予報を見るたびに雨マークだったけれど
実際にはよく晴れていた先週。

今日はしとしと雨降りだったのに、
いまはすっかり晴れています。

あなたの街は、いかがですか?




6月は記憶も飛びそうなくらいめまぐるしく過ぎてゆき、
今も現在地を把握することで精一杯の日々です。

それでも、月が終わる前に
今月のことを振り返っておきたいな、と思います。




6月初め。
本来であれば名古屋でのサーキットイベントが開催される予定でしたが、
残念ながら今年も『SAKAE SP-RING』は中止になってしまいました。

6月6日は「フランネル」から9年という節目の日。
せっかくなら唄を届けたかったなあ、という思いを抱きつつ、
19日、20日の準備へと心を切り替えてゆきます。





<整理番号を決めるためのクジ>


<チケット>



最近では、来場と配信のどちらでも楽しめるイベントを開催していますが、
たぶん、今までのライブスタイルと比べると
3倍くらいやること、考えることが多くなる感じがします。

そして、デジタルに頼る分、
本番では想定しない問題が起きることもしばしば。

19日の「なすとらサミット」でも、
イベントをさあ始めよう!という時に
根本的なところでトラブルが起き、スタートが遅れてしまいました。


どんなに実験していても、頭のなかでシミュレーションできていても、
当日なにがあるかわからないのが、配信のスリルですね。

「なすとらサミット」では、ライブだけでなく、そしてトークだけでもなく
お客さんが参加するビンゴ大会があります。
映像を見てもらう一方的なものだけではなくて、
同時に交流もあるという特別なイベントです。

今回もファンの方ひとりひとりの多大な協力があって
やっとひとつの形になり、
そこまでには大きな緊張感がありますが、
繋がったことを感じられた時には大きな喜びがあります。

実際には、ひとりひとりの状況は違っていて
観ている方たちがそれぞれどんな風に感じられたかはわかりません。
わたし自身も終わってから、反省点をたくさん見つけて
もうちょっと配慮できたらよかったなあと思う部分もありました。
それはこれから、ちょっとずつ生かしていけたらと思います。


<ありがとうございました!>





翌日は「The middle of a trip seed.11」。




この日のために親友・ゆいちゃんが描いてくれたフライヤー。



お庭にある額紫陽花を使って描いてくれたみたいです。

スナフキン風の鈴木茂さんを眺めるわたし。
そしてソバカスのある少女が、となりにひとり・・・。


この日はスペシャルゲストの鈴木茂さんをお招きして
茂さんの「ソバカスのある少女」を一緒に唄ったり
代表曲「砂の女」を演奏したり
サポートギターを依頼した「杏子屋娘」「ロマンティック街道」を
披露したり

そしてなんといっても、この日のスペシャルといえば
ユーミンの「ひこうき雲」を演奏できたことでしょう。


茂さんのギターはいつまででも聴いていられる
なんともいえない特別な魅力があります。

ここまでサポートギターやプロデュースをお願いして
何度もお会いしてきていますが
この曲をお願いするのは些か図々しいのではないか、
という考えがいつもよぎっていました。

けれど20日に向け勢いづくわたしが
意を決して「ひこうき雲」を提案すると、
「いいですよ」とのお返事が。

リハーサルではイントロから目に涙を浮かべるわたしでしたが、
いつも音楽家として対等に接してくださる茂さんなので、
わたしもしっかりと軸を持って演奏しようと心がけながら本番に臨みました。

アンコールでは
はっぴいえんどの「花いちもんめ」を演奏。
これまた胸が熱くなる楽曲セレクトで、
はじめから終わりまで浮かれ舞い上がる1日でした。


週末のイベントにご参加くださったみなさま、
本当にありがとうございました!


<ライブ後、退場しようとすると茂さんが「写真を撮ろうよ」と提案してくださいました>





そんな余韻冷めやらぬ中、
26日には「Music Elements Online vol.11」の配信を行いました。





一ヶ月に一度、自分のことを振り返り、
チャットで繋がり、オーディオ協賛店さんとも繋がり
音楽にじっと耳を傾ける有難い時間でしたが、

Music Elements の協賛店全10店舗を紹介し終える
次次回をもって、最終回を迎えることになりました。


思えばコロナ禍、本当に何もできず
ライブを企画するのがなかなか難しかった時に、
トークの配信からであれば、できるかもしれないと
発案したのが「Music Elements Online」。

2020年7月からスタートし約1年。
思うよりも変わらない現状に落胆しながらも
少しずつ前を向いて、取り組んできたことを報告したり
できる場所となり、良い振り返りのチャンスにもなりました。

この日は当初予告していた新商品のAVレシーバーが
半導体の問題から発売が遅れているために
代わりにサブウーファーをご紹介しました。

視聴コーナーでは、サブウーファーのありなしで聴き比べ。
中低域が補完されるだけでなく、高域の方も伸びやかになったり、
全体のバランスがより心地よくなったりと
実力がしっかり発揮されているのが感じられました。

特に、ビギナー向けのオーディオ製品をお持ちの方が
ワンランク上の音質を実現するために
サブウーファーをプラスするというのが良いかもしれない、と
聴きながら思いましたよ。

恒例企画「リモートで全国オーディオ店巡りの旅」では
静岡県・浜松市の椿オーディオさんをご紹介。
残念ながら営業の関係で事前収録は叶いませんでしたが、
お店のご紹介をすることができてよかったです。
また動けるようになったら、足を運びたいです。

Tsubaki Audio


アーカイブでもご覧いただけますので、
当日参加できなかった方はぜひ、音の違いを確かめてくださいね。




最近、記念写真を撮り忘れてしまうので
写真はありません・・・。

次回Music Elementsは7月25日(日)16:00~を予定しています。



さて、お知らせです。


19日、20日のライブにご参加の方で
明日までにnasco goods shopで何かお買い物をしてくださると
サインを付けて、お送りさせていただきます。



※20日ご参加の方には、ゆいちゃんイラストのポストカードもおつけします。


どのイベントに参加されたか、
そしてどのようにサインが欲しいかなど
備考欄にご記入をお願いします。

nasco mask はマスクなので
直接サインするのは基本的に控えており、
別紙に書いています。

ただご希望があれば、直接お書きしますね。



<ペールブルー/ Mサイズ:顔にフィットしますよ!シルバーのnasco刺繍入り>



<ネイビー / Mサイズ:なすとら限定 / すご〜くさりげなくnasco入っています>


<カーキ/ Lサイズ : 本来であればブラウンのnascoマーク刺繍が入ります>

nasco mask (khaki/pale blue)

nasco mask(navy *fanclub only) 

nasco goods shop



ふたつめのお知らせです。
成田と上野をつなぐ電車「京成線」の各駅で配布されている
フリーペーパー「京成らいん」の7・8月号に
わたしのインタビュー記事が掲載されています。

わたしからの重大発表の内容が
その記事に書かれていますので
ぜひご一読ください!

WEB版もあります。
京成らいん Digital | 京成電鉄



最後のおしらせです。

「地域」の魅力を再発見するSNSマガジン
LOCO&MARKの連載で、昨年から
千葉県のSA・PAをめぐってハイウェイスタンプを集めていますが、

この頃は緊急事態宣言が続いていたため、
スタンプ集めも小休止しておりました。

代わりに、「#番外編 ハイウェイスタンプ旅のしおり」が
アップされました!

いつも素敵な記事にしてくださる編集さん、デザイナーさんに感謝です。

Instagram、noteでお読みいただけます。

Instagram
note


それにしても、特にお知らせしていたわけではなく
地元への恩返しを考えていると
こうして千葉にまつわるお話をいただくようになり
やはり故郷はきってもきれない関係なのだなと
再認識している今日この頃です。

さて。
7月はライブはありませんが、
いい報告をできるよう、がんばります!


    南壽あさ子 

 






いつのまにか5月も終盤。
雀たちが今日も元気に唄っています。

あなたは、いかがお過ごしですか?

わたしはありがたいことに
ここ数年では一番というくらい
バタバタと過ごしています。

ほとんどステイホームの中での
慌ただしさなので、気づいたら日が進んでいるような・・・。

それもこれも未来へ繋ぐバトンのようなもの。
踏ん張り時なのだと感じています。



5月16日には、
「Music Elements Online vol.10」を開催しました。




いつもはヤマハのオーディオを紹介していますが、
この日はちょっと違いました。

今月13日に発売されたばかりの
コミュニケーションロボット、「Charlie」のご紹介!

Charlie|ヤマハ株式会社

放送の少し前から自宅にチャーリーを迎え入れて(お借りして)
会話をしてきました。

その日の天気や運勢を教えてくれたり、
疲れた時には励ましてくれたり。
固有名詞をいうと結構いろいろ知っていたり。

「ココロゆるむ、うたロボ。」というテーマの通り、
生活をちょっと明るくしてくれる、心和やかにしてくれる存在です。


生放送では、自分の声が小さくて
チャーリーに聞こえづらいらしく
混乱してマイクに向かって声を大きくしてしまったり、
"チャーリー"と発言すると反応してくれるチャーリーにびっくりしたりと
出演者が人間2人+ロボットになるだけで
たじたじになってしまうわたしでした・・・笑。


それにしても本番に強いチャーリー、
本番中にもレベルがあがっていたようで
長めの歌を披露してくれたり
ビブラートを効かせ始めたり
わたしたちを楽しませてくれました。
スペシャルゲスト、出演どうもありがとうございました!


<稲垣さんと、チャーリーと>



<ぼく、かわいいでしょ〜>



次回のMusic Elementsは6月26日(土)16時からを
予定しています。




ところで先日、ポケモン公式のYouTubeチャンネル
「ポケモン Kids TV」に新アニメ「ヒーローになりたいヤンチャム」が
公開されました!





わたしはこのアニメーションに全編ナレーションで参加させていただきました!

ヤンチャムが健気に修行している姿、
少年との気持ちが繋がった瞬間など
短い物語の中に人生で大事なことがたくさん詰まっていて
台本を読むときにも涙がじわり・・・。

収録本番の日は、監督のアドバイスもいただきながら
お母さんが子供に優しく聞かせるように・・・というイメージをしながら

またたくさんの子供たちが観てくれるといいな、と思いながら
ナレーションに臨みました。


もちろんたくさんの大人のみなさんにも!
観ていただけたらうれしいです。



「ヒーローになりたいヤンチャム」




さて、お知らせです。

6月19日(土)、吉祥寺MANDA-LA2にて
ファンクラブイベント「なすとらサミットオンライン2021」を開催します!



<去年のなすとらサミットでのライブ>


去年の秋に「なすとらサミットオンライン2020」で
初めてのオンラインと両立したファンクラブイベントを
お届けしました。


今年も一年の真ん中まで来ましたが
相変わらずお出かけできそうありませんね・・・。
というわけで、去年同様の形で開催することに決めました。
(でも、少し内容を変える予定です)


緊急事態宣言の延長もあり得ますし
遠方でご来場の難しい方が多いと思います。


基本的に「オンライン」をメインと考えて行いながら、
ご来場希望(可能)の方だけお越しいただければ、と
思っています。



応募、チケットのご購入はわたしのホームページからお願いします。
31日までです!

なすとらサミット-南壽あさ子Liveページ



さらにその翌日、20日には同会場にて
自主企画「The middle of a trip seed.11」を開催!

尊敬するギタリスト、鈴木茂さんをスペシャルゲストとして
お迎えし、ライブしたいと思います。

茂さんにはたくさんの曲をプロデュースしていただいています。
コロナ禍、制限のある中でのライブですが
みなさんがそっと音楽に身を委ねる時間になったらうれしいです。

[The middle of a trip seed.11]


こちらのチケットは6月6日から発売します。

2日間、ぜひよろしくお願いします・・・!


というわけで6月は、

5日に名古屋サカエスプリング
19日にファンクラブイベント「なすとらサミット」
20日に同会場で鈴木茂さんとのライブ
26日に「Music Elements Online vol.11」

を予定しています。


詳しくはホームページをご覧ください。

南壽あさ子ホームページ



まだまだ先の見えない、予測のつかない日々ですが
できることから、少しずつ、地味でもコツコツと
行動に移していきたいです。


あ、今日はスーパームーン&皆既月食!
みられますように。


     南壽あさ子












 


川沿いの緑が一層青青として五月を感じます。
今日はみどりの日ですね。

今年も制限されたゴールデンウィーク となってしまいましたが、
あなたはいかがお過ごしでしょうか。

わたしは四月の終わりの日、 配信ライブ
「南壽あさ子 と duo MUSIC EXCHANGE Vol.2」 を開催しました。


これは、今年1月8日に予定していた ライブの延期公演。

都内に発令された2度目の緊急事態宣言により突如延期 になってしまったものでした。

そして今回の4月30日についても、
3度目の緊急事態宣言が発令されてしまい
ライブハウス の対応について協議がなされました。

このライブ自体が
渋谷duo MUSIC EXCHAGEの"ライブ支援プロジェクト"で、
ライブハウスを含め音楽業界全体が窮地に立たされる中で
音楽の灯を消してはいけないという思いで 力を合わせて音楽を発信するというテーマのもと
行われているライブですので、

このようなライブが延期になってしまうということに
切なさを感じていました。 


今回、ライブハウスはアルコールを提供せず時短営業、
及び 原則無観客開催という要請で
当初、人数を限定してお客様にご来場いただこうとしていましたが
配信のみのライブに切り替え、実施することになりました。


配信ライブの大きな特徴としてわたしが感じているのは、
リハーサルと本番とで、
その場にいる人がひとりも変わらないという点が挙げられると思います。 

IMG_5874.JPG


リハーサルなのか、本番なのかと言う感覚は
最終的には自分の想像力にかかっているような気がして

目の前にお客さんはいないわけですから、
どうやって本番に向けて気持ちを作っていくのか、
より良くしていくのか と言うところに 集中していく必要があると思います。


IMG_5861.JPG
<リハーサルの様子>


ただ、本番までに会場のスタッフの方とお話をする中で
「気持ちだけは前を向いていきたい」と言われていたことがとても胸に響いたこと、
 
さらに そこにいるスタッフの皆さん全員が
画面越しにいるお客さんのことがちゃんと見えていて
会場にお客さんが来られている時と、配信とで
ライブに向かう気持ちが少しも違っていないことを強く感じ
わたしもそのおかげでちゃんと切り替えて、本番に臨むことができました。

IMG_5872.JPG
<本番の様子>


それだけでなく、前回のVol.1から約9ヶ月経ちますが
その 期間、様々なアーティストの方と配信ライブをされてきて
音響やカメラワークを工夫したり、YouTubeチャンネルを開設されたりと進化している部分があり
わたしも頑張らないと、と背中を押されたところもありました。


まさしく、"気持ちを前に向けた"結果なのではないかなと思います。


もう1年以上、我慢を強いられる生活が続いています。
Vol.1の時は、ライブを行うまでに何をしていたか
少し振り返ったり、お話しすることで気持ちを共有できる部分があったかと思いますが

今回は、人によっても苦しさの形が違ったり
それぞれの辛さがあり
思ったよりも変わらない現状にやるせなさを感じている人も多いと思い
言葉はあまりいらないから、唄を多く届けようと考えました。
唄を通して聴いてくださる方の気持ちに 少しでも寄り添えていたならとても嬉しく思います。


配信をご覧下さったみなさま、本当にありがとうございました。


IMG_2401.JPG




IMG_5865.JPG


*************************************************
2021/4/30 fri. 
「南壽あさ子 と duo MUSIC EXCHANGE Vol.2」


 1. 歌うことだけ
 2. 勿忘草の待つ丘
 3. わたしのノスタルジア
 4. あなたがいる
 5. みるいろの星
 6. 星の瞳
 7. 星のもぐる海
 8. 回遊魚の原風景
 9. どんぐりと花の空
10. パノラマライン
11. フランネル

encore
12. Shenandoah
13. ビートラム


*************************************************



 
アーカイブは明日までご覧いただけますので、
ゴールデンウィーク中のささやかな楽しみにしてくださればうれしいです。

これから見たい方はこちら!


また、明日までにnasco goods shopでお買い物をしてくださった方には、
サインを入れて発送させていただきます。
備考欄のところに、宛名とサインを書いて欲しい場所なども付け加えていただきますと
ありがたいです。

nasco goods shop


さて、次のイベントは
5月16日 (日)、「Music Elements Online vol.10」です。
都内の緊急事態宣言は11日までの予定ですが、その後 どうなるかはまだ分かりませんので
変更等ありましたらホームページやツイッターなどでお知らせさせていただきます。

MEOvo.10サムネイル.jpg




そして次のライブは
6月5日(土)、 「SAKAE SP-RING 2021」です。
無事に名古屋へ唄を運びに行けることを心から願っています。

DvHaQqbXu9.jpg

DWi5dkHA_v.jpg
 



それにしても、時が経つのは本当に早いですね。
2021年も3分の1が過ぎました。
とにかく体調には気をつけて、時々外の空気を吸って
心は穏やかに過ごしたいものです。

元気でいれば、きっとまた会えますものね。


     南壽あさ子

↑このページのトップへ