私が
名前と顔を出して
病名も伝えて
こうしてブログを始めたり

インスタグラムやフェイスブックでも
自分の姿を出して
日々の様子を発信し始めたのには
理由があります。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【 ガン × デザイン 】 「ガンになっても大丈夫!と言える社会の実現」
を叶えるべく、QOLデザインをテーマに活動中
∞∞∞∞∞∞∞∞∞
5ktpPeNkes.jpg

もともとは
インターネットに情報を載せたり
SNSを利用することに
抵抗がある方でした。


自分が写っている写真を
他の人がアップすることも避けていたほど!
姉にタグ付けされると怒ったりもしていました。笑



それから考えると
だいぶ大胆な変化ですよね!



その大きな理由は

「グレーの世界を発信したかったから」

です。



グレーって何?
って話ですが




私かガンになってから
感じていたことのひとつと関係しています。




それは

目立つ
ガンを取り巻く情報、イメージって


『白』か『黒』の両極端だな
ということ



完治!とか消えた!という言葉と一緒に発信される『白』く描かれる世界


絶望!とか死!という言葉と一緒に発信される『黒』く描かれる世界




その方が
興味、関心を持ってもらいやすいのかもしれない
印象付けることができるのかもしれない



でも
実際は、、、




私がガンになって知ったのは

どちらでもない
『グレー』の世界でした。



(グレーという言葉に対して、もしかしたらあまり良くない印象を持っている方もいるかもしれませんが、私はマイナスのイメージはもっていません





自分のことを考えてもそうですし


見てきたのも
出会ってきたのも
『グレー』な方ばかりです。




そう。

ガンと"一緒"に"生きて"いる人たち
っていっぱいいるんです!




ガンの世界は
私たちは


『白』か『黒』の2色でなんか語れない!




そんな割り切れる世界ではないと思うのです。






そして
もう1つ重要なのは!


伝えたいのは!




その『グレー』は
決して
中途半端とか、濁っている色ではないということ。



『グレー』ってとっても幅広いです。

深いグレー
明るみを帯びたグレー

時にはグラデーションのように変化するグレー


表情豊かで、様々なグレーがあります✨



みんな違うのです。



さらには
キラキラと
輝くグレー✨も沢山あります!




だから
もっと
『グレー』の世界を知ってもらいたい。



そうすると
ガンに対するイメージも変わってくるのではないかな!?
\(^-^)/




写真の
LIVING WITH CANCER
の取り組みは
そんな想いとも通じるコンセプトがあり
参加させていただきました!

(タイトルに合わせて、写真を『グレー』に!そして、私も輝きたい✨という願いを込めて、キラキラさせてみちゃいました。笑)







ですが、これも

少し前の自分からしたら考えられない行動。



今も不安になってしまったり
発信していくことが本当に良いのか、考えてしまうこともあります。



けど
動いたことによって起こった
プラスのできごとを聞くと
本当にうれしいです!
力が湧いてきます!



そして、続けて行こうって思えます。




LIVING WITH CANCERさんの
Facebookページにて
撮影時の様子とインタビューを
素敵にまとめていただいた
映像がアップされています。

MSV_XgetJd.jpg


決して
キレイごとを言って
がんばって笑ってまで
よく見せたい訳ではない。


ありのままで
これからも
『グレー』の世界を発信していけますように✨