月別アーカイブ / 2019年11月

久しぶりにペロティ好きな猫が来たので、すかさず冷蔵庫に保管しておいたペロティを差し出しました!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0627.JPG
オイ、やっぱこいつかわいいな!



すると最近、うちの周りをはびこっているネコが現れ、、、、、、、、、

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0632.JPG
こいつがペロティちゃんを邪魔してるようです!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0633.JPG
怯えるペロティちゃん、
オイ、仲良くしろよとボス猫にもペロティをあげようとしますが、シャー‼️と拒否られてしまいます


なかなかな人間嫌いなボス猫です


負けずに家に来てね、ペロティちゃん


冷蔵庫にはペロティ保管してるからねー^_^

最近めっきり寒くなってきましたね

自転車購入してから、ハンドルバーテープを交換してません

ブラックなので汚れは目立ちませんが、おそらくメッチャ汚れているはず!

寒くてあまり乗ってませんが、バーテープ交換することに

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0607.JPG
びろーんとバーテープ外していきます

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0609.JPG

そして巻きます!

またブラックにしました

ホワイトもよかったんですが、やっぱ汚れが目立つと交換したくなってしまうのでブラックにしときました

ハンドルの末端からマキマキするわけですが、最後バーテープをとめるシールテープが付属しています
しかしこれでとめると剥がれたりします

そこで!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0608.JPG
ビージーバンテージ‼️

これはオススメです‼️

絶対剥がれません!
剥がす時はカットするしかありません!
一旦くっつけたら、絶対剥がれません!


一旦くっついたら、絶対剥がれない!
いい響きです!


Bバカやろーなくらい、Gガンバル、バンテージです😤

先日チェーン交換した後にリアディレイラーを調整してたら、ワイヤーの末端をとめるキャップがポロリと取れてしまい、、、

ワイヤーの末端がバッサバサになっていたのでワイヤーをカットしたら、末端が短くなってしまい、リアシフトワイヤーを交換することに、、、

このバイクはワイヤーがフレームの中を通過してる、、、

こ、これは、、、、、、、、、
どうやって通すんだよ!?

ググってみたら、磁石を使って通すとかありますね

でも、そんな強力な磁石は持ってませんし、これでいきましょう☝️

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0595.JPG
ホッソイゴムホース‼️

まずバイクを逆さまにして、ワイヤーが出ている箇所をカットします

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0597.JPG
そしてワイヤーにゴムホースを通してスルスルっと送っていきます
この時絶対に両側から出ているワイヤーを離してはいけません!

もし離そうものならワイヤーが真っ逆さまにフレームの中に落ちてしまい、この方法では交換は二度と不可能になってしまいます😣

やっとゲットした女性を離さないかのようにしっかりとワイヤーをホールドしながら、慎重に、、、、、、、、やさしく、、、、、、、、





なんかこのフレーズ前も使ったな(^^)

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0601.JPG
こんなホッソイ穴🕳!
もう少しメンテし易くしてくれい!

そして新品のワイヤーをば

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0602.JPG
シフトレバーから通していきます

初めての交換作業だったので、なかなか時間がかかってしまいましたー
本来であれば、フロントも一緒に交換すれば作業し易かったかもしれません

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0606.JPG
ブルーのキャップを締め込んで完了です

自分でやるにはなかなか大変な作業でしたが、次やる時は半分の時間で出来るはず!

そう、わたしは学習しました



大変でしたが、自分のバイクのことを解ることは、ライティング中トラブった時に対処できることになるし、大事なことだとわたしは思います!

決してセコくて自転車屋さんに頼まないわけではありません、、、けっして!^_^

↑このページのトップへ