月別アーカイブ / 2016年12月

会社の人たちと電車に乗ってピザを食べに行った。

若者がいる店に行こうってことで、表参道のピザスライス。

たしかに若い。

HSHafNWK5P.jpg

お客さんは高校生くらいの子が多かったかも。みんなiPhoneを使っていた。

ここのピザは安くて美味しい。

5MPyINxL6v.jpg

馬鹿でかいスライスを2枚とドリンクで1000円。

1枚だと600円くらい。パリパリの薄い生地なので2枚くらいperoliといけるよ。

焼き立てがどんどん出てくるのも嬉しい。

各席にコンセントがあったし、ここで仕事をしていくのもいいなあと思った。

また行きたい。

ここは架空都市ネオトーキョー。東急東横線の学芸大学駅にまだ東京学芸大学が存在している世界線だ。
AM1時32分に駅に降り立つと、駅前の商店街を闊歩しているのは藝大生。パシャパシャと写真を撮りながら、祐天寺まで2時間ほど歩く。電車がないからだ。
TsxXOGspzc.jpg
pW0PJPHVkp.jpg
AM3時すぎに祐天寺到着。2時間はかかった。あたりは真っ暗だが見回すと、そこかしこにお洒落さんが歩いている。目を皿のように観察し、さらに代官山まで歩く。始発まではまだ時間がある。
mU0C1BapdL.jpg
そんな記事がMERYにアップされていたので、僕は好んで読み、友人にも紹介した。しかしSEOライティングのノウハウがつぎ込まれた極上のSF大作は、徐々に現実主義的な凡作に変容していった。作者には明らかに混乱が見える。


いったい何が起きたのだろうか。現在、記事は非公開となっている。元記事が読みたいという人に、MERYの記事を蘇らせる方法を教えよう。

1. まずは適当な記事タイトル「寝て終わるのは何だか勿体無いかも…1日暇な日にしたい、ぶらり東横線沿い散歩」などでGoogle検索。
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0401.PNG

2. 次に、結果画面に小さく表示されている「キャッシュ」というテキストをクリックする。
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0399.JPG

3. すると、神(というかGoogleのキャッシュ)はあなたのまえに姿をあらわすだろう。
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0400.PNG


エピソード6「このキャッシュを見ながら学芸大学駅を歩く」に続く

「芸術の街、学芸大学駅に芸大生を観察にいく」という謎のお出かけプランを提示することで、「どう考えてもこいつ学芸大学駅に行ったことないだろwww」というツッコミ待ち見え見えなMERYのキュレーション記事について、これまで3回に渡って記事を書いてきました。

時系列で追った過去記事はこちらです。

【エピソード1】MERYの学芸大学駅のお出かけ記事が最高すぎて今すぐ出かけるレベル

【エピソード2】MERYの学芸大学駅お出かけレポートが普通のコタツ記事になってもうた

【エピソード3】MERYの学芸大学駅お出かけ記事に関する考察

エピソードが進むたびに、

AM1:32 学芸大学→PM1:32 学芸大学
芸大生を観察→街の人を観察
芸術の町→カット


などなど一箇所ずつ、じわじわと、少しずつ修正が重ねられていき、架空の都市を舞台にしたSF作品っぽかった第一稿から、なぜか学芸大学駅に集合して街の人を観察するというシュールな作品に変容していったのが前回エピソード3までのストーリー。

ではなぜ再び、こうして筆を取ったのかというと、元記事に大事件が起きました。

こういうことです。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0062.PNG


ちょwwwwwww いまさらwww

エピソード5に続く

↑このページのトップへ