初めて始めたブログも、今回で3回目です。

前回、前々回を読み直してみましたが、全く面白味のないブログでしたね!

自分は国語が苦手という自覚はあったつもりですが、ここまで文を書くのが下手だったのかと自己嫌悪に陥りましたよ。

さて、本題に入りたいと思いますが、今回からは、がらっと書き方を変えました。前までの口調も見ててイライラしたので、丁寧にしました。

面白いブログというものを模索しながら書き進んでいこうと思っています。

では、単位を取るためにやっている講義のまとめを始めようと思います。

講義の題名は
ソーシャルメディアの台頭  
です。

まず最初にこの題名をみて一つ引っかかりますね。 

そう、台頭って何? 

です。

わからなかったのでWikiっときました。


たい とう 【擡頭・台頭】

( 名 ) スル
 頭を持ち上げること。あるものの勢力伸び進出すること。 「新興勢力が-する」
② 上奏文などの中で、高貴の人に関した語を書く時、敬意を示すため行を改め、ほかよりも高く書くこと上げ書き。 → 平出へいしゆつ ・闕字けつじ
(Wikipedia参照)
だそうです。
多分①のほうの意味ですね!

え?一般常識ですか?

作者の知能レベルの低さには、目を瞑っていただけるとありがたいです。

できるだけ難しい言葉を羅列させようとしてるんですけど、所々意味がおかしいかもしれませんがお許しを。

はい、主題に戻ります。

現在国内で利用されている主なソーシャルメディアは73サービスあるそうです。

もらったプリントに書いてあったのですが、既視感のあるやつ8つほどしかありませんでした。

8÷73=0.1095890410958 です。

11%ほどしか認知していないんですよ。私。
悲しいです。
いや、悲しいを通り越して悔しいです。
スマホ中毒を名乗るにはまだ早かったみたいですね。

これらソーシャルメディアは、社会にどんどん進出してきたのです。

2008年に、オバマ大統領がTwitterを使って、選挙に当選しました。

これにより、「社会的な」「公的な」という意味のソーシャルという言葉が使われるようになりました。

また、2010年に鳩山元首相がTwitterを開始したというニュースでTwitterの認知度が上がりました。

10年もたたずに、Twitterはここまで広まったんですね。

やはり大統領や首相の影響力というものは凄まじいですね。

私もインフルエンサーになりたいものです。

努力もせずに願望ばかり言っている人って見ててムカつきますよね。

そうです。私のことです。

はい。
そしてソーシャルメディアは、エジプトの独裁政権を崩壊させるということも成し遂げました。

Facebook、USTREAM(?)、YouTube、そしてTwitterが使われています。

この大規模反政府デモのことを「アラブの春」というそうです。

高校のテストとかに出そうなんで赤色にしときました。

2011.3.11東日本大震災の時に、Twitterの投稿数が急増しました。

通常の1.8倍ほどだったそうですが、サーバーダウンすることはありませんでした。

世界規模で見ると、許容範囲だったそうです。

それほど余裕のある作りをしていたということですね。

私も心に余裕がある人になりたいです。

努力もせずに願望ばかり言っている人って見ててムカつきますよね。ホントに。


これまでは、大企業という強者がマスメディアを使って、我々消費者つまり弱者を言いなりにして商品を買わせていました。

しかし、ソーシャルメディアが進出している今、弱者である消費者が、検索エンジンなどを駆使して、自分の判断基準で商品を買う時代になってきています。

弱者が群れて強者に立ち向かおうとしているのです。

そう、まるでオオスズメバチに対抗するミツバチのように。🐝

企業がリアルの世界に直接売り込んでいたものが、間にSNSが入ることで売り込みが通用しなくなる時代が徐々に迫っています。

部外者の売り込みを通用しなくなるするために、沢山の人とSNSで繋がっておくべきなのです。

海外では、SNSを通じて信頼できる人を増やすことに成功していることが多数あります。

しかし、日本人は、華奢なんです。

人見知りが激しすぎるのです。

日本のSNSは、世界の人々のように自ら情報発信ではなく閲覧・返信で利用されていることが多々なのです。

私もSNSは、見る専です。

日本人は、世界の人々のように個人間の繋がりをつくるためにソーシャルメディアを使っているのではなく、情報収集などを目的としていることが分かったそうです。

個人間の繋がりをつくる努力をしようとしないというふうにも捉えられますね。

よく大学で友達ができないとか言ってる人いるじゃないですか。

そう言っている人の8割ぐらいは、自分から行動してない人だと思っています。

偏見です。

今回の講義を聞いて、願いがあるなら、それ相応の努力をしなければいけないということを改めて実感しましたね(?)。