IMG_9658.jpeg


ナノごとだけど、どうしてもシェアしたくて。


今日、奇跡的に再会できたとある恩人に、

『ANTHESIS』を送った。


アメリカで生まれ育ったことは、

今でも自分の大切な誇れるルーツでもあり、

色褪せない想いで溢れている。


だけど、全てがポジティブな記憶ばかりではないのも現実で、

当時は今よりもっと白人社会で

世界では多人種、多文化な方だったとは言え、

東洋人はまだまだマイノリティだった。


特に学校では、

その差をものすごく感じていた。

小学校高学年に進むにつれ、

周りの子供達は知識も意見も発達し、

「こいつはどこかよそものだ」って思い始める。


親が純日本人な自分は、外見は当然なこと、明らかに生活習慣も、食文化も、違う。

あからさまな暴力的な差別は無かったけど、

言葉や態度の差別は同じくらい心に刺さる。


でも、それでも必死に毎日に食らい付いていた自分がいた。

孤立しないように、自分を笑い物にしてでも、プライドをへし折られても、

みんなと溶け込めるように食らい付いた。


でも、その闘争心のおかげで、

学校生活は乗り越えられたし、

何より辛かった心を癒そうと、勉強や、

外見とはかけ離れた内面の楽しさを必死に追求した。


その一つが本を読むことと、ストーリーを書くことだった。

想像の世界では、自分の思い通りになって、どんな存在でも平等だった。

それが少しづつ現実にも影響して、自分の力ではどうにもならないこともあるけど、

努力次第、どうにでもなることを精一杯やろうと、誰にも負けない想像力と強いメンタルを手にしようと、前を向けた。


そんな 幼い自分を大きく支えてくれた存在がいた。

小学校最後の2年間の担任の先生だった。 


いつも笑顔で、大きな器で、

先生の教える一つ一つのことを心の栄養源とし、誰よりも早く登校して、遅く下校して、学校に行くことを楽しみにしていた自分を見て、

応援してくれていた。

今思い返せば、少しはエコひいきされていたのかもしれない。(笑)


色んな勉強や作文の課題を与えてくれた。

たくさんの素晴らしい本を紹介してくれた。

おかげで学校の図書館を読み尽くした。

先生の勧めで州の作文コンテストに応募してみたら優勝した。


自分にしか無い能力、個性を認めてくる人がいるって知った。

欠如していた自信が少しずつついていった。


小学校を卒業してから、日本とアメリカを行き来している中で、ほとんど幼馴染や知り合いとは疎遠になってしまっていた。

もちろん、先生方ともそれっきり。


でも、自分に多くの武器を与えてくれた小学校の担任にはいつか、必ず感謝を伝えたいと願っていて、この1年間探していた。

もう引退していて、情報はそこで途絶えていた。

でも今年に入ってから偶然SNSで発見して、ダメ元で連絡を取ってみたら、返信が来て、あれほどの時間が経っていて、数えきれない人数の教え子がいる中で、

ナノのことをしっかりと覚えていてくれた。


伝えたいことが尽きないけど、

その全てがこの『ANTHESIS』に詰まっている。

だからどうしても送りたかった。


苦しかったからこそ発見できた喜び。

その苦しみも喜びも今の「ナノ」の種になってくれた。

その種が成長するまで、ものすごく時間がかかったけれど、

諦めさえしなければ、いつかは花が咲く。 


そんな願いを込めて挑んだアルバムでもあった。

これからも変わりゆく世界の中で、

未来を開花させていきたい。


そして、自分が貰ったたくさんの力で、

音楽を通して、今度はたくさんの人の力になりたい。


長くなったけれど、

読んでくれて本当にありがとう。


Rock on.

NANO


It’s gonna get a little long, but I needed to share this with you.


Today, I sent my album “ANTHESIS” to someone I owe so much to - and it was a complete miracle that I was able to find them after so many years.


My roots of being born in America is a precious part of who I am, and my past is full of priceless memories of my life there.


However, of course not all these memories are necessarily positive,

and a lot of that has to do with having been raised in a society where being a certain ethnicity was a minority, even though America is by far one of the most ethnically diverse countries in the world.


School life was the main factor there - as kids grow older, they grow more knowledgable, and they begin to have their own opinions.

They begin to think, “That kid is different therefore an outsider.”


My parents are both purely first-generation Japanese, and so understandably, my appearance and cultural upbringings were different from those around me.

Fortunately, I never experienced much physical bullying, but at times, words and attitude are just as harmful.


But through these hardships, I did my best not to lose to these obstacles.

I made every effort I could to melt it, even if it meant throwing my pride out the window and at times, trying to fill shoes that didn’t fit me.


Thanks to these efforts, I was able to make it through Elementary School in one piece,

and above all, because of these struggles, I was able to find something to fill the voids in my heart elsewhere - beyond the walls of ethnicity and looks.


One of those things was literature - reading books, and writing stories.

In the world of imagination, I could be anything, anyone, and everyone was an equal.

That mindset slowly but surely began to affect my real-life too.

Though there are things that you have no control over, the things that you DO have control over is what matters, and what you should be spending your energy on.

And me, I knew that I had the ability to obtain an imagination and strength of soul to rival anyone, if I set my heart on it.


And that’s where that “someone” comes in.

They were the key person who provided me with the chance that I needed - my homeroom teacher who taught me through my 4th and 5th grade years.


She was the kindest, most open-minded teacher I ever met, and thanks to her, I came to love studying and going to school. 

I would hang on to her every word during classes, and I was always the first to arrive at school, and the last to go home, and she was happy for me.

Perhaps I was more or less a teacher’s pet. 


She gave me the means to strive higher in my studies and introduced me to so many books - it wasn’t long before I had devoured most of the books in the school library.

She pushed my back to enter a state-wide writing contest, which I was able to receive first place.


She helped me to realize that real confidence and strength is born on the inside, and there are people in the world that will look past the surface and acknowledge that.


After my Elementary School years, I’ve been moving back and forth between Japan and America, and unfortunately I’ve lost contact with most of my childhood acquaintances, including teachers.


But I always hoped that one day, I would be able to tell this teacher how much I am grateful for future she gave me.

I had no information on her whereabouts, but miraculously, I was able to discover her through by means of SNS (thank God for this generation) and contacted her.

I couldn’t stop crying out of joy when she replied.

Not only that, she remembered me clearly.


After so many years, there was too much I wanted to tell her,

but I knew that all these words and so much more are filled inside “ANTHESIS”.

Which is why I had to send it to her.


No one deserves to be hurt, but at times, pain can be the doorway to finding happiness.

Like it did for me.

Both my painful and joyful experiences have become the seeds,

which over a long period of time, grew and grew,

until finally, the season to bloom comes along.


I wanted this album to be the “anthesis” for me.

In this forever changing world, I know that the future is full of possibilities.


And like I have received so much strength from the people around me,

I pray that through my music, I will be able to give that strength back, and more.


Thank you for reading this to the end.


Rock on.

NANO



NANO_A写-min.jpg



本日ついに発表できた
待ちに待った
ずっとずっと心が待っていた

Today, I am finally able to announce
what I’ve been dying to tell you
with all my heart and soul

NANOの新しいアルバム
『ANTHESIS』(アンシーシス)です。

My new album
“ANTHESIS”

このアルバムがタイトル通り

自分と、
支えてきてくれたチーム、
共に音楽を作ってきてくれた仲間、
そして応援してくれてきたファンや、
これから出会うリスナーのみんなにとって

新しい未来への開花になってくれることを
心から願っている。

Like the album title
I’m praying that this album
becomes a blooming blossom

for not just me
but for my supportive team
for my fellow friends and musicians
and for the fans who have come with thus far
and the fans who I will come to meet.

リリースまで1ヶ月です。
どうか、みんなに届いてくれますように

一緒にワクワクしながら
カウントダウンしていこうね

是非楽しみにしててね!

Only a month until the release.
I hope it reaches you all

Please look forward to it with me
and share the joy of a new future ahead.

The countdown begins!!

Rock on.
NANO

NANO_A写-min.jpg


<「ANTHESIS」information> 
mini Album「ANTHESIS」  
発売日: 2021年4月14日(水)
販売価格:2,000円 +tax
品番:NANO-0001

特設HP:https://nanospecial.nanonano.me/

ナノ オフィシャルショップの店舗特典決定&最速予約販売開始!
また、ナノオフィシャルショップにてご購入頂いたFC会員の方にはナノ直筆サイン入り特典が決定!

【ナノオフィシャルショップ】
購入特典:特製スリーブケース(数量限定)
FC特典:ナノ直筆サイン入り

★予約販売期間:2021年3月14日(日)12:00~3月31日(水)23:59
★発送時期:2021年4月上旬(発売日お届け予定)

▼「ANTHESIS」最速予約販売はこちらから
https://shop.horipro.jp/nano

※FC会員特典の「ナノ直筆サイン入り」をご希望のFC会員の方は、会員限定の該当商品をご購入いただきますようお願いいたします。

<SNS>
Twitter:https://twitter.com/nanonano_me
HP:https://nanonano.me/
Instagram:https://www.instagram.com/nanonano_me/
♪YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCxlhN8pzd3lxMAOumdMgkoQ
xING:https://www.youtube.com/channel/UCy5sz3PZoYlbyjaCMyXKpQA



昨日は2年ぶりの「ANIMAX MUSIX」に出演させて頂きました!IMG_8431.jpg


久しぶりの大きいイベント、
手ごたえも、気合も、感動も、満足感も

やっぱり規模が違う

過去には年に何回もイベントで海外へ行ったりしてたのに、
ここ一年はLIVE自体ほとんどできなくて

なまっていた感覚がものすごく刺激されて

しょっぱなからコラボ続きで

ぶっちゃけとんでもなく緊張もしてたけど


ただただ楽しかった。

IMG_8391.jpeg

IMG_8390.jpeg

無観客なのに、

無観客だからこそ、

届ける意味があるんだ。


昨日のイベントは、

参加してみて、
出演者やスタッフさんを見ていても、
正直いつもとは違う空気とエネルギーを感じた。


みんなこの一年、
色んな思いを抱えてエンターテイメントを諦めずに来て
そしてあの現場に色んな思いを背負って
挑んでいたんだなと


見てくれる観客のためだけじゃなく
自分のためにも全身全霊で向き合っていた

そんな思いが波のように伝わってきて
胸がいっぱいになったよ。


この純粋な思いが
世界を救えると、
確信した。


unnamed-1.jpg

unnamed.jpg

unnamed-2.jpg

unnamed-3.jpg


本当にありがとう。
Rock on. 

NANO


unnamed-4.jpg



#ANIMAXMUSIX
#FLOW
#バンドリ #Morfonica
#田所あずさ
#鈴木このみ
#ナノ #NANO







 

↑このページのトップへ