3学期が始まるにあたって、これまでの留学中の時間を振り返ってみた

これまでのマレーシアでの生活を振り返っても、
"頑張った、頑張ってるね!" 
って心の底から自分には言えなくて、なんだか正体不明の "モヤモヤ" が残ってて、




一度自分を見つめ直してみた




心の何処かに
"留学してれば留学してない人よりかは学習量もあがるでしょ"
なんて甘ったれた考えを持った自分がいる。



だからこのなんとも言えない、"余裕"が心の片隅にある



日本にいる友達に、1人で日本人がいないところに留学してすごい!こんな決断するなんてすごい!
とか言われたりするけど



留学って言葉は、遊びだけの海外生活、中身の詰まった充実した海外生活、どれだってこの一言
"留学" にまとまるのよね

それだったら

同じ留学でも、中身の濃い、自分が自分を心から褒めてあげられるような、そんな留学にしたい


少なくとも目標をいくつか持ってきたんだから
そういう目標に近づける、そんな留学にしたい



と思ってね。


どうすればいいのか少し考えてみた。自分の生活のどの部分を直せばいいのか。






一日って、私の場合、割とSNSばっかりに時間費やしてるのね。



そんなの日本でもできる。




この限られた留学生活を有効にしたいのであれば、そういう無駄な時間を少しでも自分のため、この留学を生かす方向性をもったことができるんじゃないか。


例えば
英語で映画を見る
TOEICの勉強
第3言語の勉強
アルバイトやボランティアへの参加




一人で留学しに来て、家族も友達も恋人も周りにいない世界で、
せっかくできた1人の時間を自分磨きに費やしたら…



いい女になれるんじゃないか。




とかね。          、 、 、思ったりしてね。ハハ





ほんとのことを言うと、これも日本でやろうと思えば全然できるし、
でもこれらがSNSよりもこの時間を有効にするのは確実だ。



だから少し
1人の時間を携帯に費やすんじゃなくて



少しでも自分磨きの時間に費やしていければなあ



なんて思ってる次第です。

U44Ujg0Wfv.jpg
これは友達が最近、ここのクッキーおいしいんだよって紹介してくれたお店のやつ


手作り感満載の海外独特のあっま〜〜い味が
たまらんのだ




さ、自分磨きがんばろ

気骨陵陵に💪






😚😚😚


 



去年の年末日本に一時帰国していた間に感じたことがいくつかありまして


帰国する前に長期間マレーシアに居たわけだから、マレーシアで感じたことと勝手に比較してしまっているんだけど。

その日本で感じたことが圧倒的にマレーシアで感じたことより上に位置するから変だなあと思う。

具体的にいうと、水が綺麗、治安がいい、気候がいい、街が綺麗、居心地の良さ、時間に忠実に動くこと

まあ、自分が日本人であるからこそ感じるんだねって思うけどさ。


あとひとつ、1番これから大切にしたいなって思った気づきは



家族友達恋人含めて、自分の周りの人の大切さ

でね、


ほんの一ヶ月帰ったくらいで、自分のために歓迎してくれたり会いたいって言ってくれる人がいるって、
本当に幸せなことだなあと思った。

あとやっぱり何気無くその人達と話してる時に、思いやりとか感じると心が不思議とじわ〜〜っとあったかくなってね

大切にしようって心から思えた



多分なかなか会えなくなったからこそ思うことなんだと思う。



人って十人十色だし、いくら仲良くたってその相手と完璧に性格とか波長が合うわけじゃないから、そりゃもちろん時には友達にだってイライラしたり、合わないなあって感じることもあるけど


そういう時は自分の中の "こうであるべきだ" とかそういう固定観念を捨てて、こういう考えもあるんだな、とか柔軟に考えれば価値観とか考え方も広がるなって考えたら自分にとってもプラスだし、
こうやって自分の世界を広げてくれたり、少しだけでも会いたいとか言ってくれたり、いざという時には助けてくれたり、そういう友達を大切にしたいって思う。

これってマレーシアでできた友達にも言えることだったりして

ずっと一緒にいるからそのありがたみを忘れて嫌なとこばっかり見えてきたりするけど

良いところだって考えてみればたくさんあるよね
なんていう

当たり前で気づかなかったことに気付かされた一時帰国でもあったなあ

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0436.HEIC
濃い1ヶ月だったなああ

楽しかった



↑このページのトップへ