今日知ったとても衝撃的なニュース。

この1年ちょっとで
何度も何度も心が悲しんだ

また1つ
多くのミュージシャンの思い出の場所である
LIVE会場の閉館

その度につい重いため息が漏れてしまう

もちろん、閉館の理由は1つとは言えなくて
運営側の様々な葛藤と愛のある判断であって
それを受け止める気持ちでいる。

でもやっぱり
とてつもない思いはそこにある。


ナノ自身、

8年前

デビューして間も無い1人のミュージシャンが

死ぬほど緊張と恐怖と期待と喜びで

初めて「ナノ」としてステージに立った。

2000人の前で、

初めて歌声を生で届けた。

記憶が飛ぶほど魂が揺さぶられたあの景色。


それが今のNANOの出発地点。

初めては一生に1回しか無い。

終わりも一生に1回しか無い。


その間に与えられた大切な「今」が

その2点を繋いでくれる。


しっかりと繋いでいきます。

最高のスタートをくれて、
ありがとう。

Our future is forever.
Shinkiba Studio Coast.
新木場スタジオコースト














今日はナノチームと定例会💡
今後のプランニングがもりだくさん。

でも、今話し合っているコトも
1ヶ月後、1年後なんて
通用しないかもしれない。

それでも何が待っていても
明日のために、その明日の明日のために、
前進し続けていくことを
心から願っている。

🌎みんなとね!!
NANO 




幼少期、アメリカに住んでいたころは

めちゃくちゃおしゃべりで

人とコミュニケーション取るのが大好きで

それが自分の長所だと思っていた。


日本に来てから、

そんな長所だと思っていた部分が

文化の違いで

考えが通じなかったり

常識が通用しなかったり

言動が誤解されたり

逆に短所に感じることが多くて


勝手に否定されている気持ちになって傷ついたり

それの繰り返しで、いつの間にか

殻に閉じこもって、心閉ざして、

人とぶつからない言葉しか発せなくなって

性格が裏返ったかのように

コミュニケーションがコンプレックスになってた。


でも、最近、

新しい音楽を作ったり

今まで以上に自分のやりたいことにどんどん挑んでいく中で

自然と自分と向き合う機会が増えて


見えなかった答えが見えてきたり

怖いと思っていたコトが怖くなくなったり


ほんの小さい光だけど

ものすごく時間はかかったけど

自分にとってはとてつもない一歩で


進めたことには変わりない。


その思いが、

歌を通して

また誰かの力になったら

嬉しいな。


🌈Rock on.

NANO 



↑このページのトップへ