南壽あさ子HP予約でぜひお願いします。
HP予約 

<25日(日)>
♪群馬県・桐生市「有鄰館」にて弾き唄いワンマンライブ!

OPEN 16:00 START 16:30
スペシャルゲスト:高橋久美子さん(詩人・作家)

前売り¥3000 当日¥3500
※学生さんは、学生証の提示で当日500円キャッシュバック

チケットはいずれかでお願いします。
・南壽あさ子HP予約https://ssl.form-mailer.jp/fms/26708fb8384437
・桐生市有鄰館 TEL 0277-46-4144(9:00~21:00無休)

有鄰館


★11月3日(火・祝)は
東京港区・赤坂ブリッツにてPanorama Tour ファイナルワンマン!

あなたのお越しをお待ちしています。
OPEN 17:00 START 18:00
前売り¥4000 ※学生証提示で、当日¥1000キャッシュバック

*一般販売中
2015年8月22日(土)10:00~
SOGO TOKYO オンラインチケット
チケットぴあ Pコード:267-451 店頭[セブン-イレブン / サークルK・サンクス / ぴあのお店]・TEL 0570-02-9999
ローソンチケット Lコード: 78580 店頭[ローソン / ミニストップ]・TEL 0570-084-003 
イープラス 店頭[ Family Mart]
※上記プレイガイドは、購入時にチケット代以外の手数料が別途必要となります。また購入方法によりその金額も異なります。

 
*************************


ブリッツリハーサルで、徐々に11月3日が見えてきました!
あともう少し、まだパノラマを届けていない場所に、
しっかりと唄い届けにゆきたいと思います。

IMGP2776


       南壽あさ子




 


IMGP2737





夜には秋の風が肌寒く感じることがありますが
あなたは、いかがお過ごしですか。

わたしはPanorama Tourを一時おやすみして、
今週末はイベント三昧。

まだゆっくり振り返るという風にはなっていないけれど、
気持ちが鮮明であるうちに日記をかきたいとおもいます。



平日は二日間、ワールド・スタンダードのメンバーとのリハーサルがありました。
二日目の通しリハーサルでは、スタッフさんや音響・楽器の方などが加わって総勢14名!
ふだんひとりぼっちのわたしにはとても珍しい状況ですが、
人に圧倒されることがないのは、みなさんそれぞれ仲が良く、
終始和やかなムードであったからだと思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドラム・ギター 鈴木惣一朗さん
ベース 伊賀航さん
ギター・ペダルスティール 安宅浩司さん
エレクトリック・ピアノ 山本哲也さん
ヴァイオリン 中島久美さん
クラリネット・フルート 武嶋聡さん
コルネット・フリューゲルホルン 三浦千明さん

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

とても素晴らしいプレイヤーでありキャリアもお持ちのみなさん。
わたしが曲の細かいイメージを伝え無理な注文をしても、すぐに応えてくださいます。




ビートラムへは前日入りして、
わたしはひと足お先にトラム(路面電車)へ!
NHKの『ニュース富山人』「トラムなとやまの音楽ライブ」のコーナーで生出演・生演奏しました!
中継先のトラムの中、わたしはピアノの前に座りキャスターの方にインタビューを受け・・・
車掌さんや同乗している実行委員の方、会場で出店するカレー屋さんもコメントし、
ビートラムの魅力を伝えたあとでテーマソング「ビートラム」を演奏する という流れ。

今までも、地方でテレビ生出演は何度か経験させてもらっていましたが、
夕方〜夜のニュース番組内で、中継につないで・・・という形は
普段よくテレビで目にする光景なので、実際に出演する立場になってとても面白かったです。
入念なリハーサル。たった10分のことだけれど、どうしたら視聴者の方に
より明確に伝わるか、楽しい雰囲気を届けられるか、クルーの方たちが
真剣に考えている様子が伝わってきて、感動しました。





そして迎えたビートラム1日目。
朝早くから準備に勤しむスタッフさんたち。

わたしは15時15分〜のメインステージで
ワールド・スタンダードのメンバーと一緒にはじめてステージにたちました。

出演時刻になっても、わたしはまだ、袖に待機していました。
そう、ワールド・スタンダードの音楽に迎え入れられるのです!
舞台監督さんも、「南壽さんの出演時間なのに、南壽さんがまだここにいる!」と
笑っていました。

出演している間はお天気にもめぐまれて
みなさんが心地よさそうに揺れている姿をみてとてもうれしく思いました。

富山の歌「ふるさとの空」やテーマソング「ビートラム」も演奏し、
大好きな富山の空にやさしく奏でられたのではと思います。

11月3日の東京・赤坂ブリッツも(ほぼ)このメンバーでお届けします。
もちろん、ビートラムでは演奏していない曲も披露します。
お楽しみにしていてください!



IMG_2126
<終演後の集合写真
左から:武嶋さん、伊賀さん、安宅さん、南壽、惣一朗さん、山本さん、千明さん、久美さん>
 





そして、17時半からはどきどきのトラムステージ。
抽選で選ばれた34〜5名ほどの方たちと一緒に
路面電車に揺られながらの演奏です。

わたしは今年で3度目。
もう勝手知ったる・・・と思いきや、そんな簡単にはいかないのが、
このトラムステージ。

実は、前回まで20分ほどの環状線だったのが、
今年から"一度富山駅に入り、進行方向を変えてもう一度戻ってくる”
というものに変わったのだそう。
これにより時間が数分のびたり、以前にはなかったような細かい揺れが起こったりと、
今年はさらにスリリング度があがっていて、わたしはまたトラムに完敗するのでした。


でもこのトラムステージでは、ほかにない一体感が生まれ、
電車をおりた人みんなが笑顔になっています。
日常に使っている「電車」という乗り物が「音楽」のステージになる。
電車の中で音楽を聴いている人は多いけれど、みんなで聴くことはない。
乗っているとビートを感じる乗り物だけれど、実際演奏すると、まったく思うようにいかない。
このステージはアーティストの方もみなお気に入りのようで、
わたしの前に演奏していた直枝さんも翌日のTWEEDEESさんも
「楽しかった〜!」とにこにこしていました。

残念ながら抽選にもれてしまった方も、
お見送りしていただいたり、声をかけていただきました。
ありがとうございます。
また来年もぜひ、チャレンジしてくださいね。






さて、11日、日曜日は。
朝、富山からはじめての北陸新幹線にのって、東京へ!
ずいぶんと、近くなったものですね。



東京は、ちょっぴり雨模様。わたしは、六本木ヒルズで開催されている
『福島フェス2015』にお昼、出演させていただきました。
XP1220157
 

震災以降、わたしは音楽活動を通して東北に何度か訪れました。
福島へも、2度行くことがありましたが
その中で感じたのは東北の人たちに生きる力がみなぎっていたこと、
そしてそれを喜びや希望に変えていたことです。

悲しみや苦しみの中で笑うことを見つけた方たちは逞しく強いと思います。
わたしが唄うと、聴く人はなにかを乗り越えてきたような眼差しを持っていました。
わたしはまだその奥底にある深い傷を無理矢理に引っ張り出すのではなく
無意識のうちにやさしく溶かしていくようなことが少しでもできればと思っています。

こうしたフェスが都会で行なわれることによって
福島を元気にしようと集まるだけでなく、東京に住む人たちが福島の魅力を感じられる、
知ることができるのが、いいなと思いました。

XP1220126
XP1220108

<ライブの様子>


わたしはほんのちょっとの間しかいられませんでしたが、
福島フェス、ずっと、つづいていってほしいです。




ライブ後、急いで乗った北陸新幹線。
もう一度、富山へ戻るのです!
ビートラムのクロージングで、「ビートラム」を唄うために。

FullSizeRender 3
FullSizeRender 4
<行きも帰りも、ロック(69)な移動。>

 

夕方富山についてからは、お客さんの気持ちになって
ビートラムを楽しんでいました。
富山のお食事に舌鼓を打ったり、こっそりトラムに乗ったり、
会場の周りを歩いてみたり・・・。

気付いたらすっかり日も暮れて、富山城にはプロジェクションライティングが
なされ、会場の外を走るトラムも、ぴかぴか光り街を彩っていました。

 

そして迎えたクロージング。
自分が演奏するんだ、というより、テーマソングの「ビートラム」に乗せて、
来た人に気持ちよく帰ってもらえたらという思いでした。

スペシャルバンドのメンバーは
ボーカル&ピアノ・南壽あさ子
ベース・ジョンBさん(ウルフルズ)
コーラス・真城めぐみさん(HICKSVILLE)
ドラム・さんちゃん(noid)

ギターは演者さんはいないけれど
今年つくったビートラム仕様のヤイリギターがステージに。

この日はじめて合わせた「ビートラム」の演奏に、
富山のみなさんが楽しそうに身体を揺らしたり、
口ずさんでくれている人がいたり。とてもありがたく思いました。

いつもすてきな機会をいただき、ありがとうございます。
わたしにとっては、夢を叶える場所。
4年目のビートラムも無事におわりました。
ずっと、つづいてゆくように、心から願っています。

IMG_5995
<スペシャルバンドメンバーと!> 





さて、12日月曜日のこと。
三連休の締めくくりは、大阪MINAMI WHEELへ。
これまで、三度「Soap Opera Classics」というバーで唄ってきましたが、
今年ははじめて、南堀江「knave」へ。
といっても、この場所は何度もライブで来たことがあり、
はじめてワンマンライブを経験したのも、実はこの「knave」でした。

3日間の締めくくりの時間で、
knaveは他の会場からすこし離れたところにあるので
ちょっと大変であるはずなのですが、たくさんの方がここまで来てくださいました。
それに感謝をしながら、そして今年のミナホをみなさんが気持ちよく終われるように、
グランドピアノでしっとりと唄わせていただきました。

インディーズの「回遊魚の原風景」「フランネル」から
最新アルバムの「かたむすび」まで。

途中に、大阪に本社があるということで
CM歌唱している「積水ハウスの歌」をうたったら、
なんと社員の方も来て下さっていてあとでびっくりしました。
ほんとうにありがとうございます。


今週末も、各地見に来て下さったみなさん、
どうもありがとうございました。
IMG_5998
<終演後、店長の上原さんと> 





毎年濃い思い出を残すこの週も終わってしまいました。
明日からまた、Panorama Tourです。
それではあたらしい週のお知らせをさせていただきます。

****************
10月
(13日(火))

<14日(水)>
♪島根県・松江AZTiC canovaにて弾き唄いライブ。
 OPEN19:00 START19:30
 前売り¥2000
 ※共演 野上陽平/みのり

 チケットは以下のいずれかでお願いします。
 ・南壽あさ子HP予約:https://ssl.form-mailer.jp/fms/26708fb8384437
 ・店頭予約
 ・ローソンチケット Lコード: 63469
<15日(木)>
♪鳥取県・米子市AZTiC laughsにて弾き唄いライブ。
 OPEN19:00 START19:30
 前売り¥2000
 ※共演 衣藤聡(おときん。) / Una+石田要

 チケットは以下のいずれかでお願いします。
 ・南壽あさ子HP予約:https://ssl.form-mailer.jp/fms/26708fb8384437
 ・店頭予約
 ・ローソンチケット Lコード: 63469

(16日(金))

<17日(土)>
♪千葉県・白井市 西白井「アンの家」にて弾き唄いワンマンライブ!
 ついに生まれた千葉県へ。お昼なのでお間違えのないように気をつけてきて下さい。
 OPEN 13:00 START13:30
 前売り¥3000
 チケット予約は、南壽あさ子HPのみになっています。
 こちらからご予約ください!


♪この日の夜は東京・下北沢Club Queにて
 井上仁志さん(THE TON-UP MOTORS)のツアーファイナルに
 サポートキーボードで数曲出演させていただきます!
 東京の方は、ぜひ。
 OPEN18:30 START19:00
 前売り¥2800 当日¥3000

 下北沢Club Queアクセス 
  

(18日(日))


★11月3日(祝)
 東京・赤坂ブリッツツアーファイナルも
 どうぞよろしくお願いします!
 OPEN 17:00 START18:00
 前売り¥4000
 
 チケットはお手数ですが以下からお願いします。
 ・チケットぴあ Pコード:267-451 店頭[セブン-イレブン / サークルK・サンクス / ぴあのお店]・
         TEL 0570-02-9999
 ・ローソンチケット Lコード: 78580 店頭[ローソン / ミニストップ]・TEL 0570-084-003 
 ・イープラス 店頭[ Family Mart]
 ※上記プレイガイドは、購入時にチケット代以外の手数料が別途必要となります。
  また購入方法によりその金額も異なります。


****************


パノラマツアー、あと10ヶ所!
かみしめながら、たいせつに。


       南壽あさ子








↑このページのトップへ