以前お仕事でご一緒させていただいたことのある
岡元雄作監督の新作映画
きみは何もわるくないよ
を観に行ってきました

とっても良い、いろいろ考えさせられる映画でした

上手に感想が書けませんが、みなさんにオススメできる映画です


監督からのメッセージ
5日〜17日まで新作の長編映画が公開されることになったのでお知らせさせてください。
社会問題になっている強姦について扱った話ですが、それにより狂わされていく親子の愛を描いた感動作です。
上映後には舞台挨拶や「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督などのスペシャルゲストトークもあります!


----
映画「きみはなにも悪くないよ」初公開6日間限定イベント上映

【上映日】2017年11月5日(日) 、7日(火) 9日(木)、11日(土)、15日(水)、17日(金)
岡元雄作監督特別上映作品 11/13(月)
【時間】各回 21:00〜(作品尺82分)
【上映劇場】新宿K's cinema
JR新宿駅東南口より徒歩3分
アクセス | ケイズシネマ
3路線からのアクセスで徒歩2〜5分。JR新宿駅、東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営新宿線の新宿三丁目駅からのアクセスをご確認いただけます。
www.ks-cinema.com
【料金】一般¥1,500 前売・学生¥1,300 シニア¥1,000 リピーター割¥1,000円


<上映後トークイベント>
11/5(日) 工藤綾乃さん他キャスト舞台挨拶
11/7(火) 長澤雅彦監督(「夜のピクニック」等)
11/9(木) 中野量太監督(「湯を沸かすほどの熱い愛」)
11/11(土)平林勇監督(「663114」等)
11/15(水)篠原哲雄監督(「月とキャベツ」等)
11/17(金) 工藤綾乃さん他キャスト舞台挨拶


『私の本当の父は、母をレイプした人でした』
夫と子供の3人で幸せに暮らしている久美の元に、ある日警察から電話がある。証拠確認と言われ見せられたのは、意識なく施術台に寝ている自分がレイプされている映像。忘れようとする久美だったが、恐ろしい事に愛する子供の千咲がその時レイプされて出来たと知ってしまう。20歳になった千咲は感情に乏しく、誰にでも身体を許す大人になっていた。しかし、千咲にはある計画があった……。
きみはなにも悪くないよ | CINEMA PROJECT
enbuzemi.co.jp


◼️11/13(月)岡元雄作監督特別上映作品
1日限定の岡元監督短編特集が11月13日(月)に同じくK'sシネマで21:00~上映されます。
上映後には「ともだちいらない」のキャスト舞台挨拶があります。
ラインナップは、岡本夏美・上島竜兵等出演の「HANA」(主題歌カリスマドットコム)、「揺れるスカート」、こちらも初公開のワークショップ映画「ともだちいらない」、升毅・朝加真由美主演の「不旋律のソナタ」。様々な映画祭で受賞している作品です。
リピーター割もあり、「きみはなにも悪くないよ」の半券提示で1,000円になります。ぜひ合わせてご来場下さい。


ハッピーハッピー