なんとなんとなんとーーーーー


ずっとお話を聞きたいと思っていた坂爪さんを大阪にお呼びしてお話会を開催することになりました!!


今まで何度か坂爪さんに連絡をしてみようと思っていましたが、なぜかしていなかったのです。


でも、先日この記事を読んで速攻連絡をしました。
実際問題、最大のタブーとは『家族』である。 - いばや通信
10万円支援者の方に「おはなを届ける」という任務を遂行した。大きな花束をひとにあげる経験は生まれてはじめてのことだったので、果たしてどのような顔をしてお渡しすればいいのだろうかと小一時間程度悩んだ。 支援者の方と、事前にメールでやりとりを交わした時の印象では「言葉遣いも非常に丁寧で落ち着いているし、きっと年齢は40代程度なのかな」なーーーんて勝手にタカを括っていたら、実際に面会させていただいた女性は26歳のうら若き乙女様【都内でOLのお仕事をされていらっしゃるとのこと!】で、驚愕の事実にわたしのアゴはごちゃまぜになった。この若さで、この大胆さとは!素晴らしい!奇跡だ!奇跡を見た!日本の未来は明…
ibaya.hatenablog.com

「クラウドファンディング、支援しようと思っていたのに支援し損ねたー」

でも、直接振り込みができる方がいいからこちらのほうがラッキーだ☆


そう思いましたが、今の私では支援できる金額はわずか


だったら!!


坂爪さんを大阪にお呼びしてお話会を開いて、ドネーションを集めたほうがみんなが楽しいのではないか!?



そう思い長々とメールをして坂爪さんに連絡をしたらすぐに返信があり


「11日なら大阪に行けます!」



うれしいけど、11日って来週じゃん、、、、


私、まだ大阪に来たばかりで人脈もまだまだないし、、、、

それに場所はどこがいいかな、、、



などと30秒くらい考え、速攻


「11日にやりましょう!」


と元気よく返信しました(^ ^)






ところで
「坂爪圭吾って誰?」ってかたは坂爪さんのブログを読み込んでね☆



そして
坂爪さんのクラウドファンディングって?

なにを支援したいの??

ってかたはこちらの記事を読んでね☆
※坂爪さんのプロフィールもこちらに書いてありますので読んでね☆



なぜ私が坂爪さんに惹かれ
支援をしたいのか



野宿以外は似たような生き方をしているということ

そして、私もこのクラウドファンディングのような場所を作りたいと思っていたこと。
(今は少し変わったけど)




ブログを通して、坂爪さんの正直な告白に
多くの方が勇気と力をもらっているのではないでしょうか。



そして、きっとたくさんの人が坂爪さんのような生き方をしてみたいと思いながらも、恐れを抱き、今までのパターンのなかでモヤモヤしながら生きている人も多いのではないかと思います。




ここから私のことをお話ししたいと思います。


もしかして私のことは知らないけど坂爪さんのトークショーに興味を持ってこのブログに訪れてくれるかたもいるかもしれないし、最近私を知ってくれた方もいると思うので。



私は現在46歳


10年前に離婚をしました。
子供なしのバツイチです。

離婚の直接的原因は夫のアルコール依存症とDV


離婚するまでは、問題は夫にあると思っていましたが
離婚前の別居で、夫の問題ではなく自分の問題に徹底的に向き合わされ、私が私ことを傷つけていたことに気づき

「私は自分の人生に責任を持って生きていきたい」

「私が私を大切にして生きていく」


そう思って離婚をしました。



そして、私は人生を変える一冊の本に出会いました。

「ハチドリのひとしずく」



私にできるひとしずくを落としていく

そんな想いで離婚後、千葉の九十九里の海の近くで「はちどり食堂」をオープンしました。


ここで10年、20年やっていくつもりでいましたがオープンして3年が経った頃、お店の前の道路が拡張するということで立ち退きの話しがきました


最初は「そんなの嫌だー」と言っていましたがでももしかしてここでやることは終わったのかもしれない
そう思い、オープンして3年半でお店を閉じ、次なる世界へ飛び出していきました。


それからいろんなことがありました。


仕事をして生活費を稼がなきゃと思うのだけど、心も体も拒否をして動かないのです。

でも焦れば焦るほどうまくいかないので、もうあきらめ自分でなんとかしようとするのをやめるようになってから何かがうまくまわりはじめました。


人に迷惑をかけたくない

いい人と思われていたい


そう思っていた私ですが、それをとことん壊されることばかりがやってきて、それをごまかそう、なんとかしようと思えば思うほど問題が悪化していくのですが、それを良しとしたときに、問題はあるのに現実がいい方へ変わっていくのです。



そして


「人はどうにもならない時がある。そんなときは助けてもらえばいい。そして、助けられるときは助ければいい。」





とことん弱さを知ることで
私は強さを知ることができました。




そして2016年夏
約20年以上暮らした千葉を離れることにしました。

なにかに突き動かされ
なにかに導かれるように
長崎・五島列島へと向かいました。


知っている人がいるわけでもなく
仕事があるわけでもなく
ただ、「五島列島へ向かわなければ」
それだけの理由で、多くの荷物を手放し五島列島へ行きました。



大きな何かに突き動かされて向かった五島列島でやってみたいことがたくさんありました。

でも、私は五島列島で何かをするために向かったのではなく、五島列島で大きな気づきを得るためでした。


五島列島でもみんなに助けてもらわなければ生きていけない生き方をしていて、だからこそ気づいたのは


「すべての人が神様に養われている。だから、恐れることない。自分を生きていけ」




自分を生きること以外、大切なものはない。


それが深く自分の中に落ちました。


それに気づいたら五島での学びは終了。


そしていろいろありながら今年3月大阪にたどり着きました。




私は今、大阪で風俗嬢をやっています。



46歳でデビューです。



ここにたどり着いてくるまでいろいろありましたが、私にとって「家族との関わり」がとても大きかったです。


大阪に来る前に愛知の実家にいました。

そこでいろんなごちゃごちゃがあり、家族に見捨てられるような形で私は大阪にやってきました。


ただ、見捨ててくれたからこそ
私は本当の自分を生きるために風俗嬢になることができました。



小さい時から私をわかってほしくて
私をまるごと受け止めて欲しくて
ずっと必死でした。


私は家族にまるごと認めてもらうためにいつも戦ってきました。


でも、それを手放したとき
風俗嬢になることができました。


風俗嬢になろうと思ったとき、一番引っかかったのは家族でした。


「娘が風俗嬢になったなんて、両親が悲しむのではないか」


それが最後まで引っかかっていました。


でも、家族に見捨てられ帰る場所を失ったことで、ようやく私は私を生きることができるようになったのです。
(家族に見捨てられたといっても、本当は見捨てられていないのです。見捨てることが私に対しての大きな愛で、お互い今までと関わり方が変わったというだけ)



私が

「家族とはこういうものでなければいけない」

という思い込みを手放したのです。




そうしたら多くの呪縛から解放され
自由になりました。



自由とは

お金がたくさんあることでも

やりたいことができる時間がたくさんあることでもなく


自分が一番大切にしたかったもの

それを手放したとき、自由になるのだと思います。




で、「自由」を生きるとき必ず踏み込むのが「タブー」と言われる世界。



多くの人がこの「タブー」に踏み込むことが怖くて「自由」に生きることを避けているのではないでしょうか?




私の場合、私らしく自由に生きるために

たくさんの借金をしたし

たくさんの人を裏切ってきたし

家族を捨てたし


それらのことにすべて○を出したら


風俗嬢になって
悦びを知って
そしたら、欲しいものがどんどんやってきて



世間的にはタブーと言われることばかりしていますが、今、とても満たされて幸せです。




長くなりましたが、今回のトークショーでは

「タブーを生きて見えた世界」をテーマに


坂爪さんからいろいろお話を聞きながら、私も少しお話ができたらいいなと思っています。



今回のトークショーの目的は

「ごちゃまぜの家を作りたい坂爪さんを応援する」


ということで、トークショーの参加費をドネーション(自由料金)にして、集まったお金を全額坂爪さんにお渡ししたいと思っています。



クラウドファンディングで支援し損ねたー  とか

直接坂爪さんにお渡ししたいかた とか


話を聞いておもしろかった  とか


「ごちゃまぜの家、いいね!!」  とか


ぜひたくさんの人に来ていただいて
たくさんの支援金をお渡ししたいと思っています。



関西近郊の方たちだけでなく
日本全国から集まってもらえたらうれしいなと思っています(o^^o)




トークショー開催まであとわずかですので、ぜひシェアもしていただけるとうれしいです!!



どうぞよろしくお願いいたします。




【坂爪圭吾トークショー「タブーを生きて見えた世界」 @大阪】

日時    5月11日(木)
           13時〜16時
           (会場は12時30分から)
           
場所   カフェスロー 大阪(十三)

参加費   ドネーション(自由料金)
              別途ワンドリンク(500円)のご注文をお願いします。


定員     30人くらい


<参加申し込み&お問い合わせ>
椿ナオミ
naominoheya.431@gmail.com
090-4663-0469

お申し込みはメールにてお願いします。

件名に「5月11日坂爪圭吾トークショー」と書いてもらって

お名前
携帯番号
メールアドレス
住まい

など書いてお申し込みください。



FBをやられているかたは、こちらのイベントページにも参加 または 興味あり のボタンを押してシェアしてね!





ごちゃまぜの家をみんなで楽しもう!
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3221.PNG